ワインとチーズの店 よしだ屋日記


ブラックタワーにも仲間が増えましたよ!

                      第67回ワイン会参加者募集中!

 今年も雪が少ないまま終わるかと思われた盛岡ですが、3月に入ってから雪降りの日が多くなったような気がしますね。今朝も昨日から降り続いてたいた雪で真っ白くなっていましたもんね。午後になって晴れ間も出てきましたし、積もってもすぐに溶けちゃうんでしょうけど...
 そんな雪降りの中、今日は公立高校の入試。私が受験したのは遥か30年以上も前、遠い昔だなぁ~笑

 さて、今日は開店以来定番に位置づけてきたドイツワインの「ブラックタワー」に新商品が追加になったということで、早速よしだ屋のラインナップにも登場です!改めてご紹介しましょう。
 造っている「レー・ケンダーマン」の歴史について軽く触れますと、まずカール・レー氏が1920年、モーゼル地方でワイン造りを始めます。その後1947年にはドイツワインを輸出する貿易商を始めたヘルマン・ケンダーマン氏は1965年になってワイナリーを取得しワイン造りも始めました。その頃にこの「ブラックタワー」も誕生し、世界中で人気を博したようです。そして1997年、3代目カール・レー氏はケンダーマン・ワイナリーとの合併を決断し、「レー・ケンダーマン」が設立されました。今ではドイツ有数のワイナリーとして大きな成長を遂げていますね。

f0055803_1520445.png さて、ブラックタワーの特徴はまずはこのボトル。クロックボトルと呼ばれる独特の形をしていますが、これはローマ時代にワイン造りが伝えられたドイツで黒い陶器の瓶に詰められていたことに由来しています。今ではワインのトレードマークのようになっています。
 右側の赤ワインは、ドイツの固有品種“ドルンフェルダー”“ピノ・ノワール”がブレンドされています。柔らかな果実味を感じる辛口ワインですが、仄かな甘みも少し感じさせてくれます。このボトルも実は真ん中のワインのように下半分は透明なんですよ(笑)
 中央は1967年に初めて瓶詰めされたワインで、ブラックタワーが世界に出るきっかけとなった白ワインで“リヴァーナ”という品種で造られています。甘口のワインですが、程よい酸味も感じられ、バランスの良い仕上がりになっています。 
 そして、左側の白ワインが昨年夏から国内での販売が始まった「ドライ・リースリング・オーガニック」です。
 ドイツを代表する白ブドウ品種“リースリング”を使用した辛口タイプのワインです。しかもEUで認証を受けたオーガニックワインでもあります。ドイツの白ワインは甘いとのイメージも強いかもしれませんが、最近では辛口も増えています。このワインもそうした中から生まれたワインと言えるかもしれませんね。
 赤ワインに、甘口と辛口の白ワイン、様々な方にお楽しみ頂ける「ブラックタワー」ですね!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-03-09 16:14 | ワイン | Comments(0)


ロス・アロルドスに仲間が加わったので一挙公開!

                  第67回ワイン会参加者募集中!

 今年も早いもので3月。雪が少なかったこの冬、もうすぐ植物たちも芽吹きの季節を迎えますね。
 そんな今月は卒業や退職、異動など別れが多い月かもしれません。よしだ屋的にもご常連さんの異動は気になるところではありますが、反面で4月以降の新たな出会いには期待したいところでもあります(笑)
 卒業以来、職場は変わりましたが異動とも縁が無く盛岡から離れることなく今日まできた私。これからも本町に居続けたいと思っております。頑張らなきゃ!これから気候もよくなります、皆様のご来店をお待ちしております!

 さて、今日はこちらのワインをご紹介します。各国様々なワインが並ぶよしだ屋の定番コーナーにあって、アルゼンチン産のワインは「ロス・アロルドス社」の物を揃えているんですが、今回1種類が加わりフルラインナップとなりましたので、改めてご紹介しましょう。この造り手は市内では唯一の扱いですよ、きっと。
 ロス・アロルドス社は1939年にアンデス山脈のふもと、メンドーサ地区で創業しました。夏は冷涼で乾燥し、冬は温暖で日中と夜間の気温差があり、更にアンデス山脈からの雪解け水の恵みとブドウ栽培に適した土地です。この土地で400haの自社畑と、3000haにも及ぶ契約農家からの供給を受けてワイン造りをしています。

f0055803_144858100.png そんな「ロス・アロルドス」が手掛けるワイン、まずはスパークリングワイン、「エクストラ・ブリュット」です。“シャルドネ”と“シュナン・ブラン”、“ソーヴィニヨン・ブラン”をブレンドして造られる辛口スパークリングです。
 白ワインは2種類あり、一つが今回仲間に加わった「トロンテス」です。アルゼンチンの白と言えばコレっていうくらい国を代表する固有品種ですよね!何故今まで入れていなかったのか我ながら不思議です...笑
 そしてもう一種類が「シャルドネ」です。結構キリッとしたタイプの味わいですよ。f0055803_14591130.png

 赤ワインはこちらの4種類。
 4種類ありますが、ブドウ品種で分けると「カベルネ・ソーヴィニヨン」「マルベック」の2種類になります。白のトロンテスと同様、マルベックはアルゼンチンを代表する固有品種と呼べるワインですね。
 そしてそれぞれにオーク樽の新樽で熟成させ、味わいに深みを増したタイプがあり、それが右側に並ぶラベルが濃い2本です。
 品種の違いを楽しむもよし、樽の熟成あるなしで比べてみるのも面白そうですよね!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-03-03 15:10 | ワイン | Comments(0)


堀の井の会、大変楽しい会となりました!

                  第67回ワイン会参加者募集中!

 日曜日の今日も明るい日差しが降り注ぎ、穏やかなお天気となっております。先週一気に降り積もった雪も道路はほぼ溶け、乾燥路も増えてきました。徐々に春に近づいているんですね!

 さて、昨夜開催された30回目を数える地酒の会、女性3名を含む14名の皆様にご参加を頂きました。多くは複数回参加下さっている皆さんですが、今回初めてお友達を誘っていらした方もおり、初参加もお二人いらっしゃいました。その内の一人Y氏は、時々お越し下さる兄貴の同級生F氏に誘われてご参加になりましたが、なんと私の同級生とも長い付き合いだったと不思議な偶然も発見したりして...笑
 蔵元を代表してお越しくださったご子息の信さんのご挨拶から乾杯へ。お酒も進むに従い「これは旨い!」と歓声も聞こえてきます。最後のお酒まで堪能し、気に入ったお酒を注文下さった方もおりました。
 会場としてお願いした「めしや」さんからは、「予算の範囲内で作る料理ですから、写真など出されると...」と事前に言われていましたが、なにをなにを...順を追って出されるお料理に皆さん大満足の様子です。きっと謙遜だったんでしょうね!参加されていた皆さんも写真に収められていましたが、私もココでアップしちゃいましょう(笑)

 では、そんなお料理の数々とあわせ、会の様子を写真で振り返ってみましょう。f0055803_13521188.jpg 
f0055803_13523988.jpgf0055803_13525545.jpgf0055803_1353765.jpgf0055803_13532334.jpgf0055803_13534566.jpgf0055803_1354596.jpgf0055803_13545991.jpgf0055803_13551366.jpgf0055803_13553380.jpgf0055803_13554854.jpgf0055803_13563338.jpgf0055803_13564487.jpgf0055803_1444837.jpgf0055803_145019.jpgf0055803_1451276.jpg
ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-26 14:06 | イベント情報 | Comments(0)


本日、「堀の井の会」。出品酒の発表です!

                   <第67回ワイン会参加者募集中!>

 今日の盛岡はスッキリとした青空が気持ちいいお天気になりました。陽射しを見ると、心なしか春を感じさせてくれるようです。
 ところで、昨日のプレミアムフライデーってどうだったんでしょうね!月末の金曜日は早く仕事を終えて、様々な場面での消費喚起を促そうとする施策のようですが、果たしてどれだけの企業が実施に踏み切れるのか...地方の中小・零細企業のことまで考えてのことなのか、ちょっと疑問ですよね。
 もちろん私もそうした流れから来店数が増え、売上げに繋がってくれればと切に願う個人商店主ですが(笑)

 さて、今夜は年に3回開催している地酒の会当日です。会場となる桜山の「めしや」さんは開店3ヶ月ほどの新しいお店ですが、今回鍋は考えてませんよと仰っていたので、どんなお料理が並ぶかも気になるところですね!
 では、早速今夜お出しする「堀の井」さんのラインナップをご紹介していきましょう。f0055803_1438341.png
 今回乾杯用に選んだのは、時期的にもピッタリの「本醸造しぼりたて生原酒」です。“トヨニシキ”の60%精米、出来立てのフレッシュでコクのある味わいのお酒です。
 続いては冷と燗、温度を変えて楽しんで頂きますが、「純米酒 堀米」です。“トヨニシキ”から造られる純米酒ですが、そのお米は蔵元自ら携わっているんです。
 そして高級酒「大吟醸 紫波の匠」の登場です。“山田錦”を40%まで磨いて造られており、全国の新酒鑑評会で5年連続して金賞を受賞していいる蔵を代表するお酒です。
 続くは「純米大吟醸 吟ぎんが」を。県の酒造好適米“吟ぎんが”を50%まで磨いて造られています。こちらも冷のほか、ぬる燗でも試してみましょう。
 そして今回もトリを飾るのは「純米大吟醸 結の香」です。県が純米大吟醸用に開発した酒米“結の香”を40%まで磨いて造られた逸品です。しかも今回は特別に生のままの状態を出品頂きましたよ。楽しみですね!

 いかがでしょう、今回のラインナップは...最後の「結の香 生」のみ限定出品となりますが、その他は通常商品ですので、随時お取り寄せ可能です。気になる方は是非どうぞ!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-25 15:15 | イベント情報 | Comments(0)


第67回目 よしだ屋ワイン会のご案内

 隔月開催のワイン会も数えて67回目となります。
 よしだ屋が考えるワイン会は地酒の会もそうですが、何より楽しんで頂くことが一番と考えています。
 毎回多くの皆様にご参加頂いておりますが、8種類のワインと会場となるお店のお料理、そしてその場で偶然一緒になった方々との会話を楽しんで頂いております。会場では私もグラス片手にグルグル回っておりますので、ご質問があれば個別にお答えすることはありますが基本ワインに関する薀蓄はナシ(笑)
 そんな単純にワインが好きなら何方でも楽しんで頂ける会なんです。お一人でのご参加でも全く問題ありません、皆さんと一緒に楽しいひと時を一緒に過ごしませんか?

では、詳細を...f0055803_15395531.jpg
<日時> 3月25日(土) 19時~
<会場> 菜園、「クッチーナ」さん
<会費> お一人様 4,000円
<定員> 30名様

 お誘い併せの上、奮ってご参加下さい!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-24 15:41 | イベント情報 | Comments(0)


品種の違うスペインワイン、3種類が新定番に!

 雪が少ないと思われた今年の盛岡ですが、一昨日は朝から一日中の雪降りで今シーズン最高の積雪を記録しました。一気に20cmを越える積雪となりましたが、翌日からはまた好天が戻り、路上の雪もどんどん溶けて行っているようです。夜には凍って日中溶けて...そんな繰り返しが続きそうです。

 さて、今日は先日来ワインコーナーで定番となったワインをご紹介しましょう。f0055803_1433742.png
 今回、スペインワインコーナーの一部商品で入れ替えを行いまして、個性の違うこちらの3種類が新たな仲間として加わりました。
 一番左がナバーラの「ナバエルス」で、“カベルネ・ソーヴィニヨン”と“メルロー”それぞれ50%づつブレンドして造られています。樽と瓶で24ヶ月熟成されており、非常にバランスの良い仕上がりになっています。
 中央のワインも同じナバーラ産で「リビド」と言います。こちらは“ガルナッチャ”100%で造られており、果実味に富んだ味わいが魅力です。名前のリビドとは興奮するという意味だそうで、ラベルに描かれているガーターベルトもそうした意味合いがあるんですって。面白いですね。
 そして右のワイン。こちらはスペイン一の銘醸地として名高いリオハ産で、クネ社が手掛けた「クリアンサ」で、“テンプラニーリョ”に加え“ガルナッチャ”に“マスエロ”といった品種をブレンドしており、フレッシュな果実味も感じられるワインです。ところでクネ社の紋章にはスペイン王室から認可を得て国旗をモチーフに使われており、ここからもいかに名門かが分かりますよね。
  スペインでは熟成期間によって表記が分かれておりますが、今回のワインに使われている“クリアンサ”には樽熟成6ヶ月を含む最低24ヶ月の熟成を義務付けています。ちなみにこの上が“レゼルバ”で樽熟成12ヶ月を含む最低36ヶ月、更に、1月のワイン会にもお出しした“グラン・レゼルバ”と続き、こちらは樽熟成18ヶ月を含む最低60ヶ月もの熟成を義務付けているんですよ。これらはいづれも赤ワインの場合で白ロゼは若干短くなります。

 レジ横には現在のお勧めスポットワインが並んでおりますが、是非定番コーナーもご覧くださいね!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-22 15:16 | ワイン | Comments(0)


今年も始まります。地酒頒布会です!

                    <堀の井の会、参加者募集中!>
                       まだまだ募集中です。是非ご参加下さいませ!

 曇り空の今日の盛岡。降りそうで降らない、そんなお天気です...
 開店して12年目に入ったよしだ屋、長くなると機械の故障という思いがけない問題も発生するわけで、年末に壊れてしまったチーズ用のオープンショーケースを新調しました。業績も良いので設備投資しましたって言えたら格好いいんですけど、現実は止むを得ずといったところで...笑
 新たな冷蔵庫のリース期間は6年、だからってわけじゃありませんが、頑張らなきゃね!

 さて、毎年ご好評頂いておりますこの企画、今年も申し込みの受付が始まりましたよ!f0055803_1613666.png
 岩手県内の多くの蔵元が協力して企画されていますが、昨年までの「いわて純米大紀行」から今年は「いわて呑み蔵べ」とタイトルが変わったようです。
 ということで、中身のお酒は昨年までの“純米酒・特別純米酒”に“吟醸酒・純米吟醸酒”が加わりました。県内18蔵で特別に造られたそれぞれのお酒を、5月から7月までの3ヶ月間に渡り6種類づつお楽しみ頂けます。
 普通ならこれだけの種類のお酒を比較しながら味わうって中々出来ないことかと思いますが、この企画の良さはそこにあります。毎月、造り手が違う様々なタイプのお酒が300mlのサイズですから、比較しながら楽しむのにもピッタリです。
 広い岩手県、普段はあまり見掛けることのない蔵元のお酒に出会ういい機会にもなりますね!
 来月一杯と受付期間は長く設定されていますが、忘れないようにお早目のお申し込みをどうぞ!笑
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-16 16:36 | 岩手の地酒 | Comments(0)


ドイツ、フランスと来て、今日はスペイン!

                     <堀の井の会、参加者募集中!>
                       まだまだ募集中です。是非ご参加下さいませ!

 今日の盛岡は春を感じるような柔らかな日差しが降り注ぎ、寒さも和らいでいるようです。2月ももう半ばですから、これ以上の積雪も無さそうですね。寒さはまだまだ安心できないかもしれませんが...

 さて、レジ横のスポットコーナーは一気に様変わりしており、先日のドイツ産ピノ・ノワールに始まり、昨日は土着品種をブレンドしたコート・デュ・ローヌのヴァン・ド・ペイ。続いて今日はこちら、スペインです!f0055803_1441257.png
 スペインにも多くの銘醸地がありますが、今回のワインは2001年にD.Oとして確定したモンサンという地区で造られています。小石をを多く含むこの土地で100年以上に渡って運営を続けるビニェス・デン・ガブリエルが手掛けた「レラビ・モンサン」です。
 近年、月の満ち欠けや様々な惑星の動きに従って作業を進めるなどビオディナミを実践し、肥料はオーガニックなものだけ、酵母は葡萄畑に存在する天然酵母のみを使用するなど、全てにおいて自然であることを目指してワイン造りが行われています。
 で、今回のこのワイン。“ガルナッチャ”を中心に“サンソー(カリニャン)”、“シラー”から造られており、果実味に富んだフルーティーな味わい、またハーブのようなスパイシーな印象も感じさせてくれます。造り手は赤ワインなのに白ワインを飲んでいるようなスタイルを目指したと語っている通り、スムースな口当たりです。 
 是非こちらもご賞味下さいね!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-14 15:08 | ワイン | Comments(0)


ドイツに続いてフランスからの新着ワインです!

                     <堀の井の会、参加者募集中!>
                       まだまだ募集中です。是非ご参加下さいませ!

 昨日までの連休も西日本を中心に大変な雪降りになったようですね。今年の盛岡は昨年に続いて雪が少ないのに、どうしたことでしょう?鳥取なんて何倍もの積雪ですよね、きっと...雪国では当たり前のスタットレスタイヤとか向こうの方とか履いてるのかなぁ~雪に慣れていない地域の皆様、十分にお気をつけて。

 さて、レジ横のスポットコーナーには先日のドイツ産ピノ・ノワール以外にも新たなワインが並んでいますよ。f0055803_1412885.png 
 今日ご案内するこちらのワインはフランスのコート・デュ・ローヌ地方で造られています。と言っても、一般的なこの産地のワインとは一味違う味わいかもしれません(笑)
 「ヴァン・ド・ペイ・ド・ヴォークリューズ」というこのワイン、ビュルル家によって造られています。一般にA.Cコート・デュ・ローヌで使われる品種といえば“グルナッシュ”や“シラー”が思い浮かびますが、このワインにはそれらに加えて、ローヌ地方南部の土着品種である“マルセロン”や“カラドック”といった品種を25%づつブレンドして造られているんです。この二つの品種、皆さんはご存知でしたでしょうか?正直私も初めて知る品種でした。それもそのはず、と言うべきか、この二つの品種はA.Cローヌでは認められていない品種なんだそうです。ヴァン・ド・ペイだからこそその使用が可能になったということなんですね。自分たちの土地に誇りを持っているんですね!
 さてその味わいは、紫がかった色合いは若さも感じさせます。また熟した果実のような香りからは華やかさを感じ、滑らかでありながら凝縮された果実味を感じさせます。しっかりとしたタンニン、スパーシーな印象はこれらの品種に由来するものかもしれませんね。
 是非、皆様もお試し下さいませ!
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-13 14:28 | ワイン | Comments(0)


ベアレンさんの季節ビールと銀河高原さんの限定ビール!

                <堀の井の会、参加者募集中!>

 今日の盛岡は曇り空が広がるものの、穏やかな空模様。一方で、日本海側を中心に西日本でも大雪の予報が出されていますね。先日も鳥取などで大雪に見舞われていましたが、今年は盛岡よりも西日本の方が積雪が多いんじゃないかって不思議な冬ですね。雪のエリアの皆様、十分お気をつけて。

 さて、今日は一気に2種類の限定ビールが入荷しましたのでご紹介していきましょう。f0055803_157220.png
 まずは西和賀町沢内に工場を構える銀河高原ビールさんから発売されたこちら。
 毎年、季節に合わせて限定ビールを発売していますが、今回はちょっとイレギュラー。岩手県内の皆様にはお馴染みの“わんこ兄弟”をパッケージにあしらった岩手県限定発売商品。その名も「椀子麦酒」です。
 中身は「ケルシュスタイル」。ドイツのケルン地方で飲まれている伝統的なスタイルで、華やかな香りとスッキリとした味わいが特徴のビールです。飲み口がよく、“わんこそば”のように何杯でもおかわり出来ちゃうってことからの“椀子麦酒”のようですが、国体の時期ならもっと良かったんじゃないかなぁ~と思うのは私だけ?笑
 ビール好きな皆様もわんこ兄弟が好きな皆様も是非どうぞ。ちょっとしたお土産にもいいかもしれないですね!

 そしてもう1種類はこちら...f0055803_1526471.png 
 昨年も同じ時期に発売されたベアレンさんの「岩手ゆずヴィット」です。
 ベルギーのホワイトビールにオレンジピールが使われているように、このビールにはゆずの皮が使われているんです。そしてそのゆずが生産されているのは岩手県の中でも温暖と言われる陸前高田市、ゆずの北限に当たる産地です。
 麦芽に加え、発芽する前の小麦を使用し、スッキリとした軽やかな味わいに仕上がっています。アルコールは5%ありますが、苦味も少なくビールが苦手な方にもお勧めです。香料などは一切使用していませんが、後味にふわっと感じる仄かな香り、これがゆずなんですね!一ヶ月ほど販売できる数量はあるようですが、お早めにどうぞ!
f0055803_15505210.jpg

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2017-02-09 15:51 | ビール関係 | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
Teruさん、ありがとう..
by yoshida-ya1201 at 13:29
10周年おめでとうござい..
by 姫 at 23:24
10周年記念おめでとう!..
by Teru at 16:33
ありがとうねぇ~って、コ..
by yoshida-ya1201 at 16:00
ハピバ!ついに40代の最..
by よーなし at 12:25
http://sz6t0..
by Xavierkege at 16:12
ブログジャンル
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧