ワインとチーズの店 よしだ屋日記


<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧



過去最大40名のワイン会、大盛況でした!

               <地酒(千両男山)の会、参加者募集中!>

 今日も青空広がる気持ちのいいお天気です。風が爽やかなせいか昨日よりも暑さも和らぎ、過ごし易く感じられますね!
 先日の火山噴火に続いて、昨日は小笠原諸島を震源に大きな地震があったようですね。なんか、震災以降、日本列島の地下深くで何かが起きているようですね、静かに落ち着いて欲しいものですが。

 さて、昨夜開催されたワイン会、数えて56回目の今回は過去最大となる40名のご参加を頂きました。数えてみたら、男性が19名で女性が21名といい感じのバランス。毎回のようにご参加して下さるご常連さんや、ご夫妻で、友達同士でと色々な皆さんがお越し下さいました。一人で来ていても以前のこの会で知り合って...みたいな関係もあちらこちらで見掛けられたのも嬉しいことですね。
 しかも今回は初めてご参加になった方も9名いらっしゃっいました。その多くはほぼ女性、検索して見つけたこの会に参加したっていう方が多いのにビックリ、やっぱり行動力があるのは女性の方ですね!笑
 では、写真で大盛り上がりの会の様子を振り返ってみましょう!f0055803_13485096.jpgf0055803_13485844.jpgf0055803_1442344.jpgf0055803_1443126.jpgf0055803_1445751.jpgf0055803_145497.jpgf0055803_1462355.jpgf0055803_146307.jpgf0055803_1464736.jpgf0055803_1465659.jpgf0055803_1473085.jpgf0055803_1474251.jpgf0055803_148326.jpgf0055803_1481048.jpgf0055803_1483053.jpgf0055803_1484129.jpgf0055803_149490.jpgf0055803_1491165.jpgf0055803_1492331.jpgf0055803_1493057.jpg
最後にこの日のメニューを...
 最後にこの日のメニューを...
  *ミラノサラミ&コッパ(肩肉の生ハム)    *チーズ(ミモレット&クラバンジーナ)とバゲット 
  *小海老とアボカドのサラダ         *英国風シェパーズパイ
  *ポーク香味煮込み マンゴー風味 柚子胡椒添え      *ピッツァ マルゲリータ
  *スパゲッティ アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

 ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。是非またのご参加をお待ちしております!
 また、「ラ・ドルチェ・ヴィータ」のスタッフの皆様、週末の忙しい日に貸し切らせて頂き、本当にありがとうございました。お陰さまでとっても素敵な会になりました!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2015-05-31 14:19 | イベント情報 | Comments(0)


本日、56回目のワイン会。出品酒はコチラです!

              <地酒(千両男山)の会、参加者募集中!>

 まだ5月だと言うのに暑い日が続いております。今日の盛岡は31度予想って、既に真夏ですね!
 昨日は鹿児島県の口永良部島で火山が大きな噴火をしましたね。全国的に火山活動が活発になっていると言われている中での出来事ですし、気になりますね。一日も早い帰還が出来るといいのですが...

 さて、今日は隔月で開催しているワイン会の当日です。数えて56回目となる今回は早い段階から多くの参加表明を頂き、過去最大規模となる39名様のご参加を頂いての会となりそうです。
 会場となるお店は、初めてお世話になる菜園の「ラ・ドルチェ・ヴィータ」さん。MOSSビル向かいのビル地下にオープンして5年を迎えるイタリアンのお店ですが、店側のご好意に寄って全面貸し切りでの開催です。
 シェフは過去にホテルでの経験もされている方、お料理にも期待が膨らみますね!
 ご参加の皆様、一緒に楽しい会にしましょう!宜しくお願い致します!

 では、会に先立って今夜お出しするワインをご紹介していきましょう!
 今回のテーマは「フランス各地から様々な品種のワインを...」です。
f0055803_12505239.jpg まずはスパークリングワイン。こちらは「カーヴ・ド・ルーニー クレマン・ド・ブルゴーニュ」。ブルゴーニュ地方のスパークリングワインです。シャルドネのほか、ピノ・ノワールとガメイも使われています。
 そして白ワインを3種類。最初は「ルイ・ジョセ ブルゴーニュ・ブラン」を。シャルドネ100%のブルゴーニュ産ワインです。
 続いてはドイツとの国境にあるアルザス地方から「ドップ・エ・イリオン リースリング」とロワール地方からは「モンムソー サンセール」を。こちらはソーヴィニヨン・ブラf0055803_130178.jpgン100%で造られるワインとして有名な産地ですね!

 後半は赤ワインが4種類。まずは南仏ラングドック地方から「ラ・クロワザード ピノ・ノワール」を。続いては、グルナッシュとシラーを使って造られる「P・ジャブレ コート・デュ・ローヌ パラレル45」を。
 そして、ボルドー地方の「ムーラン・ディッサン」はカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローが50%づつ使われています。
 で、今回のトリはこれ。南西地方のマディランを代表する造り手、アラン・ブリュモンが手掛ける「シャトー・ブースカッセ」です。こちらは土着品種のタナにカベルネ・フランがブレンドされています。

 いかがでしょう、今回のラインナップは...過去一つの国に絞って開催したことはありませんでしたが、フランス一国でも全く違う品種、味わいを集めることが出来るんですね。さすがはワイン大国です(笑)
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2015-05-30 13:16 | イベント情報 | Comments(0)


第25回 よしだ屋地酒の会のご案内

 年に3回開催している日本酒の会も次回が25回目となりました。
 よしだ屋が開催している日本酒の会は、県内の蔵元1社にテーマを絞り、5種類のお酒を冷と燗、あわせて7通りの味わいを楽しんで頂く会です。よくあるような、沢山並んでいる一升瓶が中から自由に存分に飲んで頂く会とは違い、1種類のお酒の量としては少なく思われるくらいかもしれません。それでも、参加される方々同士で楽しく会話が弾み、適量のお酒でほろ酔い気分になる。決して飲み過ぎて二日酔いしない...そんな会を目指してやっています。ですので、「日本酒は次の日に残る」、「好きだけど量は飲めない」、そんな方でもきっと楽しんで頂けるはずです。是非奮ってご参加下さい。

 では、詳細を...f0055803_15264744.jpg
 日時> 6月27日(土)19時~
 会場> 本町「葦の屋」さん お座敷
 会費> お一人様 4,000円
 定員> 20名様

お座敷を貸し切らせて頂いての会となりますので、20名様までとなります。是非お早めにお申し込み下さい。

 そして、今回テーマとなるお酒は、初めての登場となる宮古市の蔵元「菱屋酒造店」さんです!
 「千両男山」のブランドで人気の蔵元さんですが、先の震災で大きな被害を受け、新たな蔵を再興して頑張っていらっしゃいます。今回は蔵元自らご参加頂けることになっております。
 是非、当日は蔵元さんとのお話も楽しみにご参加下さいませ!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2015-05-29 15:43 | イベント情報 | Comments(0)


世界も注目、チリから素敵なピノ・ノワール入荷です!

 まだ5月だというのに毎日暑い日が続いていますね。関東などでは5月として観測史上一番夏日が多い月になったそうで...盛岡も暑いんですが、さすがに吹く風は爽やかで日陰に入ったりすれば気持ちがいいので助かりますが、熱中症なども増えてくる気温だそうですので、どうぞお気をつけて!

 さて、店頭には新たな商品が入荷しましたよ!f0055803_14132084.jpg
 今回入荷したコチラのワインは、チリ産の「ヴィーニャ・ファレルニア ピノ・ノワール」です。
 このヴィーニャ・ファレルニアという造り手、設立は1998年とまだ若いワイナリーと言えるかもしれませんが、今やチリを代表する生産者になっています。情熱ってすごいと思わせる逸話がありましたよ。
 そもそも、イタリア人のエノロジスト、フレサッティ氏が観光でチリのエルキバレーを訪れた際に、「どうしてこの素晴らしい渓谷でワインを造らないのか?」と疑問に思ったそうです。
 このエルキバレーはチリの国内でもワインの主要産地からは遠く離れ、生食用やブランデー用の葡萄しか作られていなかった土地だったんです。それを知ったフレサッティ氏、その翌日には自らの手でワイン造りをしようと決意したって言うんですからスゴイですよね(笑)
 その後、2年を掛けて詳細な気候条件を徹底調査し、1997年に初めて葡萄を植え、翌年、仲間と共に「ヴィーニャ・ファレルニア」を設立しました。現在ではエルキバレーの中に4箇所の葡萄畑を所有しており、それぞれが特有の気象条件を持っていることから、その環境にあった様々な品種のブドウを栽培しています。場所によっては、川の流れを変えて畑を作ってしまったなんて話も...笑
 今回入荷した“ピノ・ノワール”は標高350mのティトンという畑、一番冷涼な土地で栽培されています。2012年に初めてリゼルヴァとしてリリースしたのに続き、今回、よりリーズナブルな価格で楽しんで頂きたいと、このワインが発売されました。
 色合いも濃すぎることなく、フルーティーな果実味と優しい酸を感じられるこのピノ・ノワール、ヨーロッパ産のような繊細さを感じさせてくれますよ!今回、特価にて数量限定発売です。是非ご賞味ください!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2015-05-27 14:44 | ワイン | Comments(0)


岩手の酒造り技術は世界一です!

 最近涼しいくらいの日も多かった盛岡ですが、今日はまた夏のような暑さが戻ってきましたね!
 市内の学校では運動会が開催されているところも多いようですが、炎天下の下、大変だったかもしれませんね。私は店内にいますのでこういう日は大丈夫、店を通る風が爽やかなんです(笑)

 さて、今日の新聞にも載ってましたが、今年も南部杜氏自醸清酒鑑評会が行われ結果が出ました。 下記が平成26酒造年度の結果ですが、吟醸酒の部で主席を獲得した福島県・会津吉の川の川村杜氏さんもちろんお見事ですが(しかも2年連続って凄すぎ!)、純米酒の部で次席の浜千鳥・奥村杜氏、更には女性として吟醸酒の部で五席に入った廣喜・小野杜氏、同じく12位に入ったあさ開・藤尾杜氏と岩手の蔵元で働く杜氏さんも素晴らしい結果を残されましたね!

 国内最大の杜氏集団をまとめる(社)南部杜氏協会が主催するこの鑑評会は、まさに全国で活躍する南部杜氏さんの腕自慢大会。つまりは出品する杜氏さんは全員が岩手県の皆さんです。普段の職場のある地域や市場を気にせずに造り上げる究極のお酒の集りなんです。なので地元岩手の蔵と言えど上位に入るのは非常に難しいとされており、酒問屋当時、南部杜氏応援団の事務局もしていた私の記憶では南部美人の杜氏を務めていた故山口一杜氏が2度主席を取っているくらいではないでしょうか。
 数年前には堀の井さんは次席を取っていましたが、ホント快挙ですね!

 南部杜氏の技術の高さをこれからも全国で見せつけて欲しいものですね!

      <平成26酒造年度南部杜氏自醸清酒鑑評会結果>
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2015-05-23 15:08 | 岩手の地酒 | Comments(0)


ブレンドの妙を...シュヴァル・カンカール3兄弟です!

         第56回よしだ屋ワイン会、締め切りとさせて頂きました!
 
 5月も早いもので22日、今日も爽やかな空模様の盛岡です!
 今月はゴールデンウィークに始まり、先週の土日には「まち歩きスタンプラリー」なるイベントが開催され、両日併せて450人ものご来場を頂きました。多くはスタンプ押して次のポイントへ移動されるんですが、中には一杯飲んで下さった方もいて、新たな出会いも生まれたイベントでした。

 さて、久しぶりの投稿はコチラ...フランスの銘醸地ボルドー産のワインです。
 フランスの2大産地とも言われるのがボルドー地方とブルゴーニュ地方ですが、ブルゴーニュ地方産の赤ワインはほぼピノ・ノワール100%の単一品種で造られることに対して、今回ご紹介するボルドー地方は数種類の品種をブレンドして造られていることが最大の違いであり、個性になっていますよね!
 またブルゴーニュ地方では畑までが格付けの対象になっていますが、基本的にはボルドー地方の格付けはメドック地区など地区名でなされています。更にもっと細分化された格付けもあったり、メドック地区のシャトーは1級から5級まで格付けされていたり...難しいですね!笑
 で、前段が長くなりましたが、今日はボルドー地方の「シュヴァル・カンカール」を紹介したかったんです。1844年にワイン商を設立したピエール・カンカールはボルドー地方にあるジロンド河の流域を馬で駆け巡り、高品質のワインを探し求めました。その中から数々のプティ・シャトーを購入し拡大していき、ボルドー地方でも有数のワイン商となり、1985年シュヴァル・カンカールと社名を改め、更に拡大路線へと突き進んだようです。ちなみに、馬を駆ってワインを探したことにちなみシュヴァル(=仏語で馬)と名付けたんですって。f0055803_1514233.jpg
 で、今回3種類揃ったこれ等のワインも全てこのシュヴァル・カンカールの手掛けるワインなんです。
 左から、AOCプルミエ・コート・ド・ボルドーの「シャトー・パイエ・カンカール」、セパージュはメルロー(以下Me)80%、カベルネ・ソーヴィニヨン(以下CS)15%、カベルネ・フラン(以下CF)5%です。中央はAOCボルドー・スペリュールの「シャトー・テレフォール・カンカール」でセパージュがMe64%、CS36%。そして右のワインが今回初入荷ですが、AOCメドックの「モンフォーf0055803_15312951.jpgル・ヴェルヴュー」でセパージュはMe52%、CS40%、CF8%。

 いかがです?微妙に使う品種の比率を替えながら造り上げるボルドーワイン。比較して違いが分かったら拍手です。私はどうかなぁ~チョット自信がありませんが...笑
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2015-05-22 15:33 | ワイン | Comments(0)


紫波の「月の輪」さんから“夏酒”発売です!

           第56回よしだ屋ワイン会、若干の余裕があります!
                現在37名となっております。あと3名で締め切りとさせて頂きます。

 曇り空の合間から青空が覗く、そんな今日の盛岡です。関東を中心に随分気温が上がっているようですが、こちらは過ごし易い気候ですね!
 最近、店先を通る修学旅行生の姿を多く見受けますが、隣の子もそうだし、そんな季節なんですね。お天気に恵まれて楽しい思い出に残る旅行になってくれるといいですね!
 
 さて、今日は入荷したばかりのコチラの商品をご紹介しましょう!近付いてきた“夏”にピッタリですよ!f0055803_1419436.jpg
 紫波の老舗蔵元、月の輪酒造店さんが手掛けた「月の輪 涼夏 旨辛純米酒」です。
 家業としての酒造りを続ける「月の輪」さん、現在杜氏を勤めているのはご存知、長女の裕子さんです。子育てをしながらの酒造りは大変なこともあろうかと思いますが、新たな商品開発もしながら頑張っていらっしゃいますよ。

 で、今回発売されたこのお酒、“ぎんおとめ”を中心に使い、70%まで磨いて造られた純米酒で、出荷前に一度だけ火入れを行う、いわゆる生貯蔵酒です。
 特筆すべきは日本酒度(甘辛を表す数値で+に大きくなるほど辛口と言われています)が+8.3もあるんです。一般的なお酒は+2~+3くらいかと思われますので、結構な辛口を示していますね。しかも、酸度も高めで1.8、スッキリとした味わいを感じさせてくれそうです。
 見た目にもブルーのボトルで涼やかに感じますが、これからの暑い季節にキリッと冷やして召し上がって頂きたいお酒です。数量限定で、8月初旬までの発売を予定しております。どうぞご一献!笑
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2015-05-14 14:48 | 岩手の地酒 | Comments(0)


ベアレン12周年記念ビールはラベルも一新して登場です!

            第56回よしだ屋ワイン会、若干の余裕があります!
                現在37名となっております。あと3名で締め切りとさせて頂きます。

 台風の影響なのか、今日の盛岡は久しぶりの曇り空で時折雨も落ちてきています。明日にかけて荒れ模様になりそうですが、大きな被害が出ないことを祈るばかりです。
 先日、市内に住む兄貴が買い物に来てくれました。そこで「オレ、会社定年になったから」って...先月で60歳になった兄貴、チョット歳の離れた兄貴、いつの間にかそんな歳になっていたんですね!
 そしてもう一人、隣に住んでるMちゃんが自転車に乗っていたんです!今年小6になったんですから当たり前の光景のようですが、練習してるトコも見てなかったのでビックリ。この娘が三輪車を持ってウチの店内を乗り回していたなんて、遠い昔のようです。私も歳を取ったってことですね!笑

 さて、歴史を重ねると言えば、よしだ屋でも大人気のベアレンさんも今月で12周年だそうですよ!ってことで、毎年その時期に発売されるのがこのビールですね!f0055803_15184021.jpg 
 そう、「コローニア」です!
 今年は岩手山など“岩手”をモチーフにした新たなデザインのラベルでの登場です。
 
 「コローニア」とはドイツのケルン地方に伝わる「ケルシュ」という軽やかな味わいの淡色ビールで、ベアレンさんが一番最初に醸造したビールとも言われていますね。
 アルコール度数は5%、上面醗酵酵母に由来するフローラルな香りとホップの爽やかな香りを感じることが出来、飲み口の良いビールに仕上がっています。f0055803_15314499.jpg
 前出の通り、「ケルシュ」という名前はケルンと言う地名に由来しており、原産地保護されていることから、ベアレンさんでは古くに使われていた「コローニア」と名乗っているようです。
 数量限定になりますので、是非お早めにお買い求め頂きご賞味くださいませ!

 なお、ご好評頂いておりました「山葡萄ラードラー」は既に完売となりました。また、欠品中の「ラードラー」は20日過ぎに再開の予定ですので、もう少々お待ちください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 注)創業時から瓶を回収・洗浄し、リユースしてきたベアレンさんですが、様々な視点から分析した結果、破砕処理したカレットとしてリサイクルする方が環境に優しいことが判明したそうです。そのため、6月からは通常の瓶と同様、資源ゴミとして回収することになるそうです。
 よしだ屋でも積極的に回収に努めてきましたし、今後もお引取りは致しますが、各自、それぞれの自治体のルールに従って分別し資源ゴミに出して頂いても結構です。
 ベアレンさんでもこれまで通り、市内に関しては回収を継続してくれるそうですが、工場に持参した際に支払われていた保証金は無くなり、替わりに、環境保護活動に対して1本当り1円を寄付することにしたそうです。
 何卒、ご理解頂き、今後とも宜しくお願い致します。
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2015-05-12 15:54 | ビール関係 | Comments(0)


1000円以下のワイン新入荷です!

        第56回よしだ屋ワイン会、若干の余裕があります!

 皆様、ゴールデンウィークも終わりいかがお過ごしでしょう?今年は毎日好天に恵まれましたし、行楽へお出掛けされた方には最高の休日になったんではないでしょうか?
 休まず営業していたよしだ屋ですが、お陰さまで例年に無いくらいのご来店を頂きました。多くは裏庭で気持ちよく一杯しにいらした方々ですが...笑

 さて、今日は久しぶりにワインのご案内をしましょう!新たに定番に加わったコチラです...f0055803_1413488.jpg
 チリ産の「ブエノス・ディアス」 です。
 “ブエノス・ディアス=良い一日を!”と名付けられたこのワインは1000円以下でお買い求め頂けるカジュアルなワインです。
 1996年に設立されたグルーポ・ベレン社が手掛けていますが、元々はスペイン・リオハの老舗ワイナリー、C.V.N.E.(クネ)が全面的にバックアップして作られたワイナリーなんです。
 今回入荷したワインは“カベルネ・ソーヴィニヨン”“メルロー”の赤2種類と“シャルドネ&ソーヴィニヨン・ブラン”の白1種類。
 テロワールを活かしたワイン造りを心がけており、それぞれ品種の個性も分かりやすい仕上がりになっています。ってか、シャルドネとソーヴィニヨン・ブランのブレンドって言うのはちょっと珍しい気がしますね!笑
 
 1万円を超えるワインは置かない、1000円~3000円台が中心の品揃えをしているよしだ屋ですが、1000円をチョット切る価格のこのワインもきっと食卓に1本あると毎日のお食事がもっと充実したものになるんじゃないかな。ワインを気軽に...是非ご賞味ください!
 
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2015-05-11 14:40 | ワイン | Comments(0)


ワイン会の定員、増やします!

 取り急ぎご案内させて頂きます!
 30日に開催するワイン会につきまして、当初30名としていた定員が思いの外早く埋まってしまい、一旦締め切りとさせて頂きましたが、昨日、会場のお店とも相談させて頂き、増員を決定いたしました。
 これまでのイベントで30名を超えることもありませんでしたし、グラスも30名分しか用意出来なかったこともあり、毎回30名にこだわってきましたが、今回不足分のグラスをお店から借りることが可能となりましたので、思い切って40名まで定員を増やしたいと思います。
 今回、40名を達成したら過去最大ですが、まだ3週間ありますし、行けるところまで頑張りたいと思います!
 締め切りで諦めていた方がもしいらっしゃたら、改めてご検討頂けたらと思います。
 と言っても、追加分も10名程度となりますので、お早めにご連絡ください。
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2015-05-09 12:21 | イベント情報 | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
Teruさん、ありがとう..
by yoshida-ya1201 at 13:29
10周年おめでとうござい..
by 姫 at 23:24
10周年記念おめでとう!..
by Teru at 16:33
ありがとうねぇ~って、コ..
by yoshida-ya1201 at 16:00
ハピバ!ついに40代の最..
by よーなし at 12:25
http://sz6t0..
by Xavierkege at 16:12
ブログジャンル
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧