ワインとチーズの店 よしだ屋日記


<   2016年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧



お待たせしました!喜和さんのワイン発売です!

                「4月のチャリティーイベント、参加者募集中!」

 抜けるような青空と暖かな陽射しが降り注ぐ今日の盛岡、とっても気持ちのいい一日になっています。桜の開花は例年になく早まっているみたいで、盛岡への到着も待たれますね。ってか、こんな好天の日に屋内にずっといるのって勿体無い気分になっちゃいますね!笑

 さて、今日は入荷したばかりのコチラのワインをご紹介しましょう!きっと発売を心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか?実際、よしだ屋にも何人もの方から「入荷しました?」って問い合わせもありましたし...f0055803_14113418.jpgf0055803_1411473.jpg
 そう、大迫で自らのワイナリー「高橋葡萄園」を立ち上げた高橋喜和さんが手掛けた2015年産ワインの登場です!
 元々ブドウの栽培農家でもあり、県内の複数のワイナリーで醸造担当として15年以上のキャリアを持つ喜和さんが満を持して独立への道へ進まれたのは3年ほど前だったでしょうか?当初は醸造設備を持っておらず、2012年から2014年までは県外のワイナリーへブドウを持ち込んでワインの醸造をしてきました。
 そして昨年の秋、ついに自宅敷地内にワイナリーが完成し、今回入荷した2015年産のワインから栽培から醸造まで文字通り全ての工程を自分一人の手で完成させました。
 入荷したワインは白ワインの「リースリング・リオン」「ミュラー・トゥルガウ」。前者は岩手ではお馴染みの交配種でスッキリとした味わいの辛口タイプ、後者はドイツでよく使われている品種でもあり、フルーティーで口当たりのいい仕上がりになっています。いづれもアルコール度数は11%です。
 そして今回初めて造ったというロゼワインの「キャンベル ロゼ」。こちらはアルコール度数が10%とやや低く、春らしい色合いと甘い香り、柔らかな口当たりが特徴のワインです。
 いづれもワインも本来の風味を最大限に生かすべく、無濾過・非加熱で瓶詰めされています。
 生産本数には限りがあり白ワイン2種類は千数百本ほどありますが、「キャンベル ロゼ」に関しては505本と非常に少量となっています。是非、お早めにゲットして味わってみてくださいね!

 ちなみに、赤ワインの「ツヴァイゲルト・レーベ」は熟成を経た上で6月頃の出荷を予定しているそうですので、もう少々お待ちくださいね!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2016-03-29 14:49 | ワイン | Comments(0)


有名生産者2人が手掛けるボルドー産赤ワイン、3種類が定番に!

                「4月のチャリティーイベント、参加者募集中!」

 全国から桜の便りが聞かれるようになり、一気に春本番と言った雰囲気になってきましたね。ここ盛岡ではまだ一ヶ月くらい先の話しかとは思いますが、陽射しはまさに春。裏庭のクロッカスや店内に置いてるシンビジウムも花を咲かせ、アボカドには若葉が芽生えています。ウキウキしてくる季節ですね!

 さて、産地別に並んでるよしだ屋の赤ワインコーナー、今回ボルドーコーナーにこの3種類の赤ワインが新たな定番として加わりましたよ。
f0055803_14405744.jpg まずは「プレミアム・ド・ムーサス」。名前からお分かりの通り、メドック地区の5級に格付けされているシャトー・ランシュ・ムーサスのオーナー、フィリップ・カスティージャ氏が手掛けるワインです。格付けワインともなると価格もそれなりでちょっと高くなりますが、こちらはとってもリーズナブルなんです。ボルドーワインにしては珍しくスクリューキャップを採用しているところからも、気軽に普段飲みにして欲しいと言う造りのメッセージを感じることが出来ますよ。

 そして右の2本、同じ造り手によるこちらのワインは「メルロー・バイ・テュヌヴァン」「ファンテジー・ド・ラフォン」と言います。前者はメルロー100%なのに対し、後者はメルローを中心にカベルネ・ソーヴィニヨンやマルベックがブレンドされています。
 造っているのはジャン・リュック・テュヌヴァン氏。こちらはサンテミリオンを拠点にシャトー・ヴァランドローを成功に導いたことで一躍その名を世界にとどろかせた人物ですね。現在ではネゴシアンやコンサルタント、更には自らのワイナリーを設立し、ワインの生産にも力を入れています。
 余談ですがファンテジー・ド・ラフォンのラベルには桜があしらわれており、今の季節にもピッタリですよ!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2016-03-28 15:04 | ワイン | Comments(0)


イタリアの白ワイン、ヴェルディッキオをお安く!

                「4月のチャリティーイベント、参加者募集中!」

 昼過ぎまでは暖かく穏やかだったのに、さっきから空はドンヨリ暗くなり時折霰が落ちて来ると言う、何とも不安定な空模様です。3月もあと1週間、新入学や進級・進学、異動に伴う引越しなど慌ただしくされている方も多いかもしれませんが頑張ってまいりましょう!

 さて、今日はイタリアの白ワインをご紹介しましょう。普段、赤ワインが多いレジ横のスポットコーナーですが、暖かくもなって来ましたし、特別安く手に入ったもので...笑f0055803_14353444.jpg
 ってことで、イタリアのマルケ州で造られた「フォンテヴェッキア」と言う白ワインがこちらです。ブドウ品種はこの土地を代表する“ヴェルディッキオ”です。
 このワインを手掛ける「カサルファルネート」は1995年、長年地域の協同組合にてヴェルディッキオの醸造に携わっていた醸造家を中心に設立されました。昔からこの品種に拘っていたんですね!
 一般に違う区画から収獲された葡萄を用い、異なるキャラクターのワインを表現する生産者が多い中、カサルファルネートでは同じ条件の畑から収穫されるヴェルディッキオ種を収穫のタイミングをずらして3つの異なるキャラクターを生み出しているんだそうで、今回入荷した「フォンテヴェッキア」は一番最初に収穫したブドウを使ってフレッシュ&フルーティーなワインとして仕上げています。その味わいは多くの専門家も絶賛しており、飲み始めると止まらない...なんて評価をされているんだとか。f0055803_14552868.jpg
 葡萄を分け与えている女性を描いたラベルは、友人のブルーノ・ダルチエヴィアという有名な芸術家が手掛けたもので、「ワインはテロワールからの頂き物」と言う意味があるんだそうです。
 このワイン、希望小売価格は2700円ほどもするんですが、今回インポーターさんのキャンペーン対象ってことなのか、随分とお安く入荷しました。もちろん、店頭価格に反映させておりますから、お気軽にお楽しみ頂けますよ。
 是非お試し下さい。
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2016-03-24 15:04 | ワイン | Comments(0)


4月はプロのピアノを聴きながらのチャリティーイベントです!

 昨日は東京などで桜の開花宣言が出、センバツを戦う甲子園では21世紀枠で出場した釜石高校が見事に初戦突破、週末にはプロ野球も開幕しますし、いよいよ春の到来を感じる季節になりましたね。
 釜石高校には25日の二回戦、滋賀学園との一戦にも是非頑張って欲しいものですね!

 さてさて、よしだ屋では年に6回のワイン会と3回の地酒の会の他に、あの震災を機に始まったイベントが2回あります。私自身、被災地に赴いて何かをすると言うことも出来ずにおりましたので、せめてもと始めたのがチャリティーとしてのイベントで、それが4月と8月の会なんです。この2回のイベントはワインや地酒の会とは趣向を変えて開催しており、更には会費の中から一部を義援金に当てさせて頂いております。
 2回のイベントでお預かりした義援金は店頭での日々の募金とあわせ、毎年年末に一括して寄付させて頂いており、その金額は22万円を超えるまでになりました。ご参加下さる皆様には本当に感謝申し上げます。

 ということで、早速来月4月のイベントをご案内させて頂きます。f0055803_1491825.jpg

<日時> 4月17日(日)18:30~
<会場> Aldila(アルディラ)さん
        
         *菜園ビルの2階・貸し切りです
<会費> お一人様 4,000円
         *内400円を義援金とさせて頂きます
<定員> 30名様
f0055803_14183354.jpg
 ご覧の通り、今回の会場はBarですので、テーマは「ベアレンとワイン時々音楽inBar」とし、よしだ屋らしくベアレンの生ビールと様々なワインを気軽に楽しんで頂くと共に、別会計にはなりますが希望される方にはBarのマスターが作るカクテルやハードリカーを通常よりもリーズナブルな価格でお楽しみ頂きたいと思っております。
 カウンターにはお料理やおつまみも並びますので、店内を自由に動き回りながら、皆さんとの会話も楽しみつつ、楽しい時間を過ごして頂ければと思います。f0055803_14363674.jpg
 そして初開催の昨年、大好評だったピアニストの山崎俊之さんを今年もお迎えします。
 山崎さんは普段は大通りの「Barにっか亭」でアニメソングからJAZZまで幅広いジャンルの曲を弾いていらっしゃいますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
 会場では山崎さんにも皆さんと一緒に楽しんで頂きながら、合間に弾いてもらう感じになりますのでどうぞお楽しみに(笑)


 通常は土曜日に開催しておりますが、今回は日曜日の開催となります。お間違えないようお願い致します。是非、お誘い併せの上、奮ってご参加ください。
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2016-03-22 15:10 | イベント情報 | Comments(0)


61回目のワイン会は女性が半数以上に...

 春分の日の今日、空は曇り空ですが気温は春を感じる温かさです。お彼岸でもあり、心なしか店の前を行きかう人や車も多く感じますね。並びにあるお団子屋さんや和菓子屋さんは朝から大忙しの様子です。

 さて昨日のワイン会、年6回の内3回をお世話になっている菜園の「クッチーナ」さんが会場です。直前のキャンセルで残念な方もおりましたが25名の皆様にご参加を頂き、しかもその内女性が13名と半数を超えるという、華やかで賑やかな会になりました。
 県外からのご常連さんもいらっしゃいますし、お一人でご参加の方もいらっしゃいます。また、宮古・北上・花巻・岩手町と市外からも多くの方がご参加下さっていることも改めて知りました。友達を誘って来て下さった方もおり、初参加も5名。毎回新たな出会いがあることも本当に嬉しいことですよね。
 乾杯に始まった会も大いに盛り上がり、あっという間の2時間半。今回はいつも以上に一人当たりのワインの量も多めに取れましたので、タップリ飲んで食べてお喋りしてと、楽しいひと時を過ごして頂けたようです。
 ご参加の皆様、美味しいお料理を提供してくださった「クッチーナ」の皆様、本当にありがとうございました!

 では、美味しいお料理の数々を併せ、会の雰囲気を写真で振り返ってみましょう。f0055803_13202244.jpgf0055803_13203439.jpgf0055803_13205973.jpgf0055803_13211253.jpgf0055803_13213779.jpgf0055803_13214740.jpgf0055803_13221472.jpgf0055803_1322242.jpgf0055803_13225024.jpgf0055803_13225972.jpgf0055803_13232932.jpgf0055803_13233987.jpgf0055803_13235948.jpgf0055803_1324896.jpgf0055803_13273679.jpgf0055803_13274546.jpgf0055803_1328594.jpgf0055803_13281320.jpg
 最後にこの日のメニューを...
 最後にこの日のメニューを...
*アスパラガスのパンナコッタ 苺のソース  *アボカドとトマトのマリネ
*豚舌とじゃが芋のボイル サルサヴェルデ  *短角牛のポルペッティ マッシュルームソース
*シラスとホタルイカのオリーブオイルパスタ ふきのとう風味
*海老とマスカルポーネのピッツァ アーモンド風味
*ラムのロースト マスタードソース
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2016-03-20 13:32 | イベント情報 | Comments(0)


本日61回目のワイン会。出品酒のご紹介です!

 昨日は20度を超えポカポカ陽気の盛岡でしたが、今日は曇り空。夜中には雨も降っていたようですが、なんとか朝までには上がってくれました。このままキープしていて欲しいものですがどうでしょうね。

 そう、今日は隔月で開催しているワイン会の当日。3連休の初日にも関わらず、また歓送迎会などで忙しい中26名の皆さんにご参加頂いての会となりそうです。会場はお馴染みの菜園「クッチーナ」さん、今夜も様々なワインと美味しいお料理で楽しいひと時を一緒に過ごしたいと思います。

 では、今宵お出しするワインをご案内していきましょう。今回のテーマは“イタリアとフランス、ちょっとマイナーな品種特集”と題して、世界的に有名な品種ではない、その地域の固有品種を中心に集めてみましたよ!f0055803_12454874.jpg
 まずは乾杯。テーマとは外れますが、季節柄くずまきワインさんが手掛ける「さくらワイン スパークリング」で 始めましょう。北東北3県で収穫した山ブドウ系の品種を使い、桜から採取した酵母を使っているんですよ。
 続いては白ワインを2種類。イタリアのロンバルディア州で造られた「アドリア・ヴィーニ ピノ・グリージョ」とフランスのコート・デュ・ローヌ地方の「ポール・ジャブレ ヴィオニエ」です。いずれもスッキリとしたフルーティーなワインですよ。f0055803_1259113.jpg
 ここから赤ワイン。まずはイタリアのマルケ州から「マルザイオーラ ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ」を。ラクリマ~の部分が品種名ですが、正直私もこのワインで初めて知ったんです。きっとそんな方も多いのでは!?笑
 続いてフランスのラングドック地方から「ラ・クロワザード カリニャン」を。ブレンド用に使われることが多いと思われるカリニャン単一で造られた一本です。
 そして再びイタリアに戻ってプーリア州の「イル・メダリオーネ ネグロアマーロ」とシチリア州の「ルーマ ネロ・ダヴォーラ」です。
 今回のトリの一本はフランスの南西地方、マディランの「シャトー・ブースカッセ」を。タナとカベルネ・フランをブレンドして造られたこのワイン、アラン・ブリュモンが一気に世界的なワインへと押上げたとされるこのエリアを代表するワインですね。

 いかがでしょう、今回のラインナップは...聞き慣れない品種が多いかもしれませんが、世界中に栽培エリアが広がっている品種以外にもその土地その土地で古くから栽培されている固有の品種は沢山あるんですよね。今回は一部ですがそんな品種を皆さんと味わってみたいと思います。
 ご参加の皆様、宜しくお願い致します!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2016-03-19 13:19 | イベント情報 | Comments(0)


春ですし、ロゼ色のシュワシュワで乾杯はいかがでしょ?

 今日もポカポカ陽気の盛岡です。ホント、ここ数日で一気に春めいて来た日本各地、ちょっとビックリですね。全然考えてなかったけど、タイヤ交換もしちゃって大丈夫そうですね!

 さて、昨日のウイスキー樽で熟成した新商品に続き、新たに入荷したワインをご紹介しましょう!この時期、インポーターさんのキャンペーンもあったりして、ついつい仕入が多くなる傾向にあるんですよね。頑張ってご紹介していきますので、気になる存在が現れたら是非店頭で実物をご確認くださいね!

f0055803_1456327.jpg 今日入荷したコチラのワインはチリ産のスパークリングワインです。造っているのは「ウンドラーガ」。南北に1400kmもあるチリの丁度中間辺りにある名醸地、マイポヴァレーにあります。その歴史は1885年まで遡り、チリの中でも最古のワイナリーの一つとして現在も多くのワインを世界に向けて送り出しています。
 今回はその中でもフランスのシャンパンメーカー、モエ・エ・シャンドンの監修を受けて新たに製品化した「スパークリング ブリュット ロゼ」の限定特価のご案内です。
 ご覧の通り、ネックの部分が細いチョット変わったボトルに詰められており、可愛らしいピンク色のラベルはまさに春のイメージにピッタリです。黒いボトルからは中身の色合いが分かりませんが、透明感のある非常に綺麗なピンク色をしたロゼワインに仕上がっています。
 “ピノ・ノワール”という黒ブドウ100%から造られていますおり、華やかな香りとフレッシュな味わいを感じることが出来るスパークリングワインですよ。チリ産ピノ・ノワールって他の品種のワインよりも高い傾向にあるような気がしますが、このワインはとってもリーズナブル。しかもボトルからは高級感をヒシヒシと感じさせます(笑)
 日本でも大人気のチリワイン。屋外でのお花見にも是非連れて行って欲しい一本です。是非どうぞ!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2016-03-18 15:21 | ワイン | Comments(0)


ワインをウイスキーの樽で熟成させたの!?

 ここ数日で一気に春めいてきた盛岡、今日も午前中から気温が上がっていますね。東京などでは明日にも桜の開花しそうだなんて言われてますが、ホントあっという間にお花見の季節になりましたね!

 そんな今月7日、全国へ向けて新たに発売されたこんなワインをご紹介しましょう!斬新ですよ(笑)f0055803_1625793.jpgf0055803_163735.jpg















 こちらは
 こちらはオーストラリアの名門ワイナリー、ジェイコブス・クリークが新たに発売した「ダブルバレル」というシリーズになります。名前からお察し頂けるかと思いますが、このワインって“二重熟成”をしているんです!
 一般の赤ワインと同様、この「ダブルバレル」もワイン用の木樽で12~18ヶ月の熟成を経た上で、更にウイスキー樽を使った熟成を加えているんです。実際にウイスキーを熟成させていた樽にですよ!?
 このジェイコブス・クリークって、以前には日本の和食料理人さんとコラボした「わ」というワインも発売していますが、なんとも斬新なアイデアを実践しちゃうワイナリーなんですね!f0055803_15445490.jpg
 発売されたのは2種類、「カベルネ・ソーヴィニヨン」「シラーズ」。前者はカベルネの名産地、クナワラのブドウを使用し、アイリッシュウイスキーの樽で熟成を経て仕上げられました。一方のシラーズも名産地として名高いバロッサヴァレーのブドウから造られ、こちらはスコッチウイスキーの樽を仕上げ用に使っています。
 私も入荷したばかりでまだ飲めていないんですが、二重の樽熟成に寄って、きっと複雑な味わいを醸し出し、濃厚な味わいながらまろやかになってるんじゃないかなって思うんですが...
 いづれどんな味わいなのか興味を引きますよね!フルボディがお好きな方には特にお勧めしたい一本です。是非お試し下さい!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2016-03-17 16:00 | ワイン | Comments(1)


春の限定酒、2種類追加です!

 ここ数日、春を思わせるような暖かな日が続いていますが、さすがに陽が陰るとグッと冷え込んでくる気がしますね。温かくなったり寒くなったりを繰り返して、春本番がやって来るんですね。もうすぐですね!

 そんな春に合わせて発売されるお酒は最近、日本酒の世界にも広がっていますね。先日ご案内した3種類の内「あさ開」は既に完売しましたが、今日は新たに2種類のお酒が入荷になりましたよ!f0055803_1551273.jpg
 それがコチラ。まずは紫波の蔵元、廣田酒造店さんから発売された「廣喜 春限定純米酒」。ピンク色したフロスト瓶に詰められており、いかにも春らしいこのお酒は、通常発売されている特別純米酒と同様、“ひとめぼれ”を60%精米して造られ、火入れも2回した清酒ですが、酵母が違うんです。こちらのお酒には自社の蔵から採取した独自の酵母、通称“水分酵母”を使用しているんです。その効果は特に香りに現れているそうで、春らしい華やかな芳香を感じさせてくれるお酒です。
 そしてもう一方は赤武酒造さんが手掛ける「浜娘 春一番蔵出し純米酒」です。震災から5年が経ち、現在は盛岡の地で蔵を再建し頑張っていますが、このお酒を含め、四季折々に限定酒を発売されているんです。
 春に出されるこのお酒は“ひとめぼれ”を60%まで精米して造られた純米酒ですが、生貯蔵酒として出荷されています。フレッシュな口当たりと柔らかな味わいはこれからの季節、お花見にもピッタリだと思いますよ。
 春の地酒も色々ございます。是非お試しくださいね!
f0055803_1675295.jpg

[PR]
by yoshida-ya1201 | 2016-03-16 16:09 | 岩手の地酒 | Comments(0)


イタリア各地でワイン造りをしているナターレ・ヴェルガ...

 3月も半ばになり、春を感じさせるような日も増えてきたように思われます。今日もそんなお天気、気持ちのいい太陽光が降り注いでおります。店のシンビジウムも大きな花芽を付け、裏庭に植えたチューリップにも芽が出てきました。春ももうすぐそこですね!

 さて、今日は定番のワインコーナーに新たに加わった仲間を紹介しましょう!f0055803_15191254.jpgf0055803_15192910.jpg
 5種類の赤ワインと2種類の白ワイン
 5種類の赤ワインと2種類の白ワイン、産地も違うこれらワインは全て同じ造り手によるものなんですよ!f0055803_14335950.jpg
 造り手の名前は「ナターレ・ヴェルガ」、赤く色が付いている6つの州でワイン造りをしているんです。
 1895年にエンリコ・ヴェルガに寄って設立され、現在はブランド名にもなっているナターレ・ヴェルガが4代目を継いでいます。
 では1本づつ見ていきましょう。
 赤ワインの一番左から、まずはアブルッツォ州の「モンテプルチアーノ・ダブルッツォ」です。この州を代表する品種“モンテプルチアーノ”は今やイタリアワインの代表と言ってもいいほど有名ですね。
 続いてシチリア州の「ネロ・ダヴォーラ」。イタリア最大の島、シチリアの固有品種ですね。
 そしてロンバルディア州からは「ヌアレ ピノ・ノワール」。先日からより重厚感のあるボトル変わりましたね!
 更にはプーリア州から「プリミティーヴォ」。アメリカではジンファンデルと呼ばれる品種です。 
 そして、ピエモンテ州の「バローロ」。イタリアで最高峰とも言われるこのワインは“ネッビオーロ”から造られます。この1本はよしだ屋ではセラーの中ですが、それでも他のバローロに比べたらリーズナブルですよ。
 白ワインは右の2種類。まずはヴェネト州の「ソアヴェ」。この名前、ワインを知らない方でも聞いたことがあるんじゃないでしょうか?イタリアを代表する辛口白ワインで、“ガルガネーガ”というブドウを主体に造られています。きっとこっちの名前の方がマイナーかもしれませんね!笑
 そして最後はシチリア州の「グレカニコ」。このブドウもシチリアの固有品種で、フレッシュな酸も心地よい辛口ワインなんですが、あまり馴染みはないかもしれませんが美味しいワインですよ!

 いかがでしょ。これだけの広いエリアでこれだけタイプの違うワインを造る「ナターレ・ヴェルガ」ってスゴイですよね。代々、『より多くの人が気軽に楽しめる高品質のワイン造り』をモットーにしているだけあって、いづれもリーズナブルな価格なのも嬉しいところなんです。是非、様々な味わいをお楽しみ下さいませ!
[PR]
by yoshida-ya1201 | 2016-03-14 15:15 | ワイン | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
Teruさん、ありがとう..
by yoshida-ya1201 at 13:29
10周年おめでとうござい..
by 姫 at 23:24
10周年記念おめでとう!..
by Teru at 16:33
ありがとうねぇ~って、コ..
by yoshida-ya1201 at 16:00
ブログジャンル
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧