人気ブログランキング |

ワインとチーズの店 よしだ屋日記


桜の季節に桜が描かれたフランスワインなんていかが?

 ここ数日、一気に春めいてきた盛岡。真っ青な空にぽかぽかとした心地よい陽気になっています。この気候に石割桜も開花が発表されたようですが、咲いた花は上の方にあるらしく見つけるには難しそうですね。でもこの暖かさが続けば一気に咲き進むことでしょう。あと10日に迫った10連休まで見頃が続くといいですがどうでしょうね。

 そんな桜の季節にピッタリのワインをご紹介しましょう。開店当初から扱っているワインですが、久しぶりに...
f0055803_15050667.jpg
 いかがです?ラベルに咲く桜です(笑)
 このワイン、実はフランスの銘醸地、ボルドー産のワインで「フォンテージ・ド・ラフォン」と言います。フランスと桜ってちょっとイメージが結びつかないような気がしますよね。
 名だたる高級ワインを生み出すボルドー地方にあって、サンテミリオンにシャトー・ヴァランドローを成功に導いたことなどで一躍世界的な造り手となったジャン=リュック・テュヌヴァン氏。そんな生産者であり、ネゴシアンであり、ワインコンサルタントでもある氏が1988年に設立したのが自らの名を冠したテュヌヴァン社です。
 で、このワイン。メルローを主体にマルベックとカベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドして造られるACボルドーで、豊かな果実味と共に柔らかなタンニンが絶妙のバランスを表現していますが、この畑のオーナー(この方もまた超有名なワインのコンサルタントも勤めているんですが...)が桜を庭に植えているんだそうなんです。
 桜の下でみんなでワイワイと楽しむにはちょっと重厚過ぎるかもしれませんが、お家でマッタリとお花見気分を味わうにはいいかもしれませんね(笑)

 そうそう、フランスと言えば、ノートルダム寺院が火事に見舞われましたね。歴史ある建造物で国民の心の拠り所でもある場所のようです。一日も早い修復がなされるといいですね。

# by yoshida-ya1201 | 2019-04-17 15:43 | ワイン | Comments(0)


またまた日本初上陸のワイン、今度はフランスから。

 東北・北海道を除く広い地域で桜が満開になっているそうですが、盛岡ではまだまだ肌寒い日が多いですね。今日も午前中までは青空が広がり温かくなりそうだったのに、午後になって雲って来ましたもんね。お花見の季節はもう少し先になるみたいです。なんて言っても、花見で宴会なんて何年もしていませんが...笑
 昨日の日曜日、夕方から奥座敷では馴染みの皆さんがワインや熱燗で賑わっていましたが、表のテーブル席にも2組のご夫妻がお越しになりチーズを肴にワインを2本召し上がって行かれました。先日放送された「わが町バンザイ」を見ていらして下さったようなんです。思いがけず出演したテレビ、さすがの反響に感謝感謝です(笑)

 さて、今日はコチラのワインをご紹介しましょう。先日のイタリアワイン同様、こちらも日本初上陸だそうですよ。
f0055803_14473348.jpg
 今回はフランス産です。第3の銘醸地とも言われるコート・デュ・ローヌ地方で造られたこちらのワイン、名前を「ヴァントゥー・ル・カリニャン」と言います。ラベル上部に大きく書かれているのは造り手の名前、ドメーヌ・フォン・サラド。オーナーのベルナール・ビュルルは元々ジゴンダスのドメーヌ・ビュルル家の長男として生まれましたが、現在はこちら隣接するヴァケラスのドメーヌ・フォン・サラドの娘婿として義父の意志を引き継いでいます。
 “甘みがあって、リッチなスタイルを、お値打ちな価格で”をポリシーにこだわりのワイン造りを続けていますが、今回入荷したこちらのワインもそんな中から登場した1本です。この2017年物が初リリースというこのワイン、樹齢が50年以上にもなるカリニャンを主体に、一部グルナッシュをブレンドして造られています。
 収穫は全て手摘みで行い、コンクリートタンクで発酵・熟成して造られたこのワイン、非常に濃い色合いをしており熟したプラムのような華やかな香り、微かなスパイシーさも感じられる芳醇な味わいに仕上がっています。
 今回、日本にわずか150ケースが入荷した中からのご案内です。数量限定となりますので、お早めにどうぞ!

# by yoshida-ya1201 | 2019-04-08 15:21 | ワイン | Comments(0)


第6回「チョイ飲み・わいわいワイン会」のご案内です!

 中々、春本番とはいかないですね。寒波は去ったのか、雪は上がりましたが今日は雨降りの盛岡です。風も強いし、これから雪になるところもあるようです。4月のスタートは不安定な日が続きますね。
 
 さて、月一の恒例行事として定着しつつあるこちらのイベント、今月も開催しますよ!
f0055803_16052710.jpg
 昨年11月から始めた店内イベント「チョイ飲み・わいわいワイン会」も次回が6回目。
 過去、5回10日間開催してきましたが、お陰さまで毎回10人前後の皆さんがご参加下さり、店のサイズから言って丁度いい感じで来ております。偶然とは言え、ありがたく嬉しく思っております。
 ワインは日に7種類のワインをお出ししておりますが、毎回空になっちゃいますので土日連続でお越しになっても違うワインに出会えますよ。今月はゴールデンウイークの冒頭、しかも今年は新天皇の即位もあって10連休という大型連休が予定されています。そんな中での開催ではありますが、お時間のおありの方は気軽な気分でフラッとご参加頂ければと思います。宜しくお願いいたします!
# by yoshida-ya1201 | 2019-04-05 16:08 | イベント情報 | Comments(0)


4月に入って一気に2種類、ベアレンさんの季節ビールです!

 昨日までの寒さも和らぎ、青空が広がった午前中は暖かくなりそうでしたが、午後になって陽射しが消えちょっと肌寒いくらいになってきた盛岡です。春の温もりはもう少し先でしょうか。
 今週は地元の長年酒問屋を営んでいた社長さんが亡くなったとの知らせがあったばかりですが、今日になってそのお父様も息子の後を追うように亡くなられたと知らせがありました。私が勤めていた問屋も同じ地域にありましたし、昔から知るお二人ですから、何とも寂しい限りです。心よりお二人のご冥福をお祈りいたします。
 そんな中、一部同級生の間で私のことじゃないかと騒ぎになっていて、Lineは来るは電話は来るはメールは来るは...私と同じ姓ということがあるにせよ、ビックリしましたよ(笑)

 さて春間近のこの時期、毎年発売されるベアレンさんのビールが2種類同時に今日から発売開始です!
f0055803_14262366.jpg
 一つはこの時期のお馴染みとなったと思いますが、“5月の濃いビール”という意味合いの「マイ・ボック」です。文字通りアルコール度数は6.5%とやや高く、蜂蜜のような香りと濃厚な味わいが特徴的なビールです。
 まさに春を告げる「マイ・ボック」、是非ご賞味ください。

 そしてもう一つが夏場に掛けて大人気の「レモン・ラードラー」です。昨年までは単に「ラードラー」と呼んでいましたが、“レモン”の文字を加え、ラベルもガラリと一新しての登場です。専用に仕込んだビールにシチリア産のレモン(昨年までは国産レモンでしたよね、確か...)から造られたレモネードをブレンドして造られています。
 アルコール度数は2.5%。ライトでフルーティーな味わいが人気のビールです。こちらは暑い季節にピッタリの商品ですので、8月頃までは継続される予定です。こちらもあわせて是非どうぞ!

# by yoshida-ya1201 | 2019-04-04 14:37 | ビール関係 | Comments(0)


新元号『令和』に因んだ商品ってわけでもないんですが...笑

 暖冬が終わり、一気に春の訪れかと思われた途端に冬に逆戻りしてしまったかのような盛岡。3月の終わりから連日雪が降る日が続いています。今日も時折激しく降っていて寒いですが、この寒さも今日がピークのようで明日から少しづつまた暖かい日が増えてきそうです。桜の季節が待ち遠しいですね!

 さて、来月5月1日に行われる天皇陛下の代替わりに先駆けて発表になった新たな年号『令和』。発表を知らせる号外欲しさに大混雑になっている様子にも驚かされましたが、同時に数時間後には発売されている様々な業界の関連グッズにもビックリ。商魂逞しいというか、アイデアがあるなぁ~なんて見ておりました(笑)
 ワイン屋の私としては輸入品が多いのもありますが、これといって因んだ商品ってないんですが、今日は敢えて見付けたこんなワインをご紹介しましょう。発売間もない頃にもご案内した記憶がありますが、久しぶりに!
f0055803_15025624.jpg
 いかがでしょ。商品名は見たまま『わ』です。きっと漢字で表せば『和』になるんだと思うんですが、それってもちろん令和の和でもありますし、日本人が大好きな字ですよね。そもそも和って日本を表す字でもありますもんね。
 このワイン、実は産地はオーストラリアなんです。ジェイコブス・クリークという名門ワイナリーが手掛けるこのワインは日本料理に合わせて開発され、日本限定で発売されているワインなんですよ。
 赤ワインは“割烹日本橋とよだ”の5代目、橋本亨氏に監修して頂き、肉や野菜や味噌、タレといった繊細な和食の味わいを引き立てる仕上がりになっています。一方の白ワイン、こちらは“銀座寿司幸本店”の4代目、杉山衛氏に監修頂き、旬の魚介類、醤油や出汁と見事に調和する味わいに仕上げられています。
 お二人のサインもそれぞれのワインに記されていますが、使われているブドウ品種はシークレットになっているんですよね。飲んだ印象は、赤はピノ・ノワール中心、白はリースリング中心かなぁ~と思うんですけど、いづれにしても和食にピッタリなワインには違いありませんよね!
 改元にこじつけた感はありますが、よしだ屋の定番のワインでもあります。和食に日には是非どうぞ!

# by yoshida-ya1201 | 2019-04-03 15:27 | ワイン | Comments(0)


今日から新年度。そして来月から始まる新たな元号が決まりましたね!

 3月最後の数日は驚くほどの大雪に見舞われた盛岡。雪が少ないまま春の訪れを感じ始めていた矢先だっただけに春のドカ雪とはよく言いますが、ちょっとビックリでしたね。ただ冷え込みは無いので、道路上はあっという間に溶けて無くなるのもこの時期ならではといった感じでしょうか。
 新年度が始まった今日から生活環境が大きく変わった方も多くいらっしゃることと思います。昨年の大谷翔平選手に続き、県人二人目の大リーガーとして海を渡った菊池雄星選手の活躍も期待したいところですが、私の知人の中にも九州へ移住した者や、大阪へ赴任した者がおります。みんな新たな土地で頑張って欲しいですね。
 また、新入学を迎える子供たちも沢山いることでしょう。少子化の影響で廃校になる学校や統合される学校など寂しいニュースが多く聞かれますが、滝沢市では新たな小学校が新設されるようです。大規模校、小規模校、様々な環境があると思いますが、子供たちには楽しく健やかに育って欲しいですね。
 そして今日一番のニュースと言えば、新元号の発表でしょう。
 来月の天皇陛下退位に伴い改元される新たな年号は『令和』に決定したそうです。万葉集からの引用だそうで、日本由来の古典から引用されるのは初めてのことだそうです。発表されたばかりでイマイチ馴染みが湧きませんが、響きは素敵ですね。これから少しづつ馴染んでいくことでしょう。まずは新たな時代も新天皇の下、平和で豊かな暮らしが続く世の中であって欲しいですね。
 これで昭和生まれの私も平成、令和と3つ目の時代を生きることになります。子供の頃に3つの時代と言ったら明治・大正・昭和ってことになるわけですが、IT化やグローバル化が進んだ現代は環境が随分変わったものです。50代前半で迎える新たな時代、更に昭和は遠くなり...ですね!笑
 年度が変わろうが、平成が終わり令和という新たな時代に変わろうが、よしだ屋は本町で変わらず頑張ってます。皆様からも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします!
f0055803_16041113.jpg
 

# by yoshida-ya1201 | 2019-04-01 16:10 | 店主のひとりごと | Comments(0)


一見、シャトー・ラトゥールに見えるようなイタリアワイン、限定入荷です!

 ニュースでは桜情報が報じられていますが、盛岡ではまた寒さが戻ってきたようで時折雪もチラつく天気が続いています。3月もあと数日を残すばかりとなり、4月1日には新元号が発表され5月からは新たな時代の始まりです。いよいよ平成の時代もあと1ヶ月少々となりました。昭和に生まれ主に学生時代を過ごした20年余り、平成は会社勤めから自営業へと働き続けた30年、そして迎える新たな時代は私にとってどんな時代になるのかな。

 さて今日は限定入荷したこちらのワインをご紹介しましょう!
f0055803_16542509.jpg
 一見、フランスの高級ワイン、シャトー・ラトゥールを髣髴とさせるようなラベルですが、実はイタリア産です(笑)
 ミラノで有名な北部ロンバルディア州がこのワインの産地です。造っているのはラ・プレンディーナと言い、ワインの正式名は「プロヴィンシア・ディ・マントヴァ・カベルネ」と長いので、プレンディーナと呼んで下さい。
 イタリアのワインは、その土地の土着品種を使用することが多い印象ですが、このワインは違います。“カベルネ・フラン45%”、“カベルネ・ソーヴィニヨン45%”、“メルロー10%”とそれぞれの比重は違いますがフランスのボルドーワインのようなブレンドなんです。
完熟となった10月中旬に手摘みで収穫し、発酵させ、8ヶ月間の樽熟成を行います。新樽を使用しないことによるものなのか、カベルネ系のワインにありがちな青っぽさやハーブのニュアンスはあまり強く感じず、柔らかな口当たりと熟した果実味が心地よく感じられるワインに仕上がっています。
 このワイン、インポーターが現地視察した際に出会い、その味わいにスタッフ全員が納得し、即輸入決定となったワインだそうで、日本初上陸です。数量限定となりますので、お早めにどうぞ!

# by yoshida-ya1201 | 2019-03-27 17:17 | ワイン | Comments(0)


「チョイ飲み・わいわいワイン会」も5回目となりました!

 各地で桜の便りも聞かれるようになりましたが、この週末盛岡では雪が降るような寒い日が戻ってきています。朝起きて、表が白くなっていたりするとビックリしますね。さすがに薄っすら積もってもすぐに消えちゃうんですが... 
 週末には岩手県出身としては大谷翔平選手に続く二人目の大リーガーとなった菊池雄星投手の初登板が日本で行われ盛り上がりましたね!勝ち星には繋がりませんでしたが、今後に期待大ですね。そしてその試合を最後に引退を表明したのがイチロー選手。輝かしい実績を数々残してきたイチロー選手の引退は残念ですが、その最後となる一戦で雄星投手と最後に同じグラウンドに立っていたというのも、因縁めいたものを感じさせますね。
 そして今日、高校野球のセンバツ大会に出場した盛岡大附属の選手たち。初出場の石岡一高を相手に0-2の劣勢を9回に追いつき、延長の末に何とか勝利を掴みました。正直、負けを覚悟していましたが、素晴らしい粘りを見せてくれましたね。この調子で勝ち進んで欲しいですね!

 さて昨年11月から始めた「チョイ飲み・わいわいワイン会」ですが、今月は昨日一昨日と開催されました。
 初日の土曜日は入れ替わりがありながら総勢13名、過去最大の人数になりました。毎回楽しみに来て下さる常連さんに加え、初参加の方も数名いらっしゃいましたし、お一人でご参加下さった方もいらっしゃいました。半数以上が女性だったということもあり、初対面も気にすることなく話しに花が咲いておりました。
 この日のランナップと様子はこんな感じ...
白)伊産ピノ・グリージョ、メキシコ産シャルドネ
赤)伊産キャンティ(サンジョベーゼ)、仏産グルナッシュ、伊産カベルネ、メキシコ産カベルネ、チリ産カルメネール
f0055803_15092615.jpg
f0055803_15101591.jpg
f0055803_15095183.jpg
 そして迎えた二日目の昨日、前日とは異なりこの日は男性ばかりで7名。初めてお越しになった方も二人いらっしゃいましたが、おつまみを持参してきて下さった方もいたりして皆さん楽しく過ごされていた様子でした。その後7時頃に多くの方は帰られたんですが、二日続けて来てくれていた同級生を迎えにいらした奥様を交えて最後は私を含めた3人で残っていたワインを空にして終了となりました(笑)
 二日目のランナップと様子はこんな感じ...
白)スペイン産レアル・カステロ(ベルデホ&ソーヴィニヨン)、南ア産シュナン・ブラン
赤)南ア産ピノ・タージュ、伊産サンジョベーゼ、スペイン産モナストレル、南仏産メルロー、南ア産カフェ・カルチャー(ピノ・タージュ)
f0055803_15191080.jpg
f0055803_15192844.jpg
f0055803_15193854.jpg
 ご参加の皆様、ありがとうございました!
 次回は4月27日、28日の土日開催となります。10連休の冒頭になるかもしれませんが、お時間のある方はお気楽にご参加下さい。15時には用意してお待ちしております!


# by yoshida-ya1201 | 2019-03-25 15:23 | イベント情報 | Comments(0)


春の限定酒、入荷です!

 よしだ屋の店先のディスプレイも桜の花に衣替えしましたが、今日はいよいよ本物の桜の開花宣言が出される場所もありそうですね。盛岡も今日は気温が上がっているようで、日に日に春の兆しが濃くなっていることを実感するようです。こうなると私もニット帽にマフラー、手袋といった冬の装いから脱皮しなくちゃいけないなぁ~といって、何を着たらいいものか、無い中から探すのも一苦労なんですよね(笑)

さて、季節に合わせるように春のお酒が入荷していますよ!
f0055803_14553706.jpg
 いづれも紫波町の蔵元からになりますが、一方は「月の輪」さんの春のお酒、「花見酒 特別純米酒おりがらみ」です。こちらは原料米に“ぎんおとめ”を使用し、55%まで磨いています。おりがらみの言葉通り、春の霞のように薄く白く濁った状態を楽しんで頂きますが、口当たりの良い、優しい味わいを感じさせてくれますよ。 
 そしてもう一方が「廣喜」さんの「特別純米酒 春てきてき」です。こちらは原料米には60%精米した“ひとめぼれ”を使用し、オリジナルの酵母によって造られ、瑞々しい仕上がりになっています。また酸基醴酛(さんきあまざけもと)という製法により米の旨み最大限活かした造りも感じさせる一本です。
 桜の季節にピッタリのピンクのラベルも目を引きますね。是非ご賞味下さい。

# by yoshida-ya1201 | 2019-03-20 15:35 | 岩手の地酒 | Comments(0)


奥座敷で話題になった我が兄貴について。

 先週の木曜日に20cm近くも積もった雪は綺麗さっぱり消えてなくなった盛岡、今日は曇り空ですね。 
 さて3月も半ばとなり、卒業式や公務員などの異動の話題も聞かれる季節です。よしだ屋のご常連さんの中にも新設される学校に赴任する先生もいらっしゃいますし、大阪へ赴任する同級生もおります。よく飲みに来てくれる同級生も異動かと思われていましたが、今年は動かず...とりあえずホッとしております(笑)
 新たな土地で新たな生活が始まる皆さん、どうぞ頑張ってください。

 今日はちょっとお酒の話題から離れ、家族の話しなど。と言うのも、昨日の店の奥座敷でよく一緒になる二人の会話から私の兄貴の話へと展開して行ったもので。ちなみにこの二人、一人は私の小中学校時代の同級生で、もう一人はこれからお話しする私の兄貴と中学時代の同級生なんです。不思議な繋がりがあるものですよね!笑
 その兄貴は我ら男だけの三兄弟の次兄で、私とは9年半の年の差があります。ですので、私が小学4年生の頃に東京へ就職して行った記憶があります。長兄は更に2年上ですから、就職で東京へ行った当時の記憶があまりないんですよね。
 で、この三兄弟の中で次兄だけがちょっと性格というか意識と言うかが違っていまして、欲しい楽器のために食堂や新聞配達でアルバイトをして叶えていました。中学時代には昨日来た同級生を誘ってバンド活動なんてこともしていたみたいなんです。その後、高校の頃かな、今度はカントリー音楽ブルーグラスにはまり、同じようにしてバンジョーやマンドリンを購入し家で練習していたことを思えています。そして、医大生が作っていたブルーグラスのバンドと行動を共にしていたこともあるんです。勉強は苦手でやっと入った高校生の分際で...笑
 その数年後、次兄は写真学校を経て、吉田恒星としてカメラマン人生をスタートさせます。多くの音楽雑誌が出版されていた当時は様々なミュージシャンを被写体に音楽雑誌に載ったこともありましたし、CDのジャケットに採用されたこともありました。後には時代の流れかVTRの製作やディレクターとしての仕事も増えていきました。
 そんな兄貴が仕事を始めて間もない1985年、ほぼ自費出版のようにして作った写真集がこの「BILL MONROE(ビル・モンロー)」の写真集でした。現在どれほどの方がこのミュージシャンをご存知か分かりませんが、“ブルーグラスの父”とも呼ばれるスゴイ方なんです。この世界が大好きだった兄貴は来日した1984年にツアーに帯同させてもらい、写真集の出版にまで漕ぎ付けたんですよね。大した行動力です(笑)
 実はこの写真集の製作に当たって長兄も一役買っているんです。当時私は19歳、二人の兄貴が作った写真集を見て妙に羨ましく思った記憶があります(笑)
 そんな兄貴も今では60歳も超え、山梨の八ヶ岳の麓で穏やかに暮らしているようですが、カメラマンとしての仕事の傍ら、地元の音楽好きな仲間たちと「八ヶ岳マウンテン・ボーイズ」というバンドを作りブルーグラスを続けているんです。このバンドもCD出しましたし、コンテストで表彰されたりしてるんだから、これまた大したもんです。
 こんな次兄、学生の頃に出会った音楽に仕事と趣味両面で関わってきた人生は幸せそのものでしょうし、傍から見たら羨ましくもあります。一方で盛岡にUターンしてからの数十年、版画家としての一面を持つ長兄は染物の会社で定年を迎えるなど堅実な人生を送り、私はと言えば思いがけず一人でワイン屋を始めるという...笑
 スーツにネクタイと言う生活とは程遠い人生を選んだ我ら三兄弟、皆それぞれの人生を送っていますが、共通するのはお金とは縁がないってことかな。これは親からの遺伝みたいなものだから仕方ないか!?
f0055803_15421503.jpg
f0055803_15423633.jpg



# by yoshida-ya1201 | 2019-03-17 15:43 | 店主のひとりごと | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
ゆみ様、その節はありがと..
by yoshida-ya1201 at 16:06
先日はもりゼミワイン講座..
by ゆみ at 07:57
よしだ屋バンザイ
by 坂本 興克 at 19:25
俺もブログやってるからど..
by 中里 睦 at 17:30
ココにコメント貰うのとっ..
by yoshida-ya1201 at 13:21
このスペースなら6~8人..
by 中里 睦 at 19:13
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
ブログジャンル
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧