ワインとチーズの店 よしだ屋日記


本日、71回目のワイン会当日。出品酒の発表です!

 例年より大分早いと思われる雪が今年は一昨日の夕方から本格的に降り始め、あっという間に路面を白く覆いました。昨日今日と天気も回復し、さすがに街中からは雪は消えましたが、週末にはまた雪の予報が...今年の冬は早いし、雪も多くなりそうな感じですね。
 
 さて、隔月で開催してきたワイン会も今回で71回目を迎えることが出来ました。これまで最終土曜日を基本に開催してきましたが、今回は会場の都合もあり初の平日開催となりました。明日が祝日とは言え、土曜日を期待されていた方もおりましたし申し訳ないことでありました。
 そんな今回、会場はこれまで何度もお世話になった菜園のクッチーナさん。と言っても現在はベアレンビールさんとの協同の店舗として生まれ変わり「菜園マイクロブルワリー」となっていますが...
 今回はお店からの要望もあり、20名様限定とさせて頂いたことで、数名の方をお断りせねばならなかったこと、非常に残念ではありますが、ご参加下さる20名の皆様と楽しい時間を過ごせるようにと思っております。

 11月の会は毎年、各地の新酒をテーマにしておりますが、今回もこんなラインナップです!
f0055803_13201732.png
 乾杯には、ボージョレ・ヌーヴォー同様、今年収穫したガメイを使用して造られた「フロリアーヌ ガメイ・スパークリング」です。鮮やかな色合いと仄かに甘さも感じるのみ安いスパークリングワインで始めましょう。
 今回唯一の白ワインは、地元大迫町でワイナリーを立ち上げた喜和さんのワイン、「高橋葡萄園 ホイリガー」を。ミュラー・トゥルガウを使用した新酒で、やや薄にごりの状態を瓶詰めされています。
 ここからボージョレ・ヌーヴォーを4種類お楽しみ頂きます。
 まずはボージョレ地区の生産者で「ルイ・テッド」「ダミアン・コクレ」です。前者は100年以上の古木から収穫したブドウを使った
f0055803_13275330.png
サントネールを。後者は自然派として脚光を浴びる新進の醸造家のヌーヴォーです。
 後半の2本は広いブルゴーニュ地方で名門と言われる「ジョセフ・ドルーアン」「ルイ・ジャド」です。ヌーヴォーの元祖とも言われるドルーアンと、ヌーヴォーとは一線を画し、プリムールとして出荷しているルイ・ジャド。双方とも楽しみな一本ですね!
 最後のイタリアの新酒、ノヴェッロを2種類。マルケ州の「ヴェレノージ」とアブルッツォ州の「ファルネーゼ」です。いづれも人気の造り手ですし、ヌーヴォーとは異なり個性あるそれぞれの品種を使用しての味わいを楽しんで頂きましょう。

 ちなみに店頭ではドルーアンのヌーヴォーと2種類のノヴェッロ以外は在庫がございますので、まだ召し上がっていない皆さんは是非ご来店下さい!今しか楽しめない新酒の味わいをご賞味下さい。

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-11-22 13:38 | イベント情報 | Comments(0)


いよいよボージョレ・ヌーヴォー解禁です!

 グッと冷え込むようになってきたココ最近、盛岡にもついに白いものがチラチラ舞い落ちて来たようです。短い秋も終わり、いよいよ冬の到来ですね!

 さて今日は11月16日。11月の第3木曜日といえば、フランスの新酒ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日ですね。ご存知の通り、ボージョレ・ヌーヴォーとは、フランスのブルゴーニュ地方南部にあるボージョレ地区で生産される新酒(ヌーヴォー)のことを指すわけで、全てガメイ種という黒ブドウから造られる赤ワインです。ちなみにですが、ボージョレ地区の隣りにあるマコネ地区でも新酒は造られていますが、こちらはシャルドネ種から造られる白ワインしかないんですよ。
 話をボージョレ・ヌーヴォーに戻しますと、一概にボージョレ・ヌーヴォーと言っても価格には驚くほどの違いがありますよね。ブルゴーニュを拠点に各地で有名なワインを手掛ける生産者によるもの、ボージョレ地区で代々家族経営を続けている造り手、更には大量生産するような造り手もいるでしょうから、必然的にピンキリになってしまうんでしょうね。いづれにしても、通常のワインとは違い飛行機で空輸されてくるわけですから、そのコストも影響するでしょうしね。なのに某スーパーなどで驚くほどに安いものもあったりするとビックリしちゃうんですが...笑

 よしだ屋に入荷したボージョレ・ヌーヴォーは5種類。
 ブルゴーニュを拠点に数々の高級ワインも手掛ける名門が2つ。一般的なヌーヴォーとは一線を画す意味でプリムールと名乗る「ルイ・ジャド」と、友人に自分が造った新酒をプレゼントしたという逸話がボージョレ・ヌーヴォーの始まりという伝説を持つ「J・ドルーアン」です。
 そして、ボージョレ地区で代々ワイン造りをしているのが「ダミアン・コクレ」「ルイ・テッド」です。「ダミアン・コクレ」は2007年に独立する形でワイナリーを立ち上げたようですが、その彼の父親は自然派の第一人者マルセル・ラピエールの愛弟子。ボージョレ地区の自然派として着実に実力を付けている新進気鋭の生産者です。一方の「ルイ・テッド」からは2種類のヌーヴォーを。良質のブドウのみを使った「ヴィラージュ・ヌーヴォー」は100年ほど前に流通していたポットボトルに詰めて。そして、「サントネール」は樹齢100年以上のブドウのみを使用し、しかも1本の樹に2房しか実を付けさせないことによる凝縮感を感じさせてくれます。
 そしてもう一本。こちらは厳密にはボージョレ・ヌーヴォーと呼ぶことはできませんが、ボージョレ・ヌーヴォーと同様今年収穫されたガメイ種を使用して造られた「フロリアーヌ ガメイ・スパークリング」です。仄かに甘さも感じられ、フルーティーな味わいですよ。
 まずは今年もブドウの出来は良かったようですし、難しいことを言わずに新酒の解禁を祝って楽しみましょう!
f0055803_14354362.jpg

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-11-16 14:37 | ワイン | Comments(0)


喜和さんのワイン、今年も新酒が出来ました!

 今のところ曇り空ながら穏やかな空模様の盛岡ですが、天気予報によればこれから雪が降ってくるかもしれないとのこと。今シーズン最初の冬将軍のお出ましのようです。いきなり大雪ってことはないと思うんですがどうでしょうね。まだタイヤ交換もしていないし、それだけは勘弁して欲しいんですが...笑
 そして明日は11月の第3木曜日。ってことはボージョレ・ヌーヴォーの解禁日です!よしだ屋にもすでに複数のヌーヴォーが入荷し並べられるのを待っている状態ですが、そんなヌーヴォーの飲み比べが出来るワイン会を1週間後の22日に予定しています。現在10名ほどに留まっておりますが、締め切りを17日まで延長して頂きましたのでまだ間に合いますよ。ご検討の皆様、是非ご一緒にいかがですか?

 さて今日は明日のヌーヴォー解禁を前に入荷したこちらの新酒をご紹介しましょう!
f0055803_12512870.png
 地元の皆様には大分お馴染みになったでしょうか?扱っているお店も限られているようですし、まだまだご存じない方も少なくないのかもしれませんね。
 地元大迫で「高橋葡萄園」を立ち上げた高橋喜和さんが手掛けた新酒
「ホイリガー2017」です!
 高橋さんは
県内ワイナリー2社で醸造担当としての経験を持ち、オーストリーの国立ワインスクールで研修を積んだ経験もあります。そんな彼が自らのワイナリーを立ち上げ、家族と共に栽培を手掛け、醸造はほぼ一人で頑張っています。
 今回入荷した“ホイリガー”とはフランスのヌーヴォーやイタリアのノヴェッロと同意で主にオーストリーで使われる新酒を意味する言葉で、使われているブドウは“ミュラー・トゥルガウ”です。定番にもある白ワインですが、定番とは明らかに違う味わいを感じることが出来ます。酵母も違うそうですが、薄く濁っている見た目、発酵による軽い発泡性も感じることが出来るフルーティーなワインに仕上がっています。生産本数には限りがありますが、是非ご賞味頂きたい一本です。 
 なお、定番の「リースリング・リオン」は当店在庫1本となりましたし、「ミュラー・トゥルガウ」と赤ワインの「ツヴァイゲルトレーベ」は完売のようです。新ヴィンテージの発売は来年3月頃になる予定ですので、少々お待ち下さいね。

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-11-15 13:12 | ワイン | Comments(0)


冬のヴァイツェン、本日発売です!

 今日も一日気持ちのいい青空に恵まれた盛岡ですが、天気予報を見ていると、場所によっては雪のマークが出ていたりしますね。数日前まで暖かいこともあった盛岡も、あっという間に寒い冬を迎えることでしょう。せめて大雪だけは避けて欲しいところですが...笑
 さて、先日解禁になったイタリア産の新酒ノヴェッロですが、2種類共に残すところ数本となっております。まだ召し上がっていない皆様はどうぞお早めに。そして、これらノヴェッロも楽しめるワイン会はまだまだ募集しておりますよ。今回は祝日前の平日の開催となりますが、是非皆さんと一緒に楽しみませんか?


さて、11月に発売を迎えるベアレンビールと言えば、皆さんならすぐに「アレだ!」って思い出されるかも知れませんが、そのビールが今日から発売を開始しましたよ!f0055803_1524546.jpg
 はい、「ヴァイツェン」ですね!
 私も好きなタイプのこのヴァイツェン、数あるベアレンビールさんのスタイルの中でも人気が高いタイプですよね!
 小麦を使ったフルーティーな味わいが特徴のこのビール、ベアレンさんでは夏と冬の2回発売していますが、それぞれの季節を考えて微妙に味わいを変えていると言います。夏はよりスッキリと、冬はややコクもありつつ...この違い、皆さんはお気付きでしたでしょうか? 
f0055803_15533709.jpg

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-11-10 15:53 | ビール関係 | Comments(0)


アラン・ブリュモンに新商品が登場しましたよ!

    *22日のワイン会、まだまだ募集継続中です。お早めに!

 11月に入って1週間余り、すでに立冬も過ぎ紅葉の季節から寒さ厳しい冬の季節へ少しづつですが進んでいるように感じますね。ここ数年、盛岡は比較的雪の少ない冬でしたが、今年はどうでしょう?

 さて、久しぶりになってしまいましたが、今日はこちらの新しいワインをご紹介しましょう!
f0055803_14284910.png
 フランスの中でも多くのワイン産地がありますが、こちらのワインは有名なボルドー地方の東側、内陸部に位置する南西地方と呼ばれるエリアのワインです。この地方にはカオール地区やベルジュラック地区など著名な産地もありますが、この地域の名を一躍有名にしたと言っても過言ではない造り手がマディラン地区のアラン・ブリュモンでしょう。
 この地域の固有品種“タナ”を復活させたことで知られていますが、更にハリウッド俳優のトム・クルーズが自家用ジェット機に乗って買い付けに行くほどお気に入りの造り手、なんていうニュースが世界を駆け巡ったことも大きな要因でした。

 そして今回、これまでの定番に加え、こちらのワインが新たに発売になりました。
 スタンダードクラスのガスコーニュの赤ワインのシリーズに「タナ&メルロー」に加え、「タナ&カベルネ・ソーヴィニヨン」が発売になり、マディランの入門編として発売された「シリュス」には、上級ワインの「シャトー・モンチュス」や「シャトー・ブースカッセ」の若木から収穫されたブドウを使用しています。もちろん、タナを中心に造られていますが、他にカベルネ・ソーヴィニヨンやカベルネ・フランもブレンドされています。

そして、アラン・ブリュモンのシリーズが揃うとこんな感じに...是非、ご賞味下さい!
f0055803_14523460.jpg
 


[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-11-09 14:55 | ワイン | Comments(0)


秋の風物詩、イタリアの新酒「ノヴェッロ」解禁です!


 昨日は木枯らし1号とか、場所に寄っては街中でも積雪が、などと冬の到来を感じさせるような天候で、盛岡も一日中風が強かったですね。今日はその風は治まったようですが、気持ちのいい青空とはいかず曇り空ですね。 

 さて、本来昨日10月30日が解禁日だったイタリア産の新酒「ノヴェッロ」、例年よしだ屋では2社のワインをご用意しておりますが、今年も1社の到着が遅れ、本日やっと揃いました。
 まず背の高いボトルに詰められた左のワイン、こちらはマルケ州の「ヴェレノージ」のノヴェッロです。
 こちらのノヴェッロは“ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ”と“モンテプルチアーノ”から造られており、華やかな香りと果実味に溢れた味わいを感じさせてくれます。
 一方、右のワインはアブルッツォ州「ファルネーゼ」のノヴェッロです。一昨年からボトルもデザインもガラッと変わり、皆さんにウイスキーの瓶みたいだね、と言われていますが、確かにそんな感じです(笑)
 こちらは“モンテプルチアーノ”と“サンジョベーゼ”から造られています。新酒らしいフルーティーな味わいですが、先のヴェレノージに比べると少し落ち着いた印象を持たれるかもしれません。
 これから解禁になるフランスのボージョレ・ヌーヴォーは造り手や価格差に比例した味わいの違いはあるものの、使われているブドウは“ガメイ”で全て同じです。片やイタリアのノヴェッロはそもそも州によって使われるブドウが異なりますから、様々な味わいが楽しめることで近年特に人気が高まっていますよね。
 この2種類のノヴェッロも明らかな味わいの違いを感じることが出来ます。是非お試し下さい!
f0055803_16131677.jpg

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-10-31 16:13 | ワイン | Comments(0)


第71回 よしだ屋ワイン会のご案内!

 隔月開催のワイン会も数えて72回目、次回で今年最後の開催となります。
 よしだ屋が考えるワイン会は地酒の会もそうですが、何より楽しんで頂くことが一番と考えています。
 毎回多くの皆様にご参加頂いておりますが、8種類のワインと会場となるお店のお料理、そしてその場で偶然一緒になった方々との会話を楽しんで頂いております。会場では私もグラス片手にグルグル回っておりますので、ご質問があれば個別にお答えすることはありますが基本ワインに関する薀蓄はナシ(笑)
 そんな単純にワインが好きなら何方でも楽しんで頂ける会なんです。お一人でのご参加でも全く問題ありません、皆さんと一緒に楽しいひと時を一緒に過ごしませんか?
 そして毎年11月開催のこの会のテーマは「新酒」です。ボージョレ・ヌーヴォーはもちろん、イタリア産ノヴェッロも複数お楽しみ頂きますよ!

では、詳細を...
f0055803_15395531.jpg<日時> 11月22日(水) 19時~
  *会場の都合もあり祝日前の水曜日です。
<会場> 「菜園マイクロブルワリー」さん
  *旧クッチーナさんです。
<会費> お一人様 4,000円
<定員> 限定20名様
<締切> 11月15日(水)
 今回、1週間前前までに人数を確定したいと思いますので、ご協力お願いいたします。 皆様、お誘い併せの上、奮ってご参加下さい!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-10-30 15:06 | Comments(0)


初めて味わうお酒も一杯!「福来の会」、大賑わいでした!

 台風の影響なのか、雨降りの朝を迎えた盛岡です。2週続けての台風で各地で大きな被害も出ているようです。改めてお見舞い申し上げると共に、今後の進路についても注意深く見ていかないといけませんね。

 さて、昨夜開催された地酒の会ですが、初めてとなる沿岸北部の久慈市から「福来」さんをテーマに開催されました。蔵元を代表しお越し下さった久慈常務さんを交え、女性6名を含む26名の皆さんが楽しく過ごされていたようです。ワイン会も含めても26名の参加というのは最近無かったような気がしております。ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました。残念だったのは都合により帰られるとのことでお酒を飲めなかった常務さん...
 会場にお願いした「東家大手先店」さんは3年ぶりでしょうか。広い2階のお座敷は、日本酒の会にピッタリ。大皿に盛られたオードブルにお刺身と言ったお料理はどれも美味しそうです。もちろん、〆のお蕎麦まで。
 地元への出荷がほぼ全てと仰る福来さんのお酒ですので、皆さんほぼ初めて見るお酒ばかり。5種類7通りの味わいをじっくりお楽しみ頂き、帰りには気に入ったお酒を注文して下さる方も...
 7時丁度に始まった会もあっという間に9時。足取りも軽く、皆さん次の場所へ向かって行かれました、多分...笑
 ご参加下さった皆様、久慈常務様、東家のスタッフの皆様、本当にありがとうございました!

 では、会の様子を写真で振り返って見ましょう!
f0055803_12132999.jpg
f0055803_12140352.jpg
f0055803_12145381.jpg
f0055803_12134073.jpg
f0055803_12144295.jpg
f0055803_12150245.jpg





















f0055803_12142277.jpg
f0055803_12135159.jpg
f0055803_12141253.jpg










f0055803_12143209.jpg



[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-10-29 12:21 | イベント情報 | Comments(0)


本日「福来の会」、出品酒はこちらです!

 沖縄では台風の直撃で大荒れの様子で、今後北上も予想されていますが、盛岡は綺麗な秋晴れが広がっています。2週続けての台風に大きな被害が心配されています。お近くの方はどうぞお気をつけて。
 
 さて、今日は年に3回開催してきた地酒の会の当日です。今回の会場は3年ぶりにお世話になる「東家 大手先店」さんです。よしだ屋からもほど近い場所にあるこちらのお店、わんこそばで有名な東家さんの支店として人気のお店ですが、こちらの2階お座敷をお借りしての開催となります。
 毎回、一つの蔵元をテーマに開催してきたこの会、今回は盛岡からは遠く離れた久慈市の「福来」さんの登場です。こちらの蔵元さんの会としては初めてになりますが、初参加の方も含め26名のご参加表明を頂いており、今から盛り上がりそうな予感がしています。ご参加の皆様、よろしくお願いいたします!

 それでは本日お出しするお酒をご紹介していきましょう!
f0055803_14165427.png
 まずは純米系の2種類。
 乾杯は「特別純米酒 白樺凛(しらかばりん)」です。白樺で有名な平庭高原をモチーフにしているこちらのお酒は“ぎんおとめ”の60%精米、久慈市山形町の名水、清水川の源流水を仕込み水に使用しています。
 続いては「特別純米酒 涼霞(すずかすみ)」です。こちらも同様に“ぎんおとめ”の60%精米の純米酒ですが、味わいには違いがあるそうですよ。こちらは冷と燗、両方で味わってみましょう。
 そして「純米大吟醸 吟ぎんが」を。岩手県オリジナルの“吟ぎんが”を50%まで磨き、酵母も県オリジナルの“ゆうこの想い”を使用して造られた逸品です。
 更には「辛口大吟醸 久慈川」を冷とゆる燗で。こちらは“吟ぎんが”を50%まで磨いて、しかも日本酒度+5の辛口に仕上げた一本です。
 そして今回のトリはこちら、「大吟醸 しぼりたて無濾過生原酒」です。“山田錦”を40%まで磨いて造られた大吟醸を、しずく酒と呼ばれる、いわゆる袋吊りして取れた貴重なお酒です。もちろん火入れもせず、濾過もせずの出来たてそのままの状態を提供下さいました。楽しみの一本ですね!

 いかがでしょう、今回のラインナップは。地元の皆さんには馴染み深いお酒かもしれませんが、盛岡の皆さんには中々お目に掛かることのなかったお酒たちではないでしょうか?福来さんを知るいい機会になりそうですね。

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-10-28 14:37 | イベント情報 | Comments(0)


「かぼちゃ」の次は「リンゴ」と「洋ナシ」です!

 先週末は台風の影響で雨降りが続いていましたが、ここ数日は秋晴れに恵まれている盛岡です。また、台風が接近しているようですが、今回はちょっと逸れて行くみたいですから被害は無さそうで一安心ですね。
 久しぶりの投稿になりますが、毎日元気に営業しているよしだ屋。忘れずにお願いいたします(笑)

 さて、最後に投稿したのは蔵ビールさんの「かぼちゃエール」でしたが、今日はコチラです!
f0055803_15351622.png

 こちらももうスッカリお馴染みですね!
 ベアレンさんが手掛ける「アップルラガー」です。盛岡近郊で収穫される早生品種“さんさ”を中心に、自分達の手で丸ごと絞った果汁をタップリ使って造られるフルーツビール(日本では発泡酒)です。
 アルコール度数は5%ほどありますが、リンゴの仄かな香りとフレッシュな口当たり、飲み飽きしない味わいが特徴ですが、実は香料などの添加物は一切使わず、炭酸ガスを含め全てが自然の味わいなんですよ。
 今年はいつもより甘みを感じるかなぁ~と仰るお客様もいらっしゃいましたが、今しか楽しめない味わいを是非ご賞味下さい。
 
f0055803_15352990.png
 そして、あわせてコチラも発売です!
 果実酒の製造免許を取得し、リンゴを使ったイギリススタイルのサイダーを飲食店中心に発売しているベアレンさんですが、今回それに先立って洋ナシを使用した「イングリッシュペリー」が発売になりました。
 原料となる洋ナシももちろん岩手県産。アルコール度数6%でしっかりとしたお酒ですが、仄かに感じる洋ナシの香りとフルーティーな味わいが人気の商品です。
 サイダーはほぼ飲食店さん限定でご家庭で楽しむことは難しいかもしれませんが、こちらのペリーはお買い求め頂けます。が、生産本数は極めて少ないようですので、早期完売必至です。お早めにどうぞ!
f0055803_15492317.jpg

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-10-27 15:49 | ビール関係 | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
Teruさん、ありがとう..
by yoshida-ya1201 at 13:29
10周年おめでとうござい..
by 姫 at 23:24
10周年記念おめでとう!..
by Teru at 16:33
ありがとうねぇ~って、コ..
by yoshida-ya1201 at 16:00
ブログジャンル
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧