「ほっ」と。キャンペーン

ワインとチーズの店 よしだ屋日記


今年も始まります。地酒頒布会です!

                    <堀の井の会、参加者募集中!>
                       まだまだ募集中です。是非ご参加下さいませ!

 曇り空の今日の盛岡。降りそうで降らない、そんなお天気です...
 開店して12年目に入ったよしだ屋、長くなると機械の故障という思いがけない問題も発生するわけで、年末に壊れてしまったチーズ用のオープンショーケースを新調しました。業績も良いので設備投資しましたって言えたら格好いいんですけど、現実は止むを得ずといったところで...笑
 新たな冷蔵庫のリース期間は6年、だからってわけじゃありませんが、頑張らなきゃね!

 さて、毎年ご好評頂いておりますこの企画、今年も申し込みの受付が始まりましたよ!f0055803_1613666.png
 岩手県内の多くの蔵元が協力して企画されていますが、昨年までの「いわて純米大紀行」から今年は「いわて呑み蔵べ」とタイトルが変わったようです。
 ということで、中身のお酒は昨年までの“純米酒・特別純米酒”に“吟醸酒・純米吟醸酒”が加わりました。県内18蔵で特別に造られたそれぞれのお酒を、5月から7月までの3ヶ月間に渡り6種類づつお楽しみ頂けます。
 普通ならこれだけの種類のお酒を比較しながら味わうって中々出来ないことかと思いますが、この企画の良さはそこにあります。毎月、造り手が違う様々なタイプのお酒が300mlのサイズですから、比較しながら楽しむのにもピッタリです。
 広い岩手県、普段はあまり見掛けることのない蔵元のお酒に出会ういい機会にもなりますね!
 来月一杯と受付期間は長く設定されていますが、忘れないようにお早目のお申し込みをどうぞ!笑
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-16 16:36 | 岩手の地酒 | Comments(0)


ドイツ、フランスと来て、今日はスペイン!

                     <堀の井の会、参加者募集中!>
                       まだまだ募集中です。是非ご参加下さいませ!

 今日の盛岡は春を感じるような柔らかな日差しが降り注ぎ、寒さも和らいでいるようです。2月ももう半ばですから、これ以上の積雪も無さそうですね。寒さはまだまだ安心できないかもしれませんが...

 さて、レジ横のスポットコーナーは一気に様変わりしており、先日のドイツ産ピノ・ノワールに始まり、昨日は土着品種をブレンドしたコート・デュ・ローヌのヴァン・ド・ペイ。続いて今日はこちら、スペインです!f0055803_1441257.png
 スペインにも多くの銘醸地がありますが、今回のワインは2001年にD.Oとして確定したモンサンという地区で造られています。小石をを多く含むこの土地で100年以上に渡って運営を続けるビニェス・デン・ガブリエルが手掛けた「レラビ・モンサン」です。
 近年、月の満ち欠けや様々な惑星の動きに従って作業を進めるなどビオディナミを実践し、肥料はオーガニックなものだけ、酵母は葡萄畑に存在する天然酵母のみを使用するなど、全てにおいて自然であることを目指してワイン造りが行われています。
 で、今回のこのワイン。“ガルナッチャ”を中心に“サンソー(カリニャン)”、“シラー”から造られており、果実味に富んだフルーティーな味わい、またハーブのようなスパイシーな印象も感じさせてくれます。造り手は赤ワインなのに白ワインを飲んでいるようなスタイルを目指したと語っている通り、スムースな口当たりです。 
 是非こちらもご賞味下さいね!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-14 15:08 | ワイン | Comments(0)


ドイツに続いてフランスからの新着ワインです!

                     <堀の井の会、参加者募集中!>
                       まだまだ募集中です。是非ご参加下さいませ!

 昨日までの連休も西日本を中心に大変な雪降りになったようですね。今年の盛岡は昨年に続いて雪が少ないのに、どうしたことでしょう?鳥取なんて何倍もの積雪ですよね、きっと...雪国では当たり前のスタットレスタイヤとか向こうの方とか履いてるのかなぁ~雪に慣れていない地域の皆様、十分にお気をつけて。

 さて、レジ横のスポットコーナーには先日のドイツ産ピノ・ノワール以外にも新たなワインが並んでいますよ。f0055803_1412885.png 
 今日ご案内するこちらのワインはフランスのコート・デュ・ローヌ地方で造られています。と言っても、一般的なこの産地のワインとは一味違う味わいかもしれません(笑)
 「ヴァン・ド・ペイ・ド・ヴォークリューズ」というこのワイン、ビュルル家によって造られています。一般にA.Cコート・デュ・ローヌで使われる品種といえば“グルナッシュ”や“シラー”が思い浮かびますが、このワインにはそれらに加えて、ローヌ地方南部の土着品種である“マルセロン”や“カラドック”といった品種を25%づつブレンドして造られているんです。この二つの品種、皆さんはご存知でしたでしょうか?正直私も初めて知る品種でした。それもそのはず、と言うべきか、この二つの品種はA.Cローヌでは認められていない品種なんだそうです。ヴァン・ド・ペイだからこそその使用が可能になったということなんですね。自分たちの土地に誇りを持っているんですね!
 さてその味わいは、紫がかった色合いは若さも感じさせます。また熟した果実のような香りからは華やかさを感じ、滑らかでありながら凝縮された果実味を感じさせます。しっかりとしたタンニン、スパーシーな印象はこれらの品種に由来するものかもしれませんね。
 是非、皆様もお試し下さいませ!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-13 14:28 | ワイン | Comments(0)


ベアレンさんの季節ビールと銀河高原さんの限定ビール!

                <堀の井の会、参加者募集中!>

 今日の盛岡は曇り空が広がるものの、穏やかな空模様。一方で、日本海側を中心に西日本でも大雪の予報が出されていますね。先日も鳥取などで大雪に見舞われていましたが、今年は盛岡よりも西日本の方が積雪が多いんじゃないかって不思議な冬ですね。雪のエリアの皆様、十分お気をつけて。

 さて、今日は一気に2種類の限定ビールが入荷しましたのでご紹介していきましょう。f0055803_157220.png
 まずは西和賀町沢内に工場を構える銀河高原ビールさんから発売されたこちら。
 毎年、季節に合わせて限定ビールを発売していますが、今回はちょっとイレギュラー。岩手県内の皆様にはお馴染みの“わんこ兄弟”をパッケージにあしらった岩手県限定発売商品。その名も「椀子麦酒」です。
 中身は「ケルシュスタイル」。ドイツのケルン地方で飲まれている伝統的なスタイルで、華やかな香りとスッキリとした味わいが特徴のビールです。飲み口がよく、“わんこそば”のように何杯でもおかわり出来ちゃうってことからの“椀子麦酒”のようですが、国体の時期ならもっと良かったんじゃないかなぁ~と思うのは私だけ?笑
 ビール好きな皆様もわんこ兄弟が好きな皆様も是非どうぞ。ちょっとしたお土産にもいいかもしれないですね!

 そしてもう1種類はこちら...f0055803_1526471.png 
 昨年も同じ時期に発売されたベアレンさんの「岩手ゆずヴィット」です。
 ベルギーのホワイトビールにオレンジピールが使われているように、このビールにはゆずの皮が使われているんです。そしてそのゆずが生産されているのは岩手県の中でも温暖と言われる陸前高田市、ゆずの北限に当たる産地です。
 麦芽に加え、発芽する前の小麦を使用し、スッキリとした軽やかな味わいに仕上がっています。アルコールは5%ありますが、苦味も少なくビールが苦手な方にもお勧めです。香料などは一切使用していませんが、後味にふわっと感じる仄かな香り、これがゆずなんですね!一ヶ月ほど販売できる数量はあるようですが、お早めにどうぞ!
f0055803_15505210.jpg

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-09 15:51 | ビール関係 | Comments(0)


限定入荷のドイツ産ピノ・ノワールです!

                      <堀の井の会、参加者募集中!>

 ココ数日は冷え込みも緩み、穏やかな日が続いている盛岡です。最近は夕方の暮れる時間が随分遅くなったなぁ~と感じますが、ゆっくりゆっくり春へと近づいているんでしょうね。まだ油断は出来ないでしょうけど...笑

 さて、今日は入荷したばかりのこちらのワインをご紹介しましょう!f0055803_1451294.png
 レジ横のスポットワインコーナーには珍しいドイツワインの登場です!
 世界的な白ワインの産地として有名なドイツですが、皆さんの中にも『ドイツ=白ワイン=甘口』っていうイメージがあるんじゃないでしょうか?確かに昔のドイツは白ワインが60~70%を占め、高級ワインほど甘口でしたが、最近では白ワインも辛口が増え、白ワイン用の品種から赤ワイン用の品種へと移植も進めているようなんですね。今回入荷した「マックス・マン ピノ・ノワール」もそんな中から生まれたワインです。
 ラベルにもしっかりと“ピノ・ノワール”と表記がされていますが、私が勉強した遥か昔には同じ品種を指す言葉として“シュペート・ブルグンダー”と呼ばれていたドイツですが、世界的なブームの中でどちらの表記でも良くなったようなんですね。伝統的な産地でも見た目の分かり易さを重視しているんでしょうね。
 しかも、このフランスのブルゴーニュ地方に代表される“ピノ・ノワール”、今やドイツがフランス、アメリカに次ぐ世界3位の作付面積を誇っているんだそうです。更にはドイツ国内を見ても、“リースリング”、“ミュラー・トゥルガウ”に次ぐ、3番目に多く栽培されている品種なんだそうです。いつの間にかドイツも変化を遂げていたんですね。

 今回のこのワインは日本初上陸で、盛岡では唯一当店が扱うのみかと思われます。価格もピノ・ノワールとしては比較的リーズナブルな設定になっております。
 華やか香りとライトでフルーティーな味わいのワインです。お料理との相性もバッチリ、是非ご賞味下さい。
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-08 15:25 | ワイン | Comments(0)


2月になると発売されるのが「滓酒」です!

                     <堀の井の会、参加者募集中!>

 比較的穏やかな冬になった今年も早いもので2月になりました。立春も過ぎ、日に日に夕方の暗くなる時間も遅くなっているように実感しますが、春まではまだもう少しありそうですね。

 さて、年末年始のしぼりたても好評発売中ですが、2月なって発売されるのがコチラですね!f0055803_1443664.jpg
 毎年発売を待ちかねていらっしゃる方も多い人気のお酒、「滓酒(おりざけ)」が今年も発売になりました。造っているのは紫波の蔵元「月の輪酒造店」さんです。
 このお酒は900mlと言うチョット大き目の瓶に詰められており、半分以上が濁りの部分。そこがいわゆる“滓”と呼ばれる部分なわけですが、一般に販売されている「にごり酒」とは似て非なるお酒なんです。
 簡単に言えば、計画的に造られる「にごり酒」に対して、偶然の産物とも言える「滓酒」とも言えるでしょうか?
 「月の輪酒造店」さんでは、今でも昔ながらの“槽(ふね)”と呼ばれる搾り機を使いもろみを搾っているんですが、そこでは本醸造や純米酒、吟醸系のお酒など様々なお酒が搾られます。するとどうしても搾りきれない部分が溜まってしまうわけで、それを一まとめにしたのがこの「滓酒」なんです。ですから、毎年の製造計画によって中身の成分も異なりますし、どの程度の量が取れるかも取ってみないと分からないお酒なんですね。
 という、リーズナブルだけど貴重で不思議なお酒です。よしだ屋でも毎年タップリ入荷しますが間もなく完売するほどの人気商品です。是非お早めにお買い求めくださいね!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-06 14:28 | 岩手の地酒 | Comments(0)


チョコスタ・ヴィンテージ、本日発売です!

                <堀の井の会、参加者募集中!>

 あっという間に1月は過ぎ去り2月。そして今日は節分、明日は立春です。暦の上では春の到来ですが、東北地方の寒さはこれからが本番、インフルエンザも猛威を奮っているようですし、皆様体調管理には十分お気をつけてくださいね。なんて言ってる私がココ数日風邪ひきさんです(笑)

 さて、2月に入り今日から発売になったのがコチラ...f0055803_15441325.png
 ベアレンさんの「チョコレート・スタウト ヴィンテージ2017」です。1月に発売になった「チョコレート・スタウト」の濃厚バージョン、アルコール度数は8.5%あります。去年までは9%でしたから、少し優しく仕上げたんでしょうか?
 様々なタイプのビールを造るベアレンさんにあって、唯一長期の熟成に適しているタイプと言っても過言ではないのがこのビールです。欲を言えば、1年くらい熟成させた上で発売してくれるといいんじゃないかなぁ~なんて毎年思っているんですが...笑
 多くの場合、買ってすぐに召し上がると思いますが、このビールに限っては数本買っておいてご自宅で熟成の具合を見ながら比較してみるのも面白いと思いますよ。ラベルにも3年以内にどうぞって書いています。
 こちらの濃厚タイプのヴィンテージは生産本数が極めて少なく、すぐに完売となってしまいそうです。先のチョコレート・スタウトも完売間近です。是非バレンタインデーを待たずお早めにどうぞ!
f0055803_15472778.jpg

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-03 15:47 | ビール関係 | Comments(0)


二日に渡る周年ワイン会も楽しく終了しました!

                     <堀の井の会、参加者募集中!>

 1月もあっという間に今日明日を残すばかりとなりました。月曜日の今日は湿った雪が降る荒れ模様の盛岡です。先週の金曜日も風が強くて荒れていましたが、昨日一昨日は穏やかな空模様。そんなタイミングに合わせたかのように開催されたよしだ屋のワイン会。ホント毎回不思議と天気には恵まれております(笑)
 隔月開催のワイン会も今回が66回目。1月はよしだ屋の誕生月でもあり、普段よりもちょっとだけリッチにってことで今回は「公会堂多賀」さんが会場です。新渡戸稲造博士も訪れたという由緒あるフレンチレストランです。
 初日の土曜日には女性6名を含む16名、2日目の昨日は男女3人づつの6名の皆様にご参加を頂きました。多くはワイン会には度々ご参加下さる皆さんでしたが、中には勤務地のある一関市や釜石市から数年ぶりに参加して下さった女性2人組がいらしたり、昨日は本町振興会の会長でカメラのキクヤを経営されている松本社長様が初めて参加して下さったりと、本当にありがたいことです。
 雰囲気のあるお部屋で緊張の中始まった会ですが、徐々に打ち解け、次第に話しも盛り上がります。特に昨日は少人数でもあり一層の緊張感を感じましたが、松本社長の盛岡の昔話も膨らみ、両日共に楽しい会となりました。昨日は私も着席させてもらいお料理もご一緒させて頂きましたが、さすがに美味しかったですね!今回お出ししたワインも我ながらいいワインばかりで、やっぱり違うなぁ~と皆さん楽しまれていたようですし、私も改めて実感させてもらいました。ただ、6品のお料理が一度に提供されましたので、ペース配分や、料理の移動など、戸惑うことも多かったのではないかと申し訳なくも思っておりますが...
 ご参加下さった皆様、公会堂多賀の皆様、本当にありがとうございました!

 では、会の様子を写真と共に振り返ってみましょう。
f0055803_13451234.jpgf0055803_13452024.jpgf0055803_13461171.jpgf0055803_13462766.jpgf0055803_13463870.jpgf0055803_13465328.jpgf0055803_13471166.jpgf0055803_13472260.jpgf0055803_13473449.jpgf0055803_13474752.jpgf0055803_1348081.jpgf0055803_13481371.jpgf0055803_13494661.jpgf0055803_13495882.jpgf0055803_13501342.jpgf0055803_13502360.jpg 最後にこの日のメニューを...
  *バケットのオープンサンド  *魚のムース・クリームチーズとスモークサーモンのムース・鴨のスモーク
  *国産牛ヒレ肉のステーキ 粒マスタード添え  *若鶏のソテー 香味風味
  *鯛とホタテのムニエル パプリカソース   *天使のえびワイン蒸し アメリケーヌソース&バターライス
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-01-30 14:00 | イベント情報 | Comments(0)


本日66回目のワイン会。1月はスペシャルです!

                   <堀の井の会、参加者募集中!>

 強風が吹き荒れた昨日から一転して、今日は穏やかな空模様になりました。相変わらず雪は少ない盛岡市内ですが、寒いのには違いがなく...早くも春の到来が待ち遠しく感じられますね。

 さて、今日は隔月開催のワインの当日です。通常カジュアルなスタイルで開催していますが、1月の会はチョットだけリッチな会として企画しており、今回の会場は歴史ある「公会堂多賀」さんです。人数は当初の予定を下回ってしまいましたが、今日明日、楽しい会にしていきたいと思っております。
 では一足早く、ワインをご案内しましょう。ワインもこの日のためにお取り寄せした逸品揃いですよ!f0055803_14271443.png
 まずは乾杯、普段は出ないシャンパーニュです。今回用意したのは「ポール・ベルトロー」、1884年創業の家族経営の造り手で、栽培から醸造、販売まで一貫して行っています。
 続く白ワインは品種を変えながら3種類。
 最初はイタリア北部、白ワインが中心のフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州で造られた「アテムス チチニス」を。こちらは“ソーヴィニヨン・ブラン100%”でチチニスと呼ばれる丘にある単一畑から収穫されたブドウを使って造られています。
 続いて、フランスのアルザス地方で造られた「トリンバック ピノ・グリ リゼルヴァ」を。“ピノ・グリ”ってあまり馴染みはないかもしれませんが、アルザス地方に置いて主要品種に位置づけられてるんですよ。
 白ワイン最後はチリ産「エチャベリア シャルドネ・ファミリーレゼルヴァ」をご用意しました。よしだ屋イチオシのチリ産ワインのエチャベリア、その最高ランクの“シャルドネ”ってどんなでしょうね。f0055803_14433478.png
 ココから後半戦の赤ワインが4種類。
 可愛いラベルの一本目はイタリア・ピエモンテ州の「ランゲ・ネッビオーロ ディ・サンフランチェスコ」を。バローロやバルバレスコといった高級ワインと同様、“ネッビオーロ100%”で造られたワインです。
 2本目はスペインの銘醸地、リオハで造られた「クネ グラン・リゼルヴァ」です。樹齢30年以上という古木から収穫された“テンプラニーリョ”や“グラシアーノ”、“マスエロ”といったブドウをブレンドし、樽と瓶で5年間も熟成させた逸品です。
 そしてここでフランスのブルゴーニュ地方で造られる有名ワイン、「J・ドルーアン ジュブレ・シャンベルタン」をお出ししましょう。ご存知“ピノ・ノワール”を原料にしていますが、普段飲んでるピノとは一味違うと思いますよ。
 そして今回のトリに選んだワインはチリ産「エチャベリア カベルネ・ソーヴィニヨン リミテッド・エディション」です。価格的には先のジュブレ・シャンベルタンよりも安価ですが、味わいの濃さから最後にしてみました。

 いかがでしょう、今回のラインナップは...通常店には並んでいないワインたちですから、私自身も楽しみです。ご参加の皆様、一緒に楽しみましょう。宜しくお願い致します!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-01-28 15:02 | イベント情報 | Comments(0)


2月は30回目となる地酒の会です!

 当初不定期開催だった「よしだ屋地酒の会」ですが、現在は2月6月10月と年に3回の定例開催となりました。
 この会は、県内の蔵元1社にテーマを絞り、5種類のお酒を味わって頂いておりますが、その内2種類はお燗にしても味わって頂くため、都合7通りの味わいということになります。一つのお酒の酒量としては決して多くはなく、お猪口や一口グラスで数杯。更にはご一緒される皆さんとのシェアになりますから、少なめで過ごされる方もいらっしゃいます。ですので、日本酒に対して悪酔いしちゃうとか、あまりいいイメージを持たれてない方でも自分のペースで楽しんで頂けると思いますよ。
 当日は蔵元からもご参加下さいますし、貴重なお話も聞くことが出来るかもしれません。お店のお料理を肴に皆さんとの語らいを楽しんで頂けたらと思っております。下記の通り開催いたしますので、奮ってご参加下さい。f0055803_155976.png
 <日時> 2月25日(土)19時~
 <会場> 桜山「めしや」 
          2階テーブル席
 <定員> 限定20名様
 <会費> お一人様 4,000円
 昨年の12月にオープンしたばかりの新しいお店で、桜山通りの中ほど、薬屋さんの隣にあるお店です。f0055803_1672012.png

 そして今回のテーマとなるお酒は3年ぶりの登場となる、紫波町の蔵元「高橋酒造」さんです。『堀の井』さんと言ったほうが分かり易いですね!
 当日は、現在蔵を切り盛りされているご子息、高橋信さんもお越し下さいますので、どうぞお楽しみに。
 今回、先着20名様限定となりますので、お早目の表明をお願い致します。
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-01-27 16:13 | イベント情報 | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
Teruさん、ありがとう..
by yoshida-ya1201 at 13:29
10周年おめでとうござい..
by 姫 at 23:24
10周年記念おめでとう!..
by Teru at 16:33
ありがとうねぇ~って、コ..
by yoshida-ya1201 at 16:00
ハピバ!ついに40代の最..
by よーなし at 12:25
http://sz6t0..
by Xavierkege at 16:12
http://tnucz..
by Xavierkege at 22:26
ブログジャンル
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧