ワインとチーズの店 よしだ屋日記


<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧



本日の日本酒の会、こんなラインナップです!

 10月も今日でオシマイ。比較的穏やかな空模様になりました。
 明日から11月。もう今年も残すところ2ヶ月ですね。どんな年の瀬を迎えるのか...
 お世話になっている飲食業界の皆さんの話しを聞いても、景気は依然として厳しい様子ですが、なんとか、年末くらいは忘年会などで夜の街も賑わってくれるといいのですが...
 皆さん、職場やお友達同士、たくさん忘年会を企画してくださいね!笑 
 会場に困ったら、よしだ屋でも情報提供できることがあるかもしれませんので、声を掛けてみてください。決して「私も参加したい!」なんて言いませんから...笑

 さて、今日は「日本酒の会」が開催される当日であります。当店はワインを中心とした酒屋ですが、地酒に関してもそれなりに拘っております。で、ワイン会とは別に年に3回開催している日本酒の会、毎回一つの蔵元さんに焦点を絞って、蔵の方を交えて楽しもうという、至ってお気楽な会であります。
 ワイン会もそうですが、毎回それなりにテーマは考えますが、一番のメインテーマは「気軽に、楽しく、美味しく」がよしだ屋の開催する会ですから、今回もそんな運営が出来るようにと思っております。
 今回は20名様のご参加が予定されています。ご参加下さる皆様、どうぞよろしくお願い致します!

 では、今回のラインナップをご紹介してまいりましょう!f0055803_1411259.jpgf0055803_141216.jpg













 今回の主役となる蔵元さんは、沿岸・釜石市にある「㈱浜千鳥」さんです。新里社長さんは岩手のリーダー的存在でもある方ですし、今回はご参加も頂けるとのことなので、どんなお話しを伺えるのか楽しみです。

 では、まずは乾杯から。今回は「夢穂波(ゆめほなみ)」でスタートしましょう。このお酒は、釜石市のお隣り、大槌町で栽培された“吟ぎんが”を使い造られた本醸造酒なんですが、その開発されるまでのプロセスが面白いんです。企画からラベルデザインに至るまで大槌町の青年団体「波工房」の皆さんとの共同で開発された、文字通りの地産地消を目指したお酒と言えるような商品なんです。
 続いては、「山廃仕込み 純米酒」を。こちらも使っているお米は“吟ぎんが”です。“山廃仕込み”と呼ばれる製法は、速醸酛と呼ばれる現代の造り方に頼らない、いわゆる昔ながらの手法を用いて自然の乳酸菌の発生を促すことに特徴があります。要は手間暇のかかる造り方なんですが、是非、今回は冷やと併せ、温めた状態でもお試し頂きたいと思います。
 更に続けて“吟ぎんが”で造った「純米吟醸 吟ぎんが」です。55%まで磨いたお米で造られる贅沢な逸品です。第3回インターナショナル・サケ・チャレンジで銅賞受賞ですから、その味わいが今から楽しみです。

 後半の3種類はお米が違いますよ!
 後半のトップバッターは「特別純米酒」です。“美山錦”を55%まで磨いて造られており、これでも十分に贅沢なお酒なんですが、もっと贅沢な次のお酒と比較して見るのも面白いと思いますよ。
 で、その次となるのが「純米吟醸 美山錦」です。原料米はもちろん、精米歩合55%も実は先の「特別純米酒」と一緒なんです。アルコール度数は若干違いますが、それだけではないナイショの秘密が造りに隠されているようです。第3回インターナショナル・サケ・チャレンジでこちらは銀賞を受賞しているそうで、コチラも楽しみですね。冷と燗で味わってみたいと思います。
 そして、今回の大酉は、非売品の中から出してくださった「大吟醸 斗瓶囲い」です。“山田錦”という最高級の酒造好適米を40%まで磨いて造られる大吟醸。しかもその搾りには昔ながらの舟を用い、下に置かれる斗瓶と呼ばれる容器にポタポタと滴り落ちる、その部分だけを瓶詰めした究極の逸品とも言えるお酒です。

 いかがでしょう?今回のこの6種類・8通りのラインナップは。一つ一つは少量づつになるかもしれませんが、終わってみればきっとタップリ、ご満足頂けるのではないかと思っております。
 美味しいオツマミ、時には蔵の仕込み水を“和らぎ水”として飲んで頂きながら、ゆっくりとした時間を過ごして頂ければと思います。
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2009-10-31 15:04 | イベント情報 | Comments(0)


食材の宝庫、岩手はホップの生産もスゴイんです!

 今日も盛岡は秋晴れの気持ちのいい日になりそうですね!
 市内を流れる中津川には鮭が上り、岩手山には初冠雪も降り、里にも少しづつ色づく葉が見受けられるようになって来ました。
 今年ももう残すところ2ヶ月少々ですね!今年はどんな冬になるのでしょうか?
 と、この先の冬を気にする前に、今日は花巻東高校の菊池雄星君のドラフトの日です。9球団とも言われる1位指名、果たしてどこがクジを引き当てるのか、とっても気になる出来事が目の前にありましたね!
 だって、岩手出身でこんなに注目を浴びた選手はいませんでしたからね!

 さて本題に戻しましょう。冬を直前に控えたこの季節は色々と美味しいものが収穫期を迎えますが、岩手は、山の幸、海の幸はもちろん、稲作や畑作も盛んですから、様々な食材が店頭に並んでいます。
 と、そんな美味しい食材の他にも、岩手を代表する農産物がありますよね!そのままはあまり食べることは少ないけれども、きっと誰もが無いと困るもの...それはビールに不可欠な“ホップ”です!
 広い岩手県には、少し前まで大手ビールメーカー4社がそれぞれ契約しているホップの生産組合があったそうで、そうして造られた各社のビールが全国の方々に飲まれていたわけです。
 ちなみに、当時、キリンさんは遠野市中心、サッポロさんは二戸市中心、アサヒさんは玉山村中心、サントリーさんは紫波町や石鳥谷町を中心とした農家と契約を交わし、ホップを調達していたと聞いたことがあります。

 で、そんなホップの生産地を強調した商品が開発されてますよね!f0055803_132957.jpgf0055803_1321863.jpg













 いづれも昨日から発売スタートとなったこのビール。
 毎年の恒例となった「キリン 一番搾り とれたてホップ」に加え、今年は初めて「サッポロ 黒ラベル 東北ホップ100%」も同時発売となりました。
 キリンさんは全国発売なのに対して、サッポロさんは東北限定と発売エリアは違いますが、いづれも、収獲したホップを生のまま冷凍し、破砕して使うことで、ホップ本来の爽やかな香りが生きた味わいに仕上がっているといいます。
 私も夕べ1缶づつ持ち帰り(コレがある意味役得ですね!笑)、並べて試飲してみました。
 色合い・泡立ち共にどっちがどっちか分からないくらいでし、なるほど、ホップ由来と思われる華やかな香りもそれぞれ感じられます。気持ち、ホンの少しキリンさんの方が苦味を感じると言えばそんな気もするし...
 まぁ、そんな感じです(笑)

 いづれも、数量限定での発売ですので、是非お試し下さいませ。
 ってことで、よしだ屋にもちゃんと大手メーカーのビールもありますよ!っていうご案内でした(笑)
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2009-10-29 13:26 | ビール関係 | Comments(6)


秋の味覚、リンゴの2段活用??

 今日は気持ちのいい秋晴れの盛岡です。気温もさほど下がっていないのか、お日様が出てれば上着を着て無くても大丈夫なくらいです。
 
 今週に迫った「浜千鳥の会」ですが、只今20名様のご参加を頂いております。トップに載せていた募集告知の掲載は今日から止めましたが、まだ若干名のご参加は大丈夫です。是非、お早めにお申し出下さいませ。

 では、今日の本題を。今日と明日はビール2題って感じになりそうです...f0055803_15234016.jpg
 まずはコチラから。
 このビールも毎年の恒例となりましたので、「待ってました!」の声も聞こえてきそうですが、なんか今年は2種類ありますよ!? 
 右に写ってるのが、ベアレンさんが造るこの季節ならではの発泡酒「アップルラガー」です。
 県内で収獲されたリンゴ、「さんさ」と「つがる」を自分たちの手で搾り、その果汁を使ってビール造りをしています。
 と、文字で書くと簡単ですが、ヘタを取り、痛んだ部分を取り除き、その上で搾るわけですから、手間が掛かってるんですよね!
 と、ここまでは例年通りの「アップルラガー」なんですが、では左は??
 今年初めて商品化され、超限定数量しか無い「クリスタル・アップルラガー」です。
 その製法は通常品を造る途中段階、醗酵中のものを抽出し、冷却・濾過をして商品化したと言うことですが、醗酵中ってことは...
 つまりは糖分の全てがアルコール醗酵をしていないわけですから、アルコール度数が低くなります。さらに、糖分が残っていますから、味わいにはリンゴの甘みが感じられることになります。
 アルコール度数は通常品が5%なのに対して3.5%しかありませんから、非常にライトに飲んで頂けます。

 いづれの商品も、リンゴの他に香料などは一切使わず造り上げていますから、まさに自然の味わいです。ほのかなリンゴの香りとフレッシュな甘み、爽やかな口当たりが人気の秘訣というフルーツビールです。
 是非、ご賞味下さいね!

 と、これでタイトルにある“2段活用”がなるほどと思ったあなた!実は続きがありまして...笑
 お酒からは離れますが、チョット違う活用方法もご紹介しましょう!f0055803_16201456.jpg
 ドドーンと「りんご風呂」なる活字が飛び込んできますが、こんな使い方があったのか!と驚いたのは私だけでしょうか?笑
 実はコレ、同級生のよーなし君が勤務する紫波町にある温泉施設「ラ・フランス温泉館」で行われる期間限定のスペシャル企画なんです。
 ココには様々なタイプのお風呂がありますが、その中で洋風・和風の露天風呂に行くと、こんな風に大小様々なリンゴがプカプカ浮いているんだそうですよ。
 11月17日まで毎日実施しているそうですから、休日に行楽のついでに体験してみてはいかがですか?
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2009-10-28 17:06 | ビール関係 | Comments(2)


ホットワインで暖ったまろ!

              <浜千鳥の会、参加者募集中です!>

 10月ももう25日。なんか最近こんな書き出しが多いような気がしますが...笑
 日曜日の今日は、とっても気持ちのよい青空が広がりましたね!風も穏やかですし、とっても過ごし易い秋晴れの一日になりました。行楽地は沢山の人出だったんじゃないでしょうか。

 本題に入る前に、先日ご案内した「エグザゴン」ですが、予想以上の反響を頂いております。遠方の方からもお問い合わせを頂いたり、美味しかったとリピートされる方がいたりしております。もう少し仕入れておくんだったと後悔しておりますが、時既に遅し、数本を残すばかりとなりました。もっと多くの皆様に飲んで頂きたかったのですが、嬉しい悲鳴を上げる結果に感謝いたしております。
 そして、来週に迫りました「浜千鳥の会」。只今16名様ほどの参加表明を頂いております。こちらも遠方からの参加表明もあり、大変嬉しく思っております。
 定員まであと数名のところまで来ました。是非、ご検討中の皆様も一緒にいかがですか?新里社長を囲んで楽しいひと時を過ごしませんか?
 ワインと言い、お酒の会と言い、今回はこのブログを通して、遠方の方からの連絡に驚くと共に、ブログの効果に改めてビックリしております。今後も真面目に更新していかなくちゃと思っておりますが、今月の様に間が空いてしまうこともあると思います。
 ご訪問くださいます皆様、今後とも優しく見守っていてくださいね!笑

 では、今日の本題を...f0055803_1615933.jpg
 昨年もこの時期登場しましたホットワイン専用商品、
「バフースホイヤー・グリューワイン」です。
 「ワインを温めるの?」なんて声も聞こえてきそうですが、単純に普通のワインを温めるわけではありませんよ。普通の赤ワインを温めると酸っぱくなっちゃいますから、気をつけてくださいね!ご家庭で普通の赤ワインから作るにはこんな風にして作って見て下さい

 という煩わしい手間を省いて簡単に美味しく飲めるのが、今回ご紹介の“グリューワイン”です。
 ドイツ産のこの商品は、赤ワインをベースにして、予めハーブやスパイス、柑橘類などを使い味を調えておりますから、カップでチンして頂くなり、お鍋で温めて頂くだけで、簡単に美味しく召し上がって頂けます。

 昨年のお客様の反応を聞くと、“冷え性なんだけど、すぐに体全体が温まった”とか、“とっても美味しかった”など、ご好評の声も多く聞かれました。

 寒い季節に温まるお酒としては日本酒の燗はありますが、ホットワインはまだまだマイナーな飲み方かもしれません。
 でもこれからの季節、是非こんな風に温めたワインで身体を暖めるなんてのもいいんじゃありません?笑
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2009-10-25 18:18 | ワイン | Comments(2)


「デイリー・ル・パン」...現品限りのレアワインです!

                 <浜千鳥の会、参加者募集中です!>

 変わりやすいことの例えとして“女心と秋の空”なんて言いますが、昨日の盛岡はまさにそんな空模様でしたね!音を立てて雨が降っていると思えば、いつの間にか青空が広がり、あぁ上がったと思っていると、また降ってきたりと、何とも目まぐるしく変わりやすいお天気でした。女心については私にはコメント出来かねます...笑
 今日もあまりスッキリと晴れてはいませんが、まずは雨は心配無さそうですかね?

 さて、本日は久しぶりにワインのご紹介なんですが、実はこの商品、7月の半ばに予約を締め切られ、先日入荷した分だけ、現品限りの超限定ワインなんです。
 ですからワインファンの皆様には必見・必飲と言えるかも知れませんよ!f0055803_14505779.jpg
 見た目はこんな感じです。黄色いラベルがとってもインパクトがありますね。
 産地はフランス・ボルドー地方。商品名を「エグザゴン08」と言います。
 “六角形”を意味し、更にそこから派生して“フランス”そのものを意味する言葉だそうですが、人気のクイズ番組でもタイトルに使われていますから、聞いた事があるかもしれませんね!

 このワイン、造っているのがまたスゴイお方でして...
 ボルドー地方のポムロール地区に、一本数十万円もする「シャトー・ル・パン」と言う超高級ワインがありますが、それを所有しているティエンポン一族の一人、リュック・ティエンポンと、更にはラフィット、ラトゥール、マルゴーと言った数々の高級ワインの醸造コンサルタントを務めるカリスマ醸造家ジャック・ボワスノが手掛けています。しかも特筆すべきは高級ワインではなく、デイリーワインなんです。
 前出の高級ワインは逆立ちしても当店には並びそうもありませんが、これなら大丈夫!笑

 使われている品種は“カベルネ・ソーヴィニヨン”80%と“メルロー”が20%と、ボルドー地方を代表する2種類の品種のブレンドなんですが、ちょっと変わっているのがヴィンテージ。お気づきの方も多いと思いますが、このワインのヴィンテージは2008年です。通常のボルドーワインって何年かの間、シャトーの地下セラーの樽の中で熟成をさせ、数年後にリリースされるのが一般的だと思うんですが、これは違うんですよね!
 で、2008年と言う年は非常にいい年だったそうですから、さらに期待も高まりますよね!

 ワインに関する解説、造り手に関する解説はインポーターのHPで詳しく語られていますから、どうぞコチラもご参照くださいませ。  <ココをクリック!>

 ってことで、無くなったらオシマイです。次回の入荷も全くの未定です。気になる方はお早めにどうぞ!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2009-10-21 15:33 | ワイン | Comments(2)


カム・オンさんと愉快な仲間たち

                  <浜千鳥の会、参加者募集中です!>

 今日はチョットうす曇の盛岡、雨が降ってきそうです。
 10月に入ってもう19日、今月は更新が儘ならず申し訳ゴザイマセン。私は相変わらず元気に過ごしております。飲む機会も全然減っておりません。我ながらなんで元気でいられるのか、不思議に思いながら...笑
 一気に寒くなってきましたので、皆様も体調管理にはお気をつけ下さいね!

 さて、今日は“私のお勧め飲食店”の情報なんですが、チョットいつもと趣向が違いますよ。まぁ、昨日行われたそのお店のプライベートなパーティーに参加させて頂いたんですけどね!
 そのお店は高松の池口にあります「カフェCAM ON」さん。私も春先の昼間に伺った時にこんな紹介をさせて頂いたお店です。
 今回はお店の看板お母さんのお誕生会ということでお誘いを頂きました。実は以前にも何度かこちらのプライベートパーティーにはお邪魔させて頂いたことがあるんですが、その度いつもビックリさせられる私。
 今回は証拠写真も撮ってきましたので、その盛り上がりの雰囲気を見てやってください(笑)f0055803_15155523.jpgf0055803_1516597.jpg













f0055803_15163842.jpgf0055803_15164747.jpg












f0055803_1517182.jpgf0055803_15172660.jpg












f0055803_15173425.jpgf0055803_15174259.jpg












 いかがでしょう?飲んで食べては当たり前ですが、コチラのパーティーに必ずあるのが“ライブ”です!
 なんとも芸達者な方ばかりが集っているのか、代わる代わるミュージシャンが登場します。中には先日行われた「中津川べりフォークジャンボリー」に参加されている方も多く(実は実行委員長さんも時々登場するんですよ!)、かなり本格派揃い。懐かしのフォークソングやら歌謡曲が次から次へと歌い奏でられます。
 私も久しぶりに客席から大きな声で一緒に歌い、汗だくになってしまいましたが...そう、楽器が出来ない人は、歌う!踊る!これがこのお店の基本形の様です(笑)

 音楽が好き!生で歌ってみたい!何処かで思いっきり得意の楽器を演奏したい!そんな方にはピッタリのお店ですよ。でも、次回いつこんなパーティーが開催されるのかは、日程が決まってるわけではありませんので、まずは、ランチなり夜に一杯やりながら、お店の方々と仲良くなるのが近道です。

 ちなみに、来月11月の14日(土)には、「原口純子」さんが来盛し、お店でライブをしてくれるそうですよ!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2009-10-19 15:37 | 私のお勧め飲食店 | Comments(0)


秋の味覚と南部杜氏のコラボです!

               <浜千鳥の会、参加者募集中です!>

 今日もスッキリと晴れ渡った盛岡です。でもこれからの季節は晴れれば気温は低くなる傾向になりますよね、今日も身が引き締まるような気温の様です。

 さて、山では紅葉も見頃になっているように聞いていますが、この季節楽しみなのは山の恵が豊富になることもあるんじゃないでしょうか?特に岩手県で有名な物と言えば、岩泉町の“松茸”もそうですよね!
 今年はチョット不作だったなんて話も聞きますが、四国の香川県に匹敵するほどの広さを誇る岩泉町の松茸は今や、全国的に有名な高級食材と言っても過言ではないのではないでしょうか?

 ってことで、f0055803_14231217.jpgf0055803_14232330.jpg













 左の原木の写真は参考ってことで私の口に入ることもほぼ有り得ないシロモノですが、私でも楽しめるのが右の写真、昨年もご好評頂きました“松茸”を漬け込んで造られる「森の宝」です。

 造っているのは「八重桜」で有名な岩泉町内唯一の蔵元、泉金酒造さんです。
 毎年、地元で収獲された“松茸”を使い、清酒に漬け込んで造られるわけですが、漬け込み過ぎると濃すぎる味わいになったり、エグミまで感じさせてしまうため、製造段階には企業秘密もあるみたいですよ!
 その甲斐あって、出来上がったこの商品は、“松茸”のほのかな香りが何ともいい感じに残されております。飲み方は冷やさずに常温で頂くか、少し温めて飲んで頂いた方が、余計に香り立って美味しく召し上がれます。
 これに、ホンモノの“松茸”があれば尚リッチな食卓が出来上がりそうですが、そうでなくても、これを飲みながら秋の夜長、マッタリと過ごしてみるだけで、何かいい感じに過ごせるような気がしません?笑
 カップに入っていますから、よしだ屋サロンで1杯なんてのもアリかと思いますよ!

 PS.先日ご案内した「COEDOビール」ですが、3種類に追加して赤いラベルの『紅赤‐beniaka‐』も入荷致しました。コチラも是非お試しを!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2009-10-15 14:42 | 岩手の地酒 | Comments(2)


フォークの神様、二人の声を聞く...

                 <浜千鳥の会、参加者募集中です!>

 今日がホントの体育の日。空はスッキリと晴れ渡り、気持ちのいい天気になりました。
 3連休もいよいよ今日でオシマイ、皆様楽しくお過ごしでしたでしょうか?
 私はと言えば、基本的にはお店を営業してはおりましたが、昨日はチョットだけ早く閉めさせて頂き、今日はチョットだけ遅く開けさせて頂き、ある所へ行って来ました。

 それは、中の橋のプラザおでって3階ホールを会場に今年で10回目を数える「中津川べりフォークジャンボリー」であります。県内外で活躍しているアマチュアのミュージシャンが数多く出演するこのイベント、実行委員長のよしだかずをさんもそんなミュージシャンのお一人ですよね。
f0055803_1711029.jpg そして、今回は10回目の節目と言うこともあり、スペシャルゲストとして来盛したのが、「加川良」さんですよ!!
 ご存じない方も多いでしょうか?
 1970年、当時高田渡さんのマネージャーをしていた彼が、本家本元「中津川フォークジャンボリー」に飛び入り同然で歌ったことがきっかけで、一躍フォークシンガーとして脚光を浴びた方です。
 当時、私は4歳!?
 さすがにこの年ですぐに好きになったわけではありませんが、兄の影響で随分と聞いた思い出があるんです。
 その兄もその頃音楽に強く惹かれ、アルバイトをしながらギターやマンドリンといった楽器を買い、家で練習していたものです。そして、今では吉田恒星として音楽カメラマンや映像ディレクターを生業とし、「一流の唄うたい」を追いかける中で完成させたDVDが、写真の加川良さんの「60(ロクマル)」です。十年前に出した「50(ゴーマル)」もそうです。
 そんな思い出のある「加川良」本人が盛岡に来るんですから驚きです。もちろん初めて生で見ることが出来たわけですが、一時間半、時折挟むMCでは笑いも起こし、ひたすら歌い続けて下さいました。
 いやぁ、ホント素晴しかったです...

 では、初めてYouTubeを貼ってみましょう。彼の代表曲「教訓Ⅰ」をどうぞ!
         

 そして、3日目の今日の目玉企画が
「高田渡さん」のドキュメント映画「タカダワタル的」の上映でした。このジャンボリー第5回目のスペシャルゲストとして来盛するも、その7ヵ月後、惜しくも他界されてしまいました。
 では、彼の数ある名曲の中からコチラをどうぞ!
         
 いかがでしょう?二人の独特の世界観と存在感、そして詩の世界...
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2009-10-12 18:09 | 店主のひとりごと | Comments(2)


昔なら今日が“体育の日”でしたね!

                  <浜千鳥の会、参加者募集中です!>
f0055803_14342958.jpg
 今日の写真は本文と一切関係ございません(笑)友人が店の棚に飾ってくれた「アルファロメオ」のミニカー、しかも頑張って赤だけを揃えたそうで...何かのオマケだったんでしょうね!

 10月10日。昔なら今日は“体育の日”で運動会がよく開催されていたように思います。東京オリンピックの開催日に因んでのことだったと思いますが、晴れの特異日としても言われてましたよね。こんな風に書くと、私も随分年配のように聞こえるかもしれませんが、東京オリンピックの年には生まれませんからね!笑
 でも、2016年の開催を目指した東京オリンピック、残念でしたね。でも、南米ブラジルは初開催ですから、仕方ないですかね。

 で、今日もそんな特異日の面目躍如といった感じで好天の盛岡です。でも、今朝は冷え込みましたねぇ~岩手山には初冠雪があったそうですし、藪川や区界では氷点下まで下がったんだとか...
 秋の深まりもこれからと言う時期ですが、気分はもう初冬といった感じですね!
 行楽に、スポーツに、食欲を満たすのにも最高の季節ですね。今日からの3連休、そんな風にお過ごしになる方も多いことでしょう。存分にお楽しみくださいね!

 さてさて、昨日今日と新聞を見ると気になる記事もチラホラ。
 オバマ大統領のノーベル平和賞受賞は嬉しい話題としても、様々な業界の8月の中期決算報告を見ると先行きが不安になってしまいます。私も扱う食品・酒類としても気になるのは、昨日の記事では“コンビニ大手5社が揃って減益”とか、今日の記事であった“スーパー大手4社収益悪化”とか...もちろん百貨店でも何年も苦戦続きと報道されてますしねぇ~大きな小売業界が軒並み総崩れみたいな状況のようです。まぁ、ユニクロさんの様に成長を続けている会社もあるようではありますが、ゴクゴク稀な少数派ですもんね、きっと。
 外食産業も厳しいって聞きますし、消費行動はかなりシビアになっているのは間違いないんでしょうね。

 そうは言っても、ウチみたいなちっちゃな個人商店は政府の景気回復策がどう影響するかも分かりませんし、金融機関が融資の返済を待ってくれるとも思えませんから、自分で頑張るしか無いわけですけどね。
 中食がブームと言われる昨今ですから、ウチみたいな店はご近所さんとかには特に便利なんじゃないかなと思いますので、今まで通り、地元密着、休まずの営業を続けて行きたいと思っております。
 それをするにも、まずは健康管理。っていうか実はそこが一番自分でもビクビクするところだったりするわけですけど...苦笑
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2009-10-10 15:29 | 店主のひとりごと | Comments(0)


日本の地ビール、今度はココから...

                  <浜千鳥の会、参加者募集中です!>

 10月になって早や1週間。ブログの更新も1週間ぶりとなってしまいました。更新されなくて心配された方もいないと思いますが、お陰さまでインフルエンザの感染も今のところ無く、無事お店を開けておりました。総合的に言って“無事”と言えるかは、難しいところですが...苦笑
 ところで、これから大型の台風がやってくるようですね。2年ぶりの本土上陸だそうで、テレビなどでは警戒するようにと声を大にして言っています。私の住む盛岡、東北北部では滅多に直撃を遭わないんですが、今回もあまり被害を出さずに通り過ぎて行ってくれればいいですね。もう、ひたすら祈りましょう。

 さて、1週間ぶりの更新は、本日入荷したばかりの、ホットな情報ですよ!
 当店でベアレンビールと並び、人気を頂いているのがその他の各種ビール。中でも、東北6県を初め、様々に入れ替わりながらご提案させて頂いている県外地ビールコーナー。先日までは神奈川県厚木市の「サンクトガーレン」さんが並んでおりましたが、今日からコチラにチェンジです。
 それは...f0055803_1523890.jpg
 埼玉県川越市からお取り寄せした「コエドブルワリー」さんの3種類です。
 ご存知の方もいらっしゃるでしょうか?
 江戸の台所として栄え、“小江戸”と呼ばれていた川越市の居を構えたことからブランド『COEDO(コエド)』は生まれました。更に、当時から受け継がれてきた日本の伝統の色、表現などが使われた商品名はナンとも新鮮で斬新でカッコいいです。
 では、一つづつ見て行きましょう。
 5種類ほど造っている中から選んだ今回の3種類。左から「伽羅(Kyara)」。赤み掛かった褐色をしており、アロマホップの香り高く、きめ細かな泡立ち、ゆっくりと楽しんで頂きたい一本です。
 そして「瑠璃(Ruri)」。クリアな黄金色をしたピルスナータイプのビールです。ホップの香りと苦味のバランスに優れた味わいは、お食事と共に飲みたい一本です。
 更に「白(Shiro)」。小麦を使用した無濾過ビール、白く濁った印象のあるヴァイツェンタイプです。甘みを感じさせる香りと、フルーティーな味わいが人気の一本です。
 詳しい情報は、ブルワリーのHP(コチラもかなりの力作だと思われますよ!)をご覧頂くとして、是非、ご賞味下さいませ。

 PS.只今店頭では、年に一度だけ醸造され、そのレシピ・ラベルデザインが毎年異なるというアメリカの地ビール「アンカー クリスマス・エール2009」のご予約を承り中です。
 お問い合わせは当店までどうぞ!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2009-10-07 16:54 | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
Teruさん、ありがとう..
by yoshida-ya1201 at 13:29
10周年おめでとうござい..
by 姫 at 23:24
10周年記念おめでとう!..
by Teru at 16:33
ありがとうねぇ~って、コ..
by yoshida-ya1201 at 16:00
ブログジャンル
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧