ワインとチーズの店 よしだ屋日記


<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧



今年最後のワイン会のご案内です!

 今年最後となるワイン会を下記の日程で開催いたしますので、お誘い併せの上奮ってご参加下さいませ!
 よしだ屋の会は難しいことは一切ナシ!どなた様でも楽しんで頂ける会ですので、お気軽にどうぞ!
 今回は季節柄、各国の新酒をお楽しみ頂く予定です。フランス産ボージョレ・ヌーヴォーを初め、イタリア産ノヴェッロ、国産の新酒まで...どうぞお楽しみに!
f0055803_16561100.jpg
     日時  11月26日(土)19:00~
   会場  菜園、「クッチーナ」さん
   会費  お一人様 4,000円
   定員  30名様

[PR]
by yoshida-ya1201 | 2011-10-31 16:56 | イベント情報 | Comments(0)


よしだ屋の酒の会は次第に大宴会と化す...の巻

 10月も最後の日曜日、明後日からはもう11月ですね。今年もいよいよ押し迫って来た気がします。そんな今日も盛岡は穏やかな空模様になっています。

 では早速昨夜行われた日本酒の会の様子をリポートしていきましょう。
 14回目を数える今回の日本酒の会、テーマは盛岡の老舗蔵元「菊の司」さん(下の日記参照)です。そして会場にお願いしたのは桜山の老舗居酒屋、「福寿丸」さん。こちらも初めての会場ですのでワクワクします。
 で、今回ご参加下さったのは、初参加の6名を含め19名の皆様。その中には、先日行われた「全国きき酒選手権大会」に於いて4位と言う素晴しい成績を収められたコチラのお方もご参加下さいました。女性は5名のご参加でしたが、内4名はグループ参加でしたから、危うく紅一点となるところでしたよ(笑)
 
 徐々に集まる参加者、もちろん初対面の方もおりますが、顔見知りの方もいらっしゃいます。なのに受付の間中シーンとした張り詰めた空気を感じさせるのは、お座敷で座布団に座ったときに感じる日本人特有の緊張感なのかもしれません。そんな緊張感も乾杯と同時に砕け散るんですが...笑

 「菊の司」さんからお越し頂いた営業の高橋さんにご挨拶頂き、「福寿丸」の看板お姉さま、じゅんこさんにも一言頂いて、いよいよ乾杯です!
 時間の経過と共に、場は和み、周囲の方々同士話しに華が咲きます。離れた場所に座るお知り合いに駆け付ける方もあり、さしずめ大宴会の様相です。とても始まるまで知らない間柄だなんて信じられない空気感です。それは、〆の挨拶からも引き続き聞かれる賑わいからも感じられます。
 では、そんな皆さんの笑顔をご覧頂きましょう!
f0055803_1332191.jpgf0055803_1333070.jpg








f0055803_1333968.jpgf0055803_1334811.jpg








f0055803_1335758.jpgf0055803_134650.jpg






f0055803_138037.jpgf0055803_138125.jpg











f0055803_1343958.jpgf0055803_1344818.jpg








f0055803_1345778.jpg
 最後にこの日のメニューを...
   ・きのこと菊の花のおろし和え
   ・イカの塩辛  ・出汁巻き玉子
   ・秋刀魚の甘露煮  ・秋刀魚ロールフライ
   ・お刺し身(マグロ、サワラ)
   ・ツブの煮付け   ・自家製カクテキ
   ・シュウリ貝の潮汁

 ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました。「福寿丸」の皆様、遅くまで大変お世話になりました。

 最後にもう一言。私も皆様と多くのことを話させて頂きましたが、このように“お酒”って人と人を繋いでくれる最強のコミュニケーションツールになり得るものだと思います。そこには県内も県外もありませんが、是非お酒を愛する皆様には、飲食店などへ行かれる際には「地酒では何がおススメ?」などと聞いて頂きながら、地酒に対しての愛情も忘れずにお持ち頂きたいと思います。南部杜氏の里として全国に名だたる岩手県です。この文化は飲んで頂く皆様が存在して初めて将来に渡って継続し得るのだと思いますので...
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2011-10-30 13:16 | イベント情報 | Comments(0)


日本酒の会、出品酒の発表です!

 今日もスッキリと晴れ渡った盛岡、日差しが降り注ぐ地表は気温も高く、過ごし易い一日になりそうです。
 今朝のニュースで羽田空港にボージョレ・ヌーヴォーが到着したことを伝えていましたね。解禁は第3木曜日、今年は17日午前0:00です、皆様お忘れなく!当店にも以前ご案内した7種類のヌーヴォーが入荷予定ですが、着々とご予約も増えております。毎年十分な本数を予想して注文していますが、なにせ予約するのが3ヶ月前だったりするので見込みも難しいんですよね。なので解禁になると早々に完売してしまう例年の状況です。お早目のご来店、もしくは事前のご予約をお勧めいたします!

 さぁ、今夜は14回目を数える日本酒の会の日。今宵も皆様と一緒に美味しい岩手の地酒に舌鼓を打ちましょう!では、今日お出しするお酒の数々をご紹介していきますね。f0055803_13182742.jpg
 今回のテーマとなる蔵元はよしだ屋から中津川を挟んで反対側に位置する「菊の司酒造」さんです。岩手を代表する老舗蔵元ですよね!
 まずは乾杯。いきなりですが、蔵を代表する人気のお酒、「てづくり大吟醸」でスタートしましょう。“美山錦”を50%まで精米して造られるこのお酒は、昔からの人気商品。蔵のフラッグシップとも言える逸品です。
 続いては、季節のお酒、「ひやおろし純米原酒」です。ひと夏を超えてまろやかになったこのお酒は冷と燗で楽しんでみましょう。
 そして「純米吟醸 亀萬歳」を。幻の米として脚光を浴びた“亀の尾”を使用したお酒です。50%まで磨いており、贅沢に造られたお酒です。
 更に同じ“亀の尾”を使用した「純米生原酒 亀の尾仕込」を比べてみましょう。コチラは昨年末、「しぼりたて」として発売されていたお酒ですが、「亀萬歳」との違い、ほぼ一年経った変化を味わってみましょう。チョット燗をしてみたものも試して頂きますよ。
 そして今回の〆は、老舗蔵元ならではのお酒「大吟醸 長期熟成五年酒」を。このお酒は一本目の「てづくり大吟醸」の5年物になりますが、5年の歳月は清酒の味わいにどんな変化をもたらすのか、最後にゆっくりと味わって頂きたいと思います。

 以上、5種類のお酒を7つの味わいで感じて頂きます。
 お店の美味しい肴をつまみながら、日本人で良かったと感じて頂けるひと時になることでしょう、きっと。
 ご参加の皆様、よろしくお願い致します!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2011-10-29 13:43 | イベント情報 | Comments(0)


今年もリンゴの季節がやって来ました!

 今日も気持ちよく晴れた盛岡。朝の冷たい空気も気持ちを引き締めてくれるようです。
 昨日、プロ野球界では新人選手のドラフト会議が行われたんですね。今年も大学を中心に目玉と目される選手も多かったようで、岩手大学からソフトバンクに育成枠で選ばれて喜ぶ選手もいれば、意に反して籤を引かれた選手もいたようで、毎年悲喜交々ですね。行きたいチームを選べないルールも気の毒ですが、4年連続最下位に低迷している横浜ベイスターズ、球団の先行きも気になるところですが、抽選でも2回も籤運に見放されるという気の毒さ。もっと巧い方法はないモンなんでしょうかね?
 まぁ、来年は盛岡でオールスター戦を開催するそうで、そこは驚きの大英断をしてくれましたね!

 さて、今日のご紹介はコチラ。冬ですねぇ~笑f0055803_13243394.jpg
 ベアレンさんの冬の定番「アップルラガー」「クリスタル」と共にラベルも一新しての発売になりました。
 ベルギーなどではポピュラーなフルーツビール、日本ではまだ少ないカテゴリーかもしれません。が、ベアレンさんでは数年前から発売して以来人気を博しています。毎年この時期をお待ちかねの方も多いんじゃないでしょうか。
 このビールに使われているリンゴは「さんさ」という品種が中心になっています。
 この果汁を醗酵途中に加えて造られるわけですが、香料など添加物は一切使用せず、炭酸ガスも含め、全てが自然の味わいです。
 「アップルラガー」はリンゴの仄かな甘さとフレッシュな口当たり、アルコール度数も5%あり、ビールらしい苦味も少し感じられます。で、思ったほど濁ってないんですよ、今年は。
 そして、「クリスタル」。こちらは「アップルラガー」を濾過しているタイプで、よりスッキリとした甘みを感じさせます。アルコール度数もコチラは3.5%ほどと低めです。こっちの方は本数は限定されるため、早期完売が予想されています。お早めにどうぞ!

f0055803_13461730.jpg で、本来今日が発売日で、入荷するのも今日かと思っていたんですが、実は昨日の夕方には到着しておりました。そんなことを知ってか知らずか、いや、知らないはずなのに昨日のサロンは賑わいを見せ、終わってみればこの通り(笑)
 常連さんを中心に5名様が丸いテーブルを囲んで下さいました。しかも内3人は女性ですよ!
 ココで出会って顔見知りになっていることもあり、ビール片手に会話も盛り上がります。終わって数えてみると、ベアレンだけで12本。他にもあくらビールやらコロナ、中には雪っこ!?
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2011-10-28 13:54 | ビール関係 | Comments(0)


エーデルワイン「かぐみ」とワイン会...

                 <菊の司の会、参加者募集中!>
             只今、19名様ほどの表明を頂いております。締め切り間近か!

 晴れ間も見えていますが、時折雨も降る不安定な今日の盛岡の空模様。寒さも日増しに強く感じる季節、冬ももうすぐそこまで来ていますね。
 昨日のニュース、globeのKEIKOがくも膜下出血で救急搬送されたそうです。まだ39歳と言う若さにビックリしましたが、この年代にも多い病気なんですってね。しかも女性の方が発症率が高いんだとか...てっきりお爺ちゃん中心の病気かと思っていたので衝撃的でした。生活習慣が大切なそうですが、気をつけないといけませんね。何ら気をつけてない私ですが...
 もう一つ、この度、岩手県オリジナルの麹菌が開発されたそうです。その名も「黎明平泉」。これで酵母も「ゆうこの想い」と「ジョヴァンにの調べ」があるし、もちろん酒造好適米だって「吟ぎんが」や「ぎんおとめ」があります。水は言うに及ばず。これで完全岩手県産清酒の完成!スバラシイじゃあ~りませんか!

 さて、今日の本題はコチラ...f0055803_13293114.jpg
 岩手県産ワインのリーディングカンパニー、「エーデルワイン」さんが今年発売したという新商品、「かぐみ」です。
 赤と白の2種類がありますが、商品名の“かぐみ”は“芳しい(かぐわしい)”という香りを表現する言葉から来ているようですね。
 そしてこれらのワインの特徴と言えば、他ではあまり見られないブレンドだと思いますが、ワイン専用品種と食用品種をうまくブレンドして造られていることでしょうか。
 具体的には赤ワインは“メルロー”70%と“キャンベル”30%から出来ていますし、白ワインには“リースリング・リオン”が50%と“紅伊豆”が50%がといった具合です。
 専用品種から表現される渋味や酸、食用品種からは華やかな香りやフルーティーな味わいが表現され、絶妙なバランスが取れているようです。価格がリーズナブルなのも嬉しいですね!

 そんなエーデルワインさんが今度こんなイベントを開催するそうですよ!f0055803_13463757.jpg
 『エーデルワインを楽しむ夕べ』
 日時 11月22日(火)18:30~
 場所 ホテルメトロポリタン盛岡 本館4F
 会費 お一人様 2,000円

 何と言っても会費の安さにビックリですが、内容は盛りだくさん。数十種類にも及ぶエーデルワインさんの商品が飲み放題状態で並び、もちろんお食事もバッチリご用意されているんですって。
 みんなで行きたいイベントですよね!
 更に、週末は「よしだ屋ワイン会」だ!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2011-10-26 13:58 | ワイン | Comments(0)


“グイッと東北!--飲んで語って明日もやるぞ!--”

                   <菊の司の会、参加者募集中!>
             只今、15名様ほどの表明を頂いております。まだまだ大丈夫ですよ!

 日曜日の今日、曇り空の盛岡です。予報は雨でしたから、曇りでも十分ありがたく感じますね!
 そんな今日もマッタリ営業中のよしだ屋。時々お客様にもご来店頂き、感謝感謝です。
 今日の話題はコチラ...昨日の新聞で見つけたんですが、皆さんはご存知でしたでしょうか?
f0055803_1554778.jpg

 “グイッと東北”なるこの運動。震災から7ヶ月が過ぎましたが、これから先、復興への道のりは長い長い時間を要すことでしょう。マラソンにも給水所があるように、『酒の場』にはお互いの労を労ったり、将来の夢を語り合ったり、肩の力を抜いてくれる力があると思います。そんな思いを込めて、東北の地方紙8紙と東北地方にある酒類メーカーが協力して立ち上げたようです。
 長い道のり、息切れせずに、美味しいお酒を飲んで語って毎日を頑張りましょう!
 

 さて、話しはチョット変わりますが、岩手ことに盛岡にお住まいの皆さんは“岩手の地酒”にどんな印象をお持ちでしょう?美味しいと思いますか?それとも美味しくないと思っていますか?
 私の個人的な印象ですが、盛岡の飲食店さん、特に大手チェーンの様な大きなお店ではなく、地元密着型のこだわりを持ったお店って“岩手の地酒”よりも“県外酒”を多く扱っているお店が多い気がしませんか?中には“岩手の地酒ゼロ”なんてお店があったりもしますよね。
 もちろん私も県外にも沢山美味しいお酒があろうことは認めますし、店主のこだわりでそう言ったお酒を一杯揃えていることにも何ら異議は無いんですが、気になるのは、そう言った方々にお話しを聞くと“岩手の地酒”に対する評価がとっても低いことです。
 “岩手の地酒”は“岩手の地酒”であって、他県のお酒と同じ味なわけもありませんし、そこを目指す必要もありません。お店の方が他県のお酒を好むのは自由ですが、それは一般消費者の声なのか??単なるエゴじゃないのか??私は時々不思議に思うんですよねぇ~
 
 酒屋としての私の心情は“こだわりの無い酒屋”、“どんなお酒も不味くは無い”。世界中にあるワインが中心の店ですから、店に合う価格帯で仕入れ可能な物であれば何でもオッケーというスタンスです。しかし、日本酒に関しては地元に対してのこだわりを強く持っています。
 酒屋なり飲食店なり、お酒を扱うプロって個人的な好みは置いておいて、どんなお酒でもそのお酒の個性・良さをお客様にお伝えして手にとって頂く、飲んで頂くことだと思います。どんなワインだって、どんな日本酒だって造っている人がいて、美味しいといって飲んでくれるファンもいるんですから。
 などと、エラそうなことを言ってしまいました。このブログを見ている飲食店の方もいるかもしれません。もし、気を悪くされた方がいたら申し訳ありません。チョットした私のこだわりだと思ってお許し下さいませね! 
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2011-10-23 16:30 | 店主のひとりごと | Comments(4)


ついに復活第1弾!しかし、在庫はゴク僅かです...

                   <菊の司の会、参加者募集中!>
             只今、15名様ほどの表明を頂いております。まだまだ大丈夫ですよ!

 今日も秋晴れの空の下、清清しい気分でありますねぇ~金銭的な面はともかく...笑
 昨日は人気デュオ“ゆず”の北川悠仁さんとコチラも人気のフリーアナウンサー、高島彩さんの結婚が発表されましたが、ココに来て私の手元にも結婚披露宴の招待状が2通も届いております。
 お一人は数年前にあるバーで知り合い、飲み友達のような男性。最近は会う機会も少なくなっていますが、当時はお互いを“〇〇ナイbrothers”なんて言いながら、酒ばかり飲んでたのに、先に行っちゃうとは...そして、もう一人はお取引をさせて頂いている飲食店の社長さん。
 去年の6月に同級生の披露宴でスピーチまで頼まれたことがありますが、身内以外にあまり経験のない私。しかも来月はお二人続けて幸せになるなんて、羨ましいことですね!しっかりとお二人のお幸せを祝福しに駆けつけなくては!私自身の将来は???なんですが(笑)

 では、おめでたい流れで、今日のご案内はコチラ!
f0055803_1443416.jpg
f0055803_1445637.jpg もう、この写真だけでお分かりでしょう。
 去る3月11日、あの信じられないような巨大地震とその後の津波に寄って、壊滅的な被害を被った陸前高田市の大手蔵元、「酔仙酒造」さんから復活第1弾となる「雪っこ」がついに発売されました。
 この「雪っこ」、既に皆さんもご存知と思いますが、県内外に大人気を誇っている“活性にごり原酒”です。アルコール度数が20%ほどもありガツンと来ますが、真っ白くトロッとした液体は甘みも強く感じさせますよね。
 今回の震災により、内陸の一関市にある岩手銘醸・玉f0055803_1422732.jpgの春工場を借りての製造となりましたが、その味わいは何ら変わっていないように感じられます。
 これまでは瓶詰めなどサイズも各種ありましたが、まずは一番人気の180mlのアルミ缶が発売になりました。が、初回製造は4500本、更には各方面からの注文も多いことから、十分な量を確保することが難しい状況のようで、当店に入荷したのは僅かに5本だけ!?
 今後もアルミ缶に加え900mlなども順次発売されるようですが、入荷の予定はイマイチはっきりしません。
 なので、書こうか迷ったんですけどね!
 という状況ですので、ご来店頂いても在庫がない場合も考えられます。なので当店に限らず他店で見掛けた際でも迷わず買っちゃうことをお勧めいたします!
 
 最後に、アルミ缶の上部に貼っているシールから蔵元の言葉を...
   『がんばっぺし!ご支援に感謝、再デビュー。福幸生原酒、雪っこ。一生懸命つくりました。』 
 蔵元にはこれからも頑張って欲しいですし、私たちは販売し消費して応援して行きましょう!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2011-10-21 14:50 | 岩手の地酒 | Comments(2)


チリのエチャベリアから新商品です!

                  <菊の司の会、参加者募集中!>
             只今、15名様ほどの表明を頂いております。まだまだ大丈夫ですよ!

 今日はスッキリと晴れ渡った盛岡。空気は体を引き締めるようにヒンヤリと感じますが...
 昨日はプロ野球が盛り上がりましたね!パ・リーグでは最終戦で西武がオリックスを1毛差で逆転で3位を掴み取り、セ・リーグでは中日が連覇達成。中日の連覇って初の快挙なんだそうで、賛否はあっても落合監督ってやっぱりスゴイ人なんですね!今シーズンで退任なんて勿体無いよなぁ~
 ダルビッシュは大リーグに行っちゃいそうだし、来期はどんなシーズンになることやら...

 さて、今日はコチラのワインをご紹介しましょう!チョット前に入荷してたんですが、書きそびれておりました...f0055803_14193392.jpg
 当店にご来店された方はご存知かもしれませんが、オープン当初から当店のイチオシとしてご案内しておりますチリの「ヴィーニャ・エチャベリア」のワインです。
 途中、インポーターが変更になるなんて想定外のこともありましたが、今でも県内では当店だけで扱っていると思われるエチャベリアから新たに「ピノ・ノワール リゼルヴァ」が新発売になりました。
 冷涼な土地で収穫されたブドウをステンレスタンクで醗酵させ、全体の25%はオーク樽で12ヶ月の熟成を経て出荷されます。
 味わいにはピノ・ノワールらしい木苺やベリー系といった果実味に富み、熟成によるニュアンス、全体的に繊細でエレガントな印象を与えてくれます。

 そもそも「エチャベリア家」は、フランスとスペインの国境バスク地方にルーツを持ち、1740年にチリへ移り住んでいます。その後、1900年代初頭から持ち込んだブドウの苗木でブドウの栽培を始め、フランスの古典的なワイン醸造を続けている家族経営のワイナリーです。目指すワインのスタイルは濃縮感やインパクトよりもエレガンスとバランスを重視し、「品質追求に終わりは無い」という理念のもと、無農薬・有機栽培、100%手摘みとブドウ栽培に最大のこだわりを持ち続けています。
 1992年からは輸出を開始し、今では全生産量の99%が世界へ向けて出荷されています。
 今では、チリ国内でもコンサルタント的な立場で高品質のワイン造りに取り組んでいるエチャベリアです。

 そう言えば、以前、東京の方から突然こんな電話がありました...
 「レストランで見かけて美味しかったので探しているんだが、お店で見つけられない。検索したら盛岡のよしだ屋を見つけた。送って欲しい...」と。 
 発売元の意向で一県に一店程度の流通と言っていたのでこんなことも起こったんでしょう。
 盛岡で買うなら「よしだ屋」ですよ!笑
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2011-10-19 14:54 | ワイン | Comments(0)


ある方の“ワインセラー”をお譲りします。

                   <菊の司の会、参加者募集中!>
             只今、10名様ほどの表明を頂いております。まだまだ大丈夫ですよ!

 新しく始まった一週間、雨のスタートになっちゃいましたね。
 昨日は関東で30度になったところもあったそうですね!?この時期に...盛岡でも最近は寒さが緩んで過ごし易い日が続いていますが、そんな悠長な話しではないのかもしれませんね。
 日本の震災、台風に始まり、現在はタイの大雨と気候もおかしな世界。そしてニューヨークに端を発した民衆のデモは世界的な広がりを見せ、日本でもデモが行われたそうですね。主張は各地で一つではないようですが、格差問題が根本にあるのはきっとそうなんでしょうね。
 上を見てもキリがない、下を見てもキリがない。私はもっと自分の足場を固めないとな...

 なんて、フト思う今日この頃。実は週末にチョット寂しいお話しがありまして...
 土曜日の昼過ぎに突然店に入ってきた男性。「あ~、お久しぶりです!お元気ですか?」と私。
 実はこの方、私が問屋時代にお世話になった酒屋の社長さん。
 彼は老舗だった酒屋を継いだ後、地元に出来たショッピングセンターの中にテナントとして大きな売り場を持たれていました。日本酒やワインにも力を入れられており、当時は2トン車に満載に積んだ荷物の半分くらいがコチラのお店で降ろされるほどに販売量もあったんですよ。
 しかしその後、周囲にはドンドン大きな店舗も出来、競争は激化し、更には酒販免許の緩和からショッピングセンター自体が免許を取得できるようになったこともあり、ついにこの男性は撤退を決意したそうです。
 私には繁盛していた売り場の印象しか残っていませんでしたから、よもやそんな状況になっていたなんて...

 私のところを訪ねてきたのには頼み事があってのことでした。それがコレ...f0055803_13543617.jpg 
 お店で使っていたワインセラーです。「ファウンヴィーノ180」というタイプの大型セラーです。HPを見ると現在は新品の在庫は無いみたいですね。家庭用と書いてありますが、まぁ普通は業務用ですよね、180本も入るんですから。
 で、このセラーの処分に困っているそうで、私の知っている方で欲しい人は居ないかなぁ~というお話だったんです。中古品店っていう選択肢もあるんでしょうが、少しでも高くということなんでしょう。
 正直、私も売れる自信なんて全くありませんが、彼のダメモトで訪ねて来てくれた思いを無碍に断ることも出来ず。取り合えず皆様にもご紹介させて頂きます。
 4年ほど前に新品で購入したものだそうで、性能には全く問題ないそうです。新品価格ではHPにもあるように27万円前後するもののようですが、価格は取り合えず応相談とさせて頂きますか。
 もし、個人・飲食店・メーカーに関わらず、気になる方、またお知り合いで欲しがってる人がいる方はご検討頂ければと思います。

 あとは、「先は未定だけど、酒の業界からは離れるよ」と言っていた彼が良い出会いや職に巡り合える様にと願うばかりです。
 なんて、私も他人事じゃないよなぁ~苦笑
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2011-10-17 14:14 | 店主のひとりごと | Comments(0)


今度は秋田だ!

                 <菊の司の会、参加者募集中!>
             只今、10名様ほどの表明を頂いております。まだまだ大丈夫ですよ!

 10月も半分が過ぎてしまいましたねぇ~今日の盛岡は雨がシトシト降っていますが、予報ではコレから更に大荒れになりそうです。折角の週末、晴れて欲しいものですが...
 昨夜はテレビで世界体操を見ていた私。しっかしあの内村航平選手はスゴイですね!他を寄せ付けない圧倒的な強さで3連覇達成。しかも6種目全てでほぼ完璧とも思えるような試技、着地もビシッと決めるんですから。なんであんなことが出来るのか??練習の賜物とは言え、人間の能力ってスゴイモンですね!笑

 さて、今日は本日入荷したばかりの地ビールをご紹介しましょう!
 先日までご好評頂いていた富山県の「城端麦酒」さんの商品に変わり入荷したのはお隣り、秋田県から久々登場の「あくらビール」さんです。
f0055803_1433699.jpg 今回選んだコレは初めてかな?
 「秋田美人のビール」「なまはげボック」。思いっきり秋田県をアピールしてますよね!笑
 まずは前者。コチラはミュンヘナー・ヘレスと呼ばれるタイプで、ドイツ・ハラタウ産の良質なホップを惜しみなく使い造られた黄金色したラガービールです。その味わいは2007年のインターナショナル・ビアコンペで最優秀銀賞(金賞は該当なし)を受賞したことでも明らかです。
 しかもこのビールのスゴイところは、通常は醸造の過程で無くなってしまうホップに含まれるポリフェノールを残すことに成功したってことにもあります。このポリフェノール、コラーゲンの破壊を抑制する働きがあるんだそうで、だから「秋田美人のビール」なんですね!

 一方の「なまはげボック」。こちらは文字通りボックタイプでアルコール度数が7%ほどあります。ドイツ・バイエルン地方のボックをお手本に造られたこのビールには、秋田県のオリジナル酵母が使われており、通常よりも長い2ヶ月以上の熟成を経て造られています。麦芽由来の濃厚でコクのある味わいが魅力です。
 この魅力は、2010年に横浜で開催されたジャパン・ビアフェスティバルに於いて来場者の一番人気の高かったビールに贈られる知事賞を受賞していることでも実証済みです。

 どうです?飲んでみたくなったでしょ?お試しあれ!笑
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2011-10-15 14:40 | ビール関係 | Comments(2)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
Teruさん、ありがとう..
by yoshida-ya1201 at 13:29
10周年おめでとうござい..
by 姫 at 23:24
10周年記念おめでとう!..
by Teru at 16:33
ありがとうねぇ~って、コ..
by yoshida-ya1201 at 16:00
ブログジャンル
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧