ワインとチーズの店 よしだ屋日記


<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧



チョコスタに続いてはコチラです!

 今日も青空に恵まれた盛岡、心なしか降り注ぐ陽射しも暖かく感じられますね。チョットづつ春めいて来たんでしょうか?いやいや、まだまだ寒さはこれからですよね!

 では早速ですが、今日はコチラの商品をご紹介しましょう!f0055803_15365621.jpg
 1月のベアレンさんの限定ビールと言えば初旬に発売される「チョコレートスタウト」が定着した感がありますが、それに続いて登場するのがコチラ、こちらもココ数年のお馴染みとなりました「チョコレートスタウト・ヴィンテージ」です。
 こちらは更に濃厚な仕上がりになっているんです。何しろアルコール度数が9%、ベアレンさんが造る様々なビールの中でも最高度数を誇っています。ですので、味わいもよりビターな印象がありますし、長期の保存も可能な逸品です。
 ベアレンさん的には“1年以内に...”と謳っていますが、私個人的にはもう少し長く持っていても元気な状態が続きそうじゃないかなと思っております。熟成するタイプですからね!
 むしろ、今すぐ買って飲むよりも、しばらく置いておいてからの方がマイルドになって飲み易いかも...などと思ったりもしますが、そこは各自のご判断でどうぞ!笑
 「チョコレートスタウト」とあわせ、来月のバレンタインデーにお酒好きな方へ贈るのもピッタリ!
 なお、今回の「ヴィンテージ」の方が数量は少ないと思われますので、どうぞお早めに!

 おまけ...
 「よしだ屋」の裏庭にこんなものが出現しましたよ!笑
f0055803_15562724.jpgf0055803_15564239.jpg
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2013-01-30 15:57 | ビール関係 | Comments(4)


3日間に渡るワイン会、大盛り上がりとなりました!

 金土と荒れ模様で随分積もった雪ですが、その後は晴れの日が続いていますね。寒さは相変わらずですが、目の前の道路も黒い路面を剥き出しにしています。

 さて、数えて42回目となる「よしだ屋」のワイン会、毎年1月だけはスペシャルってことで開催しておりますが、今回も大いに盛り上がり楽しい会となりました。
 今回会場にお願いしたのは桜山のイタリアン「Rocare Ascia(ろかーれ・あーしゃ)」さんです。山田町から移転オープンして1年ほどの新しいお店ですが、今回は3日間貸し切りにして頂き、素晴らしいお料理をご提供して下さいました。
 参加されたのは男性が17名に女性が12名の29名、毎日バランスよく集まって下さいました。そして毎回感心するんですが、ギリギリで欠席される方はもちろん居りませんし、それどころか時間前には見事に集まるんですよ。素晴らしい~
 初日の土曜日は初参加の方が3名、中には仙台・北海道からご参加下さった方までいらっしゃいました。終わってみれば一番大人しい雰囲気だったかもしれません、普段よりもゆっくりとした流れになりました。
 翌日曜日は、4組のご夫妻を含む5対5。普段からお付き合いのある方も多く、徐々に盛り上がる空気。最後には残った7人で更にお金を出し合って、お店の「バルバレスコ」まで飲んじゃいました。終わってみれば11時過ぎ、最長記録ですね!笑
 最終日の昨日もお互い顔なじみの方が多くお集まりになりました。そのせいか、始まって間もなくから大いに盛り上がり、賑わい度は一番だったかも。ペースも一番早く最後の一品には「アスティ・スプマンテ」を追加で頂く始末。それでも終わった時間は早かったんですから(笑)
 普段は食べない私も今回ばかりは一緒に席に付き、毎日美味しいメニューに舌鼓を打たせて頂きました。3日それぞれに楽しい会となりました。ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました!

 では、素敵なお料理を中心に会の様子をご覧頂きましょう。f0055803_14341684.jpgf0055803_14343543.jpg









f0055803_14345015.jpgf0055803_143557.jpg








f0055803_14352154.jpgf0055803_14353458.jpg








f0055803_1435478.jpgf0055803_1436131.jpg








f0055803_14361894.jpgf0055803_14363188.jpg









f0055803_14364372.jpgf0055803_14365562.jpg








f0055803_14371135.jpgf0055803_14372414.jpg

 最後に、今回特別に作って下さったスペシャルメニューはコチラ...
   アミューズ:山田産ホタテのタルタル
   前   菜:宮古産タラの昆布〆のカルパッチョ
          鶏胸肉のガランティーヌ
   パ ス タ:魚介と海のパスタ(昆布とワカメを練りこんだ生パスタ)
          木野子のカルボナーラ
   口 直 し:柚子のシャーベット
   魚 料 理:宮古産サーモンのグリル タイムのソース
   肉 料 理:牛タンのシチュー パイ包み
   ド ル チェ:クラシック ガトーショコラ

 駒場シェフはじめ、スタッフの皆さん、3日間本当にお世話になりました。ありがとうございました!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2013-01-29 15:02 | イベント情報 | Comments(0)


今日からワイン会、3連チャンです!

 昨日から降り続いている雪、朝までにどれだけ積もったんでしょう。予報どおり、大荒れ、大雪の週末になりましたね。今この時間も細かな雪が降り続いています、どこまで積もるやら...

 さて、そんな今日から始まるのが「よしだ屋ワイン会」。奇数月に開催している定例の会ですが、1月はよしだ屋がオープンした月でもありますから、メーカーさんの協力も頂いてチョットだけグレードアップしたワインをお出ししております。会場にお願いする飲食店さんも普段は30人近いスペースを重視しますが、1月の会だけは小スペースのお店でも可能ですし、普段は予算的に難しいお店でもお願いすることが出来ます。ご参加される皆さんには普段よりも会費が高くなってしまい申し訳ありませんが、新しいお店を知って頂く良い機会になっているのではとも思っております。
 ってことで、今回お願いしたお店は桜山にオープンして1年ほどになる「ろかーれ・あーしゃ」さんです。10人づつの3日開催、果たしてどんな会になりますことやら...笑

 では早速、お出しするワインをご紹介していきましょう!今回はこの日のためにお取り寄せしたワインが中心となっていますから、基本的には店頭に並んでないワインばかりですよ。f0055803_13363072.jpg
 まずは乾杯。もちろんシャンパーニュから始めましょう。「アンリ・グートルブ キュヴェ・トラディション」です。アイ村にあるこの造り手はブドウの栽培から一貫して手掛ける、いわゆるレコルタン・マニュピュランです。品種の構成は“ピノ・ノワール”70%、“シャルドネ”25%、“ピノ・ムニエ”5% 。およそ3年もの長い時を掛けて丁寧に造られる逸品です。
 続いてはロワール地方の銘醸地「サンセール2011」です。使われているブドウはもちろん“ソーヴィニヨン・ブラン”ですね。
 白ワインの最後は「J・ドルーアン サン・ロマン2011」です。ブルゴーニュ地方の外れとも言えるようなエリアですが、“シャルドネ”の最高峰とも言えるコート・ドール、楽しみですね!f0055803_14425341.jpg
 ココからは赤ワインが5本続きますよ。
 まずは、ブルゴーニュから「J・ドルーアン ペルナン・ベルジュレス2009」です。価格だけ見れば後半に持って行きたいところですが、綺麗な“ピノ・ノワール”から始めましょう。
 続いてはイタリアの「ロッソ・デ・モンタルチーノ2010」です。トスカーナ州の高級ワイン、“サンジョベーゼ”から造られる「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」の弟分みたいなワインですよね。12ヶ月の樽熟成が行われているようです。
 3本目はスペインの銘醸地、リオハから「シエラ・カンタブリア リゼルヴァ2006」です。“テンプラニーリョ”100%で芳醇な味わいを楽しませてくれそうです。 
 続いて、フランスのボルドー地方右岸のワイン、「J・Pムエックス ポムロール2009」を。「シャトー・ペトリュス」のオーナーとしても知られるムエックスが手掛けるこのワイン、ブドウ品種は“メルロー”80%、“カベルネ・フラン”20%です。
 そして今回のオオトリはこれ!サンテミリオンに幾つのもシャトーを所有しているナイベルク伯爵がブルガリアで造ったエニーラシリーズの中から「エニーラ リゼルヴァ2006」です。“メルロー”73%、“シラー”12%、“カベルネ・ソーヴィニヨン”10%、“プティ・ヴェルド”5%で造られるこのワイン、更には18ヶ月もの樽熟成を経て出荷されています。このワイン、ボルドーで造ったら幾らになるの?って言われるほどのワイン、楽しみですねぇ~

 いかがでしょう。今回のランナップは。我ながら、楽しみなラインナップになったと自負しておりますが。今日から3日間、私も皆さんと一緒に楽しみたいと思います(笑)
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2013-01-26 14:44 | イベント情報 | Comments(0)


「よしだ屋」、お誕生日おめでとう!

 今日も青空が広がり気持ちのイイ盛岡です。予報ではこの天気も今日だけ、明日からまた雪・寒さが戻ってくるみたいですが...
 でも、夕方暗くなる時間も徐々に遅くなってるし、春に向かって進んでいるんですね!

 さて、実は本日1月23日は「よしだ屋」の7歳の誕生日なんです。
 2006年1月23日、週の初めの月曜日でもあり、「1,2,3、ダァーッ」っていう覚え易く、勢いもあるこの日にオープンしたんです。あの時私は39歳になって間もなく、それが今や46歳ですもんね。なにより隣りの幼かった女の娘がこの春で小学4年生っていうんですから、時の流れを感じます(笑)

 思えば、当時、町の酒屋さんの廃業や転業が相次いでいる時代。身内はもちろん、酒業界の人たちからも「止めておけ」と言われたものでした。そんな声を押し切る形でオープンした「よしだ屋」ですが、多くの素敵なお客様にも恵まれここまできました。
 ある人は開店前から通ってくれ、パソコンの設定をしてくれたんです。そのお陰でこうしてブログを書ける様になったんですから、彼は最初の恩人です。その後、「ココで軽く飲めたら最高だよねぇ~」って言って下さったお客様の一言で、今や常連さんを中心に賑わいを見せるサロンが出来たんですから、その方もまた恩人です。もちろん、何度も通ってくださる多くのお客様や飲食店の皆様に支えられて小さいながらもここまで続けることが出来ました。
 よく常連の方々には「よしだ屋さんのお客さんってイイ人多いよねぇ~同級生は変わってる人多いけど...笑」なんて言われますが、ホントお客様に恵まれたことに感謝、ありがたいことです。

 そして毎日元気に店を開けられる自分の健康な体にも感謝です。実際に中身も健康かと言われると微妙な気もしますが、きっと毎日店を開けてることこそが健康の秘訣になってるんじゃないかと思う今日この頃です。

 さぁ、あとは安倍さんが言うように、景気が良くなって皆さんの収入が増えてくれれば言うこと無し!笑
 ってことで、8年目へ突入する「よしだ屋」もよろしくお願いします!!
f0055803_1427337.jpg

[PR]
by yoshida-ya1201 | 2013-01-23 14:27 | 店主のひとりごと | Comments(4)


地元、盛岡の老舗蔵元から「しぼりたて」入荷しました!

 大寒だった昨日はそれほどの寒さではなかった盛岡、今日も空は快晴、気温も1月にしては高いんじゃないっていうくらい穏やかな天候ですね。このまま春に...なんてわけはありませんね!笑
 月曜日の今日、チョット店に来るのが遅くなってしまったんですが、開店早々嬉しいお客様がご来店くださいました。まだまだお若いその男性は、最近ワインの美味しさに目覚めたそうで、ネットで見つけた「よしだ屋」まで来て下さったんです。しかも聞いてビックリ、お隣り秋田県の鹿角市から高速を使って...
 なんて嬉しいことでしょう!こう言うときに店をやってて良かったなぁ~って思いますよね!
 嬉しい出来事で始まった今週も頑張って参りましょう!

 では、今日はコチラの商品をご紹介しましょう!f0055803_15224229.jpg
 昨年末から各社発売になっている「しぼりたて」ですが、今回は地元盛岡の老舗蔵元「菊の司酒造」さんからコチラの商品を入荷しました。
 「無濾過純米生原酒 亀の尾仕込み」です。
 “亀の尾”という原料米は“幻の酒米”という前置詞が付くほどに有名なお米ですが、そもそもは明治期に山形県で誕生したと言われています。しかしながら、倒伏しやすく化学肥料を使うと米が極端に脆くなるなど、栽培が難しいことから半世紀に渡って絶滅していました。が、「あの米で造った酒は旨かった」という伝説を再現すべく現れたのが「夏子の酒」で有名になった新潟県の久須美酒造さんです。地元山形の鯉川酒造さんも同様の夢を追いかけていたんだそうですが...僅かな種籾から復活させて今の時代に復活した“亀の尾”、現在では随分栽培量も増えてきているようです。
 
 岩手では限られた蔵元のみで使われていると思いますが、今回のこのお酒はそんなお米で造られているんです。これだけでロマンを感じますよね!笑
 味わいは、新酒ならではのフレッシュ感、純米ならではの旨味に加え、適度な酸が味を引き締めてくれています。是非、味わって頂きたい旬のお酒と言える逸品ですよ。
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2013-01-21 16:19 | 岩手の地酒 | Comments(0)


フィリップ・カスティージャが手掛けるワインを...

 今朝もガッチリ冷え込んだ盛岡です。この時間も空は気持ちよく晴れていますが、肌を刺すような空気の冷たさは中々堪えますね。
 先日、初めての方がサロンで飲んで行かれました。職場もお住まいもチョット離れていると言っていましたが、誰かに聞いたのか「来たいと思っていてやっと来れました!ココ、楽しいですね!」って感想を残して帰っていかれました。こうして小さな丸テーブルでまた新しい縁が出来たなら嬉しいですね。
 静かな日が続いていますが、毎日誰かしら飲みに立ち寄ってくれるこのスペース、ありがたいことです(笑)

 今日ご紹介するワインはいづれもフランスのボルドー地方メドック地区で造られたワインです。言わずと知れた世界を代表する銘醸地ですよね!
 メドック地区の赤ワインは1855年からほぼ変わることなく1級から5級までの厳格な格付けがなされています。ちなみに5つある1級だけを紹介しますと、「シャトー・ラトゥール」、「シャトー・ラフィット・ロートシルト」、「シャトー・マルゴー」、「シャトー・ムートン・ロートシルト」、隣りのグラーブ地区ではありますが「シャトー・オー・ブリオン」。どれもこれも高級ワインですので、当店に並ぶことはまず無いでしょう(笑)

 そんな中で年末から定番に加わったのがコチラのワインです。f0055803_15124297.jpg
 これらももちろんメドック産のワインですが、5級までに格付けされてはいません。
 右のワインは「ラ・ドゥヴィーズ・ド・ムーサス」、左が「シャトー・オー・マドラ」と言いますが、いづれのワインも5級に格付けされている「シャトー・ランシュ・ムーサス」と同じフィリップ・カスティージャが手掛けています。後者のワインはクリュ・ブルジョワ級とされ、その畑は「シャトー・ランシュ・ムーサス」の裏に面しています。醸造・熟成など全ての工程も同シャトー内で行われていると言いますから、畑の違いで格付けが変わる分かり易い例かもしれませんね。
 いづれのワインも使われているブドウは“カベルネ・ソーヴィニヨン”と“メルロー”。典型的なボルドー・メドックのワインと言えるでしょうか。滑らかな舌触り、程よいタンニンと果実味のバランスに優れた飲み応えのある味わいが魅力的なワインです。
 暖かくした部屋でユッタリ味わってみてはいかが?
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2013-01-18 15:54 | ワイン | Comments(0)


イタリアの名門、「マルティーニ」を定番に...

 気付けば一週間も更新せずにおりましたね。ご訪問下さっている皆様、申し訳ございませんでした。これからもネタを探しながら、更新して参りますので、どうぞよろしく!
 一昨日は大荒れになった日本列島。ココ盛岡では降るには降りましたが、まぁ普段通りっていうくらいでした。今回はむしろ沿岸部や関東方面で大雪になったみたいで、交通機関も大混乱だったようですし、成人式で晴れ着を着てる皆さんなどは気の毒なほどでしたね。
 寒さも雪もまだまだこれからです。足元には十分気をつけましょう!
 
 では、今日はコチラのワインをご紹介しましょう!f0055803_15234067.jpg
 先日からウチのスパークリングワインのコーナーに定番として加わったコチラの商品、イタリアを代表するスパークリングワインの生産者、「マルティーニ」の商品です。シルバーのラベルが「アスティ・スプマンテ」(中央はハーフサイズです)、黒いラベルは辛口の「ブリュット」です。
 「アスティ・スプマンテ」は皆さん馴染みがある名前かもしれませんが、“モスカート・ビアンコ”という品種を使ったスパークリングワインです。アルコール度数も7.5%と低めで、華やかなマスカットの香りと爽やかな甘さが人気のスパークリングですよね。イタリアの格付けでDOCGと言う最高峰に格付けされ様々な造り手が競っていますが、この「マルティーニ」はその代名詞と言っても過言ではないくらいに世界的に有名な生産者です。
 一方の「ブリュット」は格付けもされておりませんし、「アスティ・スプマンテ」のイメージがあまりに強いせいか知名度は低いかもしれませんが、ピエモンテ州で収穫されたブドウを厳選し、丁寧に造られた本格派の辛口スパークリングワインです。アルコール度数もコチラは11%ほどとしっかりありますよ。
 是非、お好みやTPOに応じてお選び頂ければと思います。 
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2013-01-16 15:48 | ワイン | Comments(0)


初企画!ベアレンさんの春の頒布会です!

f0055803_15194531.jpg 今朝はガッツリ冷え込んだ盛岡、相変わらず雪より寒さが厳しい街ですねぇ~風邪などには十分お気をつけ下さいね!
 さて、長らく募集しておりました今月末のワイン会ですが、お陰さまで3日間共にそれぞれほぼ定員の10名様に達しましたので、締め切りとさせて頂きます。お申込頂いた皆様、当日はよろしくお願い致します!

 ところでこちらの写真、よしだ屋の憩いの場、サロンに元旦から掲げられている画なんですが、私の兄貴が描いてくれたものです。時々買って行ったワインのボトルを蒲鉾の板に描いて貼り付けたんだとか...
 ご来店の際はチラッとでも見てやってくださいね!笑

 では、今日はコチラのご案内です!
f0055803_15313621.jpg 毎年秋に頒布会を企画している「ベアレン醸造所」さんが、今回初めて2月から4月までの3ヶ月間、春の頒布会として企画されました。
 秋の頒布会は特別に醸造したビールを数種類、混載12本という内容でしたが、今回企画された春の頒布会の最大のテーマは“岩手の食”とビールとのマッチング。最初の2月は沿岸北部『野田村』から、3月は沿岸南部『山田町』から、更に最終の4月は内陸の『奥中山』から、それぞれ吟味した食材や調味料などが入っています。(詳細は店頭チラシで!)
 そしてこれ等“岩手の食”に合う味わいをスタッフが研究し、特別に醸造したビールが9本入っているそうですが、その内容はナイショ。届いてのお楽しみなんだそうです。
 最終回にはノベルティとしてオリジナルのクーラーバックも入っていますよ!

 限定500口のこの頒布会、秋と大きく違うポイントがもう一つあります。
 秋は「よしだ屋」の店頭で代金と引き換えに直接お渡ししておりましたが、今回は食材が要冷蔵のため、毎月ベアレンさんからご自宅へ直接クール便で届くそうです。
 ですので、ご予約頂いた皆様は、商品が届いた後で「よしだ屋」へ来て代金を支払って頂くという、チョットご面倒をお掛けしてしまうシステムになってしまいます。
 その辺りをご了承頂いた上で、ご予約頂ければと思います。よろしくお願いします!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2013-01-09 16:16 | ビール関係 | Comments(0)


新年最初のご案内は、やっぱり「チョコスタ」!

                  <1月のワイン会、参加者募集中!>
                     3日間とも、定員間近となってきております。

 新年もあっという間に一週間が過ぎましたね!昨日から本格的に仕事始めだった方も多いと思いますが、頑張って参りましょう!
 「よしだ屋」は午後からではありますが、元旦から営業をスタートしておりました。ありがたいことに元旦から飲みに寄って下さる方もおり感謝感謝であります。昨日までの7日間、毎日寄って記録を作った方もおりましたし、昨日は出入りもありつつ一日で13人の大盛況。サロンはスタートダッシュ出来たみたいです(笑)
 今年も通常のお買い物のお客様も含め、「よしだ屋」をご利用下さいますようよろしくお願い致します!

 では、今年最初のご案内を。確か去年もコレだったような...毎年の恒例ですね!笑
f0055803_1447367.jpg

 ハイ、ベアレンさんの1月の限定ビール、「チョコレート・スタウト」です。
 今では様々なメーカーから類似の商品が発売されておりますが、その元祖とも言えるビールです。
 名前に“チョコレート”と入っておりますが、原料には一切含まれておりません。水に麦芽とホップだけを用いてビターチョコのような風味を醸し出しているんです。
 毎年人気のビールです。数量は限られておりますので、お早めにどうぞ!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2013-01-08 14:53 | ビール関係 | Comments(0)


謹賀新年!

                  <1月のワイン会、参加者募集中!>

 新年、明けましておめでとうございます!!
 8年目へ突入する「よしだ屋」、本年もよろしくお願い申し上げます!
f0055803_1619237.jpg

 元日の今日、New Year駅伝を見て2時半頃からオープンしましたが、早速お二人の御仁が一杯飲みにお立ち寄り下さいました(笑)
 明日、明後日も箱根駅伝を見てからの開店とさせて頂きますので、よろしくお願い致します!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2013-01-01 16:26 | 店主のひとりごと | Comments(2)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
Teruさん、ありがとう..
by yoshida-ya1201 at 13:29
10周年おめでとうござい..
by 姫 at 23:24
10周年記念おめでとう!..
by Teru at 16:33
ありがとうねぇ~って、コ..
by yoshida-ya1201 at 16:00
ブログジャンル
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧