ワインとチーズの店 よしだ屋日記


カテゴリ:ワイン( 316 )



ウサギさんのワインに仲間が増えて3種類になりました!

                    <よしだ屋ワイン会、参加者募集中!>
           只今、13名様から参加表明を頂いております。まだまだ大丈夫です。お早めに!

 5月もまだ半ばだと言うのに、ここ数日の盛岡は30度近くまで上がり春を通り越して夏が来たかのようです。急にやってきた暑さで今後の気象が気になるところですが、あまり極端な天気にはならないで欲しいですね。
 先月29日から始まったスタンプラリーもついに昨日最終日を迎えました。連日多くの方が町歩きを楽しまれたようで、よしだ屋も多くに方に足を踏み入れて頂きました。これをきっかけに普段使いのワイン屋として認知して頂けて、またいらして頂けると嬉しいんですけどね!

 さて、今日は仲間が加わって3種類になったこちらのワインをご紹介しましょう!f0055803_14241640.png
 シンプルな中にも可愛いウサギが一際目を引くこちらのワインはイタリアの中部アドリア海に面したマルケ州産のワインです。造っているのはヴェレノージ、秋の新酒のシーズンにも登場するお馴染みの造り手ですね。
 今でこそマルケ州はもちろん、イタリアを代表する生産者になったヴェレノージですが、元々は6haという小さな畑しか所有しておらず、自家消費用のワインを造るほどの規模だったようです。その後ご子息がその後を継ぎ、徐々に畑を広げ現在では172haまでになっているそうです。手掛けるワインは世界で高い評価を得、ここまでの生産者へと成長したんだそうです。全てはワインに対する情熱あればこそなんですね!
 さて、よしだ屋では“モンテプルチアーノ”に“サンジョベーゼ”を加えて造られたミディアムタイプの赤ワイン、「ロッソ・ピチェーノ」と“トレビアーノ”と“パッセリーナ”、“ペコリーノ”といった土着品種を使用し、まろやかな味わいの白ワイン、「ファレーリオ」がありました。
 そこに今回加わった新たな仲間が右の透明ボトルに入った白ワイン「ヴィッラ・アンジェラ シャルドネ」です。お婆ちゃんの名前アンジェラと名付けたこのワインは、華やかな香りとフルーティー且つ果実味に富み、コクも感じられるワインに仕上がっています。こちらのウサギはファレーリオと同様に緑ですね!
 さぁ、赤いウサギと緑のウサギ、あなたはどちらがお好みでしょう?何か違うCMを思い出しそうですね(笑)
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2017-05-22 15:07 | ワイン | Comments(0)


今回の特売ワインはスペイン産です!

                 <よしだ屋ワイン会、参加者募集中!>

 お花見シーズンは過ぎ、新緑の季節になってきましたね。よしだ屋の店内に置いているアボカドの木にも新たな葉っぱが少しづつ大きくなっているのを感じます。友達が種から植えて大きくなったところで持って来てくれたアボカド、春になると決まって新しい葉っぱが生まれます。そんな生長を見ているだけで何か嬉しくなってくるんですよね!今年の裏庭はどんな感じになるのかな?ガーデニングには最高の季節です(笑)

 さて、店頭で展開しているスポットの特売ワイン。今回はこちらです!f0055803_13362373.png
 こちらはスペインの北部、ナバーラのワインです。
 スペインの中で一番の銘醸地とされるリオハに隣接するナバーラは土着品種のガルナッチャを使ったロゼワインが主力の産地で、長らくリオハの影に隠れる存在だったようです。しかし、80年代に入ってから国際市場で認められる赤ワインを造ろうと積極的に外来品種であるカベルネやメルローを取り入れ、在来品種のテンプラニーリョと組み合わせることで、飛躍的な成功を収めた産地と言われています。

 ってことで、今回入荷したこちらのワイン。1999年に設立されたボデガス・イヌリエータが手掛けるワインで赤いポイントがある方が「スール」、青い方が「ノルテ」と言います。「スール」はガルナッチャとシラーのブレンドと在来品種を中心に造られています。一方の「ノルテ」、こちらはカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローのブレンドとフランス系の品種で造られているんですね。f0055803_13583017.png
 更に「スール」はアメリカンオークで6ヶ月、「ノルテ」はフレンチオークで6ヶ月の熟成を経ているそうです。オーク樽の違いが仕上がりにどんな違いをもたらすのか、正直私にはよく分かりませんが...笑

 いづれのワインもしっかりとしたコクがあり、渋みと酸味のバランスに優れたワインです。濃いタイプのワインがお好きな方にはピッタリだと思いますよ。コストパフォーマンスも抜群ですし...
 是非、2種類の飲み比べをしてみてくださいね!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2017-05-11 13:28 | ワイン | Comments(0)


オーストラリア産ワインで味比べをどうぞ!

                   <よしだ屋ワイン会、参加者募集中!>

 市内の桜はピークを過ぎた頃かと思われますが、今日も盛岡は朝から雨降りです。でも週末からはゴールデンウィークが始まりますし、雨は今の内にって思われている方もいらっしゃるかもしれませんね!今年のゴールデンウィークは最大で9連休だそうですが、皆様のご予定はいかがですか?よしだ屋はもちろん休まず営業しております。毎年の恒例となりました「まち歩きスタンプラリー」も始まりますし、きっと多くのご来店があるはずです。多くはスタンプ押すだけだったりするんですが、お時間のある方はこちらもチャレンジしてみては?笑

 では今日は入荷したばかりのこちらのワインをご紹介しましょう!f0055803_15322413.png
 こちらのワインは、広い国土を誇るオーストラリアの中でもワイン産業の起源とも言われているニュー・サウス・ウェールズ州のアッパー・ハンター地区、地図で言うと南東、シドニーのチョット北辺りに位置するでしょうか。この場所で「ローズマウント・エステート」が手掛けたスタンダードシリーズです。
 このワイナリーはドイツ人移民カール・ブレシュトが1800年代後半に葡萄の作付けを始め、ローズマウント・ヴィンヤードと名付けたことに由来しています。その後、様々な国際的な見本市で高い評価を得ています。
 “Full Flavour,Balanced and Enjoyment”を醸造哲学とし、栽培地で感じるブドウそのものをワインで表現したいと考えています。“豊かな果実味”と“飲みやすさ”を調和させた味わいは、様々なシーンで飲み飽きしない味わいに仕上がっています。その思いは設立から40年以上経って尚変わらず、今ではオーストラリアを代表するワイナリーへと成長を遂げています。
 解説が長くなってしまいましたが、今回入荷したワインはよりコクを感じる「シラーズ・カベルネ」とフルーティーな印象の「カベルネ・メルロー」の赤ワイン2種類と辛口白ワインの「シャルドネ・セミヨン」。いづれも2つの品種をブレンドして造られています。リーズナブルな価格も日常用にピッタリ、是非それぞれの個性をお楽しみ下さいね!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2017-04-26 16:09 | ワイン | Comments(0)


イタリアのDOCG、2種類が新定番に!

                  <4月はチャリティーイベント、参加者募集中!>
              只今、15名様ほどの参加表明を頂いております。まだまだ大丈夫ですよ!

 昨日の日本列島は吹雪の北海道から真夏日の群馬県まで冬と夏が同居したような激しい天候でしたが、間にある盛岡も不安定な空模様ですね。気温は高めだけど、雨が上がり陽射しが出てきたと思ったら、また雨降りになってしまいました。桜の開花も市内まで到着したようですが、足踏みですかね?

 さて今日はイタリアコーナーに定番として加わったこちらのワインをご紹介しましょう!イタリアワインも国内法によって格付けがされていますが、今日ご紹介のワインはいづれも最高峰のDOCGに格付けさているんですよ。f0055803_15504185.png
 まずは赤ワイン。こちらは有名なキャンティを初め、サンジョベーゼを主要品種に様々なワインを生産する銘醸地としても名高いトスカーナ州のワインで、「モレッリーノ・ディ・スカンサーノ」と言います。造っているのは1960年代に設立したバロンチーニ家、先代の意を受け継いだのは医学を志していた娘さんだったんだそうです。まさに家業として歴史を作ってきたんですね。
 サンジョベーゼと同意のモレッリーノを主体にアリカンテやチリエジオーロと言った土着品種もブレンドされているようです。キャンティとも共通する果実味豊かなで芳醇な味わいを感じさせてくれますよ。
 そして白ワイン。こちらはフランスと国境を接し、バローロやアスティなどDOCGワインを一番多く生産しているためイタリア随一の銘醸地としても有名なピエモンテ州のワインで「ガヴィ・アウロラ」と言います。 
 手掛けているのはロベルト・サロット、“アウロラ”と言うのはロベルトの奥様の名前なんだそうですよ。
 コルテーゼと言う品種から造られるこのワインは、フレッシュな酸も感じられる爽やかな風味の辛口ワインです。
 
 ラベルもユニークな2種類のDOCGワイン、是非ご賞味下さい。
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2017-04-19 16:28 | ワイン | Comments(0)


高橋喜和さんのワイン、新ヴィンテージ入荷です!

            <4月はチャリティーイベント、参加者募集中!>

 4月も2週目、各地から桜満開の映像がテレビを彩っている今日この頃。岩手県内にも数日前に上陸したようですが、盛岡まで辿りつくのはもう少し時間が掛かりそうですね。今日も春らしい温かな陽射しが降り注いでいますが、こんな中でお花見なんてしたいものですねぇ~笑
 
 さて、今日はやっと入荷したこちらのワインをご紹介しましょう!f0055803_1624240.jpg
 県内のワイナリー2社での経験を踏まえ独立を果たした大迫の高橋喜和さんのワイナリー、「高橋葡萄園」さんのワインです。
 昨年秋にも新酒のホイリゲーと一緒にご案内しておりますが、お陰さまでそれらのワインは全て完売となり、今日から新ヴィンテージとなる2016年産の発売です。
 アイテムは、定番の白ワイン「リースリング・リオン」「ミュラー・トゥルガウ」。そして赤ワインの「ツヴァイゲルトレーベ」。更に前回は発売前だった「キャンベル ロゼ」も同時発売となりました。
 市内でも限られた場所での店頭販売となっているようですが、よしだ屋では冷蔵庫の中に1段、ちゃんと高橋さん用のスペースを取ってますから早々に届けて下さいました。ありがたや(笑)
 わざわざ指名でお越しになったお客さんも多かったので、新たなこのヴィンテージにも期待大です。
 ところが聞けば、昨年は一部に病気が広がってしまったらしく、特にもミュラー・トゥルガウの収量が大分落ち込んでしまったそうです。出来上がったワインにもその影響でチョット赤みが付いているようですが、品質には一切問題はありませんので安心してお召し上がり下さいね。味には変化はありませんが、収量が減ったことで生産量も減ってしまいましたので、見掛けたら即買いをお勧めいたします。また今回発売された「キャンベル ロゼ」も生産本数は極少量のようですので、合わせて即買いで(笑)
 そうそう、ラベルをご覧になって違いがお分かりになりました?
 実はこれから徐々に広がっていくと思いますが、“日本ワイン”という表記がされているんですよ!文字通り、日本の土地と気候の中で栽培されたブドウってことですね!
f0055803_1627359.jpg

[PR]
by yoshida-ya1201 | 2017-04-10 16:30 | ワイン | Comments(0)


春本番、ピッタリなロゼワインをもう1種類ご案内!

                 <4月はチャリティーイベント、参加者募集中!>

 4月に入り、ここ数日で一気に春めいて来た様な気がしますね。毎日桜の開花情報が伝えられていますが、ココ岩手に上陸するのはいつくらいでしょうね?
 嬉しいことに、新年度らしいお客様が続いています。一昨日は異動先から盛岡に戻っていらした方が同僚と一緒に。昨日は新採用の若者二人を連れていらしたご常連さん...これからも新たな出会いが一杯あるといいな!

 さて、先日もプロヴァンス地方のロゼワインをご紹介しましたが、今日はこちらのロゼワインを!f0055803_1453436.png
 こちらのワインはチリ産、ウンドラーガ社が手掛ける「アリウェン ロゼ」で、“カベルネ・ソーヴィニヨン”、“シラー”、“メルロー”から造られた辛口ワインです。
 1885年に設立されたウンドラーガ社はチリでも最古のワイナリーの一つで、南北に長いチリに於いて自然環境や気候を活かし、それぞれの品種の個性とテロワールの多様性をワインに反映させる造りをしています。またそんな自然豊かなチリの企業としてパタゴニアの森林保護にも積極的に関わっており、このワインの売上げの一部もそうした団体へ寄付されているんだそうです。日本で飲んでも貢献出来るって素敵ですね!

 ところで、この“アリウェン”という名前ですが、これはチリの先住民マプチェの言葉で“神聖な木”という意味があり、人類と宇宙との繋がりを象徴しているんだそうです。こんなエピソードからも自然を大切にするウンドラーガ社の思いが伝わってきますね。
 先日のプロヴァンスロゼはややオレンジ掛かっていますが、こちらのロゼワインはもう少し赤みが強いかもしれません。一口にロゼワインと言っても、その色合いは微妙に違うんですよ。味わいはそれぞれ辛口ですし、様々なお料理との相性もバッチリです。春の陽射しの中で飲むのもピッタリ。是非、お楽しみくださいね!
 そうそう、今ならこのワインにピンチョス用のピックがオマケに付いていますよ!笑
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2017-04-06 14:32 | ワイン | Comments(0)


ちょっとユニークなワインが南アフリカから入荷です!

               <4月はチャリティーイベント、参加者募集中!>

 ついに3月も今日で終わり、明日から新年度ですね!関東から始まった桜の開花宣言も徐々に北上して来ますし、いよいよ春本番ですね!とはいっても、まだまだ朝晩の冷え込みは残っている盛岡ですが...
 新生活を迎える方も多いと思いますが、楽しく前向きに行きましょうね!時にはお酒の力も借りながら(笑)

 さて、今日はちょっとユニークなこちらのワインをご紹介しましょう!f0055803_14503645.png
 南アフリカ産の「カフェ・カルチャー」という赤ワインです。ラベルからもユニークさが分かりますよね!笑
 このワインを手掛けているのは南アフリカを代表するワイナリー、KWV社です。“南アフリカ・ブドウ栽培農家協同組合”の略だそうですが、その歴史を辿ると国の国策商品としてワイン産業の安定化を目的として設立されたのが1918年。文字通り、政府系の企業としてスタートを切りました。その後、1997年に民営化され、ワインの他にも様々な酒類を販売しています。特筆すべきは、1925年に初代の栽培責任者でもあり、ステレンボッシュ大学の教授だったペロード教授がピノ・ノワールとサンソーを交配し、ピノ・タージュという品種を生み出したことです。今や南アフリカワインの代名詞とも言える品種となったピノ・タージュがKWV社で生まれたとは知りませんでした。
 ちょっと長くなりましたが、ここから今回入荷した「カフェ・カルチャー」についてです(笑)
 先に紹介した“ピノ・タージュ100%”で造られていますが、特殊製法を用いて造っているというんです。その製法がどんなものか詳細は分からないんですが、ラベルにも書いてある通り、華やかなコーヒーの香りと味わいがするそうなんです。もちろん、香料などは一切使用せずにです。私もまだ飲めていないんですが気になりますね!笑

 f0055803_15164185.png この機会にKWVのワインをちょっと定番に加えました。
 「カベルネ・ソーヴィニヨン」「メルロー」の赤ワイン2種類です。いづれもリーズナブルな価格帯で、スクリューキャップで扱いやすいワインです。
 これで先の「カフェ・カルチャー」とあわせ、南アフリカ産の赤ワインも6種類となりました。ワインに馴染みが少ない方にとっては“南アフリカでワイン!?”って思われるかもしれませんが、世界地図で見るとオーストラリアの南部とかチリやアルゼンチンと同じくらいの緯度にあって、ワイン産地として有名なんですよ。是非お試し下さいね!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2017-03-31 15:23 | ワイン | Comments(0)


春なのでロゼワインをお一つご紹介!

                  第67回ワイン会参加者募集中!
          今日現在、数名の方からの参加表明に留まっております。是非ご参加ください。

 昨日も夜から本格的に雪が降り出した盛岡ですが、さすがにこの時期の雪は水分が多いのか朝までに積もることはありませんでした。今日は曇り空ながら、ちょっと肌寒いくらいですね。
 
 さて、今日は肌寒いけど、日に日に春の兆しを感じるようになって来ましたので、今回のワインはこちらです!f0055803_15315280.png
 春になると気分がロゼになるのは何故でしょうね。きっと“春”イコール“桜”、そんな桜好きの日本人にピッタリってことなのかな!
 
 今回入荷したこちらのワインは、フランスの南部プロヴァンス地方で造られたロゼワインです。赤白ロゼと様々なワインが造られているプロヴァンス地方ですが、ロワール地方のロゼ・ダンジュ、ローヌ地方のタヴェルと共にフランスの三大ロゼワインに数えられるほどロゼワインで有名な産地です。

 ロゼワインと言うと甘口の印象がある方もいらっしゃるかもしれませんが、多くは辛口です。上記三大ロゼの中でもロゼ・ダンジュがやや甘口ですが、他の2種類は辛口なんです。
 今回のジャン・ヴァレストレルの「コート・ド・プロヴァンス」も、“グルナッシュ”に“サンソー”、“シラー”といった品種をブレンドして造られており、オレンジ掛かった透明感のあるロゼ色が特徴の辛口ワインです。
 白ワインと赤ワインの両面を持ち合わせ、合わせる料理も選ばない万能選手とも言われるのがロゼワインです。日本では年中ロゼワインを楽しむ方って多くないかもしれませんが、これからの季節は暖かい日だったら昼からでもピッタリ!春の気候と共に気持ちまで華やかにしてくれますよ。是非お試し下さい。
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2017-03-15 15:59 | ワイン | Comments(0)


ボルドーワインを特価でご案内!

                 第67回ワイン会参加者募集中!
          今日現在、数名の方からの参加表明に留まっております。是非ご参加ください。

 新たな一週間の始まりは曇り空、降る気配はありませんが、眩しい陽射しが欲しくなるような空模様です。
 先週の土曜日は東日本大震災から6年となる節目の日でしたね。あの日から6年、早いような気もしますし、実際沿岸被災地では目に見える形で復興が進んでいる場所も多くあるんでしょうけど、避難生活が続いている方々や、人口減少問題など、難しい課題も多くあるんだろうなぁと思わされます。
 私などそんな状況をテレビを通して見ることしか出来ず、せめて店内やイベントを通じて寄付金を納めることくらいしか出来ないんですが、改めて被災された皆様へのお見舞いとご遺族の皆様へお悔やみ申し上げます。

 さて、今日は限定入荷したこちらのワインをご紹介しましょう!f0055803_15261191.png
 こちらは「プレミアム・ド・ムーサス」といい、フランスでブルゴーニュ地方と共に2大産地の一つとして様々な高級ワインを産するボルドー地方メドック地区で造られています。
 ボルドー地方メドック地区で造られる上級赤ワインは1級から5級までの格付けがなされており、名前からピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんが、このワインも5級に格付けされている「シャトー・ランシュ・ムーサス」のほか、多数のシャトーを所有しているフィリップ・カスティージャ氏が手掛けたワインなんです。
 ボルドーらしく、“カベルネ・ソーヴィニヨン”と“メルロー”のブレンドで造られていますが、決して重過ぎることなく果実味に富み、滑らかなタンニンとのバランスも心地よい味わいになっています。
 そして、ボルドーワインにしては珍しいと思うんですが、このワイン、スクリューキャップなんです(笑)
 カスティージャ氏のボルドーワインを気軽に楽しんで欲しいという計らいなのかは分かりませんが、扱いやすいのも嬉しいワインです。しかも今回は限定入荷で価格もグッとリーズナブルに...是非ご賞味下さい!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2017-03-13 15:45 | ワイン | Comments(0)


ブラックタワーにも仲間が増えましたよ!

                      第67回ワイン会参加者募集中!

 今年も雪が少ないまま終わるかと思われた盛岡ですが、3月に入ってから雪降りの日が多くなったような気がしますね。今朝も昨日から降り続いてたいた雪で真っ白くなっていましたもんね。午後になって晴れ間も出てきましたし、積もってもすぐに溶けちゃうんでしょうけど...
 そんな雪降りの中、今日は公立高校の入試。私が受験したのは遥か30年以上も前、遠い昔だなぁ~笑

 さて、今日は開店以来定番に位置づけてきたドイツワインの「ブラックタワー」に新商品が追加になったということで、早速よしだ屋のラインナップにも登場です!改めてご紹介しましょう。
 造っている「レー・ケンダーマン」の歴史について軽く触れますと、まずカール・レー氏が1920年、モーゼル地方でワイン造りを始めます。その後1947年にはドイツワインを輸出する貿易商を始めたヘルマン・ケンダーマン氏は1965年になってワイナリーを取得しワイン造りも始めました。その頃にこの「ブラックタワー」も誕生し、世界中で人気を博したようです。そして1997年、3代目カール・レー氏はケンダーマン・ワイナリーとの合併を決断し、「レー・ケンダーマン」が設立されました。今ではドイツ有数のワイナリーとして大きな成長を遂げていますね。

f0055803_1520445.png さて、ブラックタワーの特徴はまずはこのボトル。クロックボトルと呼ばれる独特の形をしていますが、これはローマ時代にワイン造りが伝えられたドイツで黒い陶器の瓶に詰められていたことに由来しています。今ではワインのトレードマークのようになっています。
 右側の赤ワインは、ドイツの固有品種“ドルンフェルダー”“ピノ・ノワール”がブレンドされています。柔らかな果実味を感じる辛口ワインですが、仄かな甘みも少し感じさせてくれます。このボトルも実は真ん中のワインのように下半分は透明なんですよ(笑)
 中央は1967年に初めて瓶詰めされたワインで、ブラックタワーが世界に出るきっかけとなった白ワインで“リヴァーナ”という品種で造られています。甘口のワインですが、程よい酸味も感じられ、バランスの良い仕上がりになっています。 
 そして、左側の白ワインが昨年夏から国内での販売が始まった「ドライ・リースリング・オーガニック」です。
 ドイツを代表する白ブドウ品種“リースリング”を使用した辛口タイプのワインです。しかもEUで認証を受けたオーガニックワインでもあります。ドイツの白ワインは甘いとのイメージも強いかもしれませんが、最近では辛口も増えています。このワインもそうした中から生まれたワインと言えるかもしれませんね。
 赤ワインに、甘口と辛口の白ワイン、様々な方にお楽しみ頂ける「ブラックタワー」ですね!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2017-03-09 16:14 | ワイン | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
Teruさん、ありがとう..
by yoshida-ya1201 at 13:29
10周年おめでとうござい..
by 姫 at 23:24
10周年記念おめでとう!..
by Teru at 16:33
ありがとうねぇ~って、コ..
by yoshida-ya1201 at 16:00
ハピバ!ついに40代の最..
by よーなし at 12:25
http://sz6t0..
by Xavierkege at 16:12
ブログジャンル
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧