ワインとチーズの店 よしだ屋日記


オーストラリアのブラウン・ブラザースをご紹介!

 午前中曇っていた盛岡ですが、この時間晴れてきましたね。肌寒い気温とあわせ、深まる秋を感じるようです。 
 昨日やってたサッカー日本代表の試合。W杯を終え、監督も交代し新たなメンバーも増えた代表がランキング5位のウルグアイを迎えての一戦でしたが、強かったですねぇ~決定機を作っても決めきれないこれまでの日本代表の弱さが無くなり、多くのシュートはちゃんと枠を捉えていましたもんね。ボールの支配率も圧倒しているように見えましたし、若手も伸び伸びと活躍していたように思います。結果は4-3の見事な勝利!
 4年後へ向けて更に成長してほしいですね。目指せ、次期W杯ベスト8!先は長いですけど...笑

 さて、今日はオーストラリアのこちらの生産者をご紹介しましょう!
f0055803_14253848.jpg
 よしだ屋が開店当初から扱っているブラウン・ブラザースのワインたちです。今日の主役は大きく映っている右の白ワインなんですが、その前に造り手と既に扱っていた左の3種類について少々解説を。
 ブラウン・ブラザースは1889年にオーストラリアの南部ヴィクトリア州に設立されたワイナリーで当初から今に至るまで家族経営を続けています。家族経営のワイナリーとしては最大で最古とも言われているんです。
 ブラウン・ブラザースの特徴はその革新性にあるように思いますが、様々な定番品種を使ったワインの他に品種改良をしたり、新たな技術を取り入れたり、リースリングで貴腐ワインを造ったのも国内初なんです。
 そんな個性的なワインの中でよしだ屋でも長く定番となってきた左の3種類。“マスカット・オブ・アレキサンドリア”を使用し爽やかな甘さが口中に広がる「モスカート」はAlc.も5%ほどと低めに抑えられています。一方、同じ品種を遅積みして更に甘口に仕上げた「レクシア」はAlc.は10%ほどあります。そして交配種“シエナ”から生まれた赤ワイン「シエナ」はAlc.7%ほどと低めでモスカート同様フレッシュな甘さが人気のワインです。
 そして今日の本題。ブラウン・ブラザースが2010年からヴィクトリア州の沿岸にあるタスマニア島のワイナリーに出資を始めたことで品質が劇的に向上したと言われている「ソーヴィニヨン・ブラン」です。過去に一時期よしだ屋の冷蔵庫にも並んでいましたが、ラベルも一新しリニューアルされた今回再び入荷しました。ヴィクトリア州よりも冷涼なタスマニア島はソーヴィニヨン・ブランの産地として名高く、フレッシュで生き生きとした味わいは食前食中にもお楽しみ頂けます。甘口が好きな方も辛口が好きな方もブラウン・ブラザースのワインを是非どうぞ!
 

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-10-17 15:10 | ワイン | Comments(0)


フレッシュな遠野産ホップを使って造られた地ビール入荷です!

 雨の予報が出されていた今日の盛岡ですが、朝から曇り空の穏やかな空模様になっています。気温はグッと下がり肌寒く感じますが、これから更に冷えてきそうです。秋も深まり、気温に寄っては冬の入り口のようにも感じられる季節ですね。今年はインフルエンザも例年にないくらい流行の兆しが早まっているそうですし、体調管理には十分お気をつけくださいね!数週間前まではあんなに暑くて熱中症に気を付けてって言ってたのにねぇ~笑

 さて今日は県産地ビールのこちらのご紹介です!
f0055803_14272879.jpg
 ラベルでお分かりの方も多いかもしれませんが、こちらは一関市の蔵元「世嬉の一酒造」さんが手掛ける地ビール『蔵ビール』です。元々地酒の蔵元として長い歴史を持つ世嬉の一酒造さんですが、地ビールを製造販売する規制が緩和された早い時期からビールの製造を始め、今では県内は元より全国で高い人気を得ています。
 で、今回入荷した2種類のビール、ラベルは定番品のようですが、さにあらず。ポイントはココです!
f0055803_14341530.jpg
 ビールの原料として無くてはならない一つに“ホップ”があるのは皆さんご存知だと思いますが、実はそのホップの96%は東北地方で栽培されているんだそうです。中でも岩手県の遠野市は有名産地で、大手キリンビールさんが毎年これからの時期に発売する「とれたてホップ」は全国的な人気商品に育っています。
 その反面、産地では農家の高齢化や後継者不足という大きな問題がクローズアップされるようになりました。そんな状況に危機意識を持ったキリンビールさんが各地の地ビールメーカーを巻き込む形で始めたプロジェクトが、「IBUKI BREWER'S MEETING」です。“IBUKI”というのはホップの品種名ですが、その特徴はホンの少し使っただけで発揮する強く純粋なフローラルの香りなんだそうです。
 そのようなプロジェクトの中から生まれたこのビール。使っているホップもちろん“IBUKI”、しかも「とれたてホップ」同様に採れ立てのままをフレッシュな状態で使って醸造しているんです。
 赤いラベルが「エクストラ・スペシャルビター」と言い赤み掛かった色合いのビールです。この名前から苦そうな印象を受けるかもしれませんが実はほとんど苦味を感じることはなく、華やかな香りと穏やかな味わいをお楽しみ頂くことができます。

 一方の黄色いラベル。こちらは「ハウス・ペールエール」と言い、淡褐色系の色合いをしたビールです。こちらも華やかな香りが印象的ですが、苦味はむしろこちらの方が強めに感じられるかもしれません。
 この時期だけのビールです。是非ご賞味下さいね!
*途中から文字の大きさが大きくなってしまいました。コピーで貼ったところから何故かこんなことに...

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-10-12 15:11 | ビール関係 | Comments(0)


可愛いワンカップが仲間入りです!

 どんよりと曇り空の今日の盛岡、これから明日に掛けて雨が降り始めそうです。気温もグッと下がりそうですから、上着を一枚羽織るなど風邪を引かないように注意が必要ですね! 
 そんな中、今日は年に一度の健康診断を受診してきました。普段、病院のお世話になることが私ですが、市で行っている無料診断だけは利用させて頂いています。訪れたのは昔のお向かいさん、照井内科医院さん。我が家では亡き父も兄貴もお世話になっている病院で、私も何かあると駆け込むありがたい病院です。高齢となりながらも元気に現役を続ける院長先生ですが、後継の先生も決まったことから、立て替えの決断をされたそうで近く工事に入られるそうです。地域住民のために身近な掛かりつけ医としていつまでも頑張って欲しいものですね!

 さて今日は最近入荷したこちらの商品を...
f0055803_14560277.jpg
 可愛いでしょ!笑
 こちらは紫波町の老舗蔵元、廣喜さんが新たに発売されたカップ酒です。岩手県にお住まいの方にはお馴染みのキャラクター、わんこ兄弟のそばっちをパッケージに採用した純米酒です。
 廣喜さんでは全ての造りを“酸基醴酛(さんきあまざけもと)”と呼ばれる伝統的な製法に切り替え品質向上に努めています。既存の商品は統一感のある落ち着いたデザインになりましたが、カップ酒は可愛くこんな感じに...笑
 よしだ屋ではこれまで四合瓶と300mlのサイズを中心に揃えてきましたが、こちらのカップ酒も加わりましたので是非ご利用下さいませ。飲んだ後もコップとして捨てずに置いておきたくなりますよね!
 個人的には正直カップ酒よりもお銚子からお猪口に注いで飲む方が好きなんですが、180mlというサイズ感は店頭飲みにも向いているかもしれませんね!数人で四合瓶を空けちゃう方もたま~にいらっしゃいますが...笑

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-10-10 15:23 | 岩手の地酒 | Comments(0)


花巻市の蜂蜜を使ったこだわりの商品が完成しました!

 今日から3連休という方も多いと思いますが、今にも降ってきそうなドンヨリとした厚い雲が広がっている盛岡です。台風25号の影響を心配し止む無く中止を決断したイベントも様々あるようですが、これから明日に掛けてが荒れ模様のピークになりそうな東北北部、そして北海道と何事も無く過ぎ去って欲しいものですがね。

 さて、今日はちょっとお酒から離れてこんな商品をご紹介しましょう!
f0055803_15290414.jpg
 こちらは盛岡の南に位置する花巻市にある「クリエイト新興」さんが開発した新商品、『ナッツin花巻はちみつ』です。ミツバチがトチの花から集めたハチミツを地元の養蜂家から仕入れ、そこに健康食品として知られる5種類のナッツを組み合わせました。ナッツは“アーモンド”、“クルミ”、“カシューナッツ”、“ピスタチオ”、“パンプキンシード”の5種類を使用しており、形状から2種類ご用意しました。左側が丸々使ったタイプ(1600円)で、右側が食べ易いように半分程度に刻んだものを使ったタイプ(1700円)です。トーストに乗せたり、ヨーグルトに混ぜたり、チーズと一緒に...皆さんのアイデア次第で様々なシーンにご利用頂ければと思います。

 さて開発した「クリエイト新興」さんについても少々。岩手県の方なら「新興製作所」という企業名くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、こちらの企業が地域貢献の意味合いも込めて関連会社として設立したのが「クリエイト新興」です。「新興製作所」と言えば、昔から“モノつくり”の会社として私も認識していましたから、今回食品の提案を頂いた時にはビックリしました。長く続けている企業は本業だけではなく新たな挑戦もしているんですね!
 そんな「クリエイト新興」さんがまず開発したのが地元ハチミツの商品化で、現在では花巻市へふるさと納税された方への返礼品としても採用されています。そして、その次に開発へ着手したのがこの商品で、営業も始まったばかり。そんな状況の中で盛岡では現状唯一となるよしだ屋で早速扱わせて頂くことになったのにはちょっとしたご縁がありまして...実は、親会社でもある「新興製作所」に同い年の従兄が勤めており、社内での打ち合わせで誰かが言った“チーズに合いますね!”という一言にウチの店が閃いたんだそうです(笑)
 そんなわけで扱うことにさせて頂いた『ナッツin花巻はちみつ』。食品の扱いが多くないよしだ屋ですし、しかも価格もお酒の中堅くらいしますので正直どうかなぁ~という気持ちもあります。ですが、他店では滅多に見掛けない三田アイスのように地元密着型の商品はよしだ屋的には強みにもなりますので、即決させて頂きました。
 メーカー側の従兄にはくれぐれも期待しないように伝えてありますが...笑
 ハチミツとナッツってどちらも体に良いことで有名ですよね。是非お試し下さいませ!

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-10-06 16:31 | こだわりの食品 | Comments(0)


絵画のようなラベルのスペインワイン、限定特価です!

 明日から3連休というのに、今週も台風の襲来を受けそうな日本列島。今回は強風に注意と呼びかけていますが、先週列島を縦断した台風24号の追い討ちを掛けるような25号、これ以上の被害がないことを祈るばかりですね。特にも北海道東部は心配です。震度7を観測した胆振東部巨大地震のあとの台風24号、更には今朝同じような場所で震度5を観測する地震があり、直後に台風25号...これほどまでに天災が続くと気の毒なほどですが、是非気をつけてお過ごし下さい。

 さて、今日は入荷したばかりのこちらの限定商品をご紹介しましょう!
f0055803_14133214.jpg
 いかがです、タイトルにも書きましたが、まるで絵画のようなラベルでしょ!笑
 こちらのワインはスペインの内陸部に位置するカスティーリャ・イ・レオン州のトロ地区で造られたワインで「イェスカ」と言います。手掛けているのは200年を越える歴史を誇るロドリゲス・サンソで、現在5代目として活躍しているのがまさに画の男性、ハヴィエル・ロドリゲス氏です。写真を見るとホントそっくりなんです(笑)
 農業工学技術者としてMBAも取得しているハヴィエルは土壌分析の専門家でもあり、自らのワイナリーでも土壌に合わせた葡萄畑を管理しています。伝統を重んじながらもビオディナミ農法を取り入れたり、木材を購入して職人に樽のカスタマイズをさせるなど様々な挑戦をしながら品質重視のワイン造りをしています。自らを「ワインデザイナー」と表現するハヴィエルは今では数々の品評会で高い評価を得るなど注目の生産者になっていますが、2002年にリオハに新たなワイナリーを建設したそうで進化は止まるところを知らないようです。
 この「イェスカ」はスペインを代表する黒葡萄“テンプラニーリョ”(トロでは“ティンタ・デ・トロ”と呼ばれています)100%で造られており、アメリカンオークの古樽で6ヶ月の熟成をしています。その味わいはブドウ本来の力強さを感じる豊かな果実感と香り、渋味は少なく体に馴染むような仕上がりになっています。
 ちなみにこの「イェスカ」という名前、実は栽培時の難病“立ち枯れ病”を意味していますが、ビオディナミ農法の採用によって克服することができ、耐性を強めた健全なブドウで造られた奇跡のワインという意味合いがあるんだそうです。ラベルと同様、ネーミングも個性的ですね!
 今回、数量限定・特価にてのご案内です。是非ご賞味下さいませ!

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-10-05 15:07 | ワイン | Comments(0)


高橋葡萄園さんのワイン、5種類が揃いましたよ!

 今年もついに10月に入りましたね。爽やかな秋晴れにヒンヤリとした空気も心地いい季節ですが、先週の台風24号に続いて25号が北上をしています。最大級の勢力を維持しながら日本に接近する数がこれで6個を数えるそうですが、これって例年以上の数だそうです。ホント地球規模で環境が変わってきていることを実感するようですね。24号から立て続けての襲来ですが、今後の進路にも十分にご注意しながら過ごしましょう。

さて今日は県外の方にもお勧めしたい岩手の地ワインをご紹介しましょう!f0055803_1624240.jpg
 県内のワイナリー2社での経験を踏まえ独立を果たした大迫の高橋喜和さんのワイナリー、「高橋葡萄園」さんのワインです。
 2017年産のリリースは先陣を切って定番の白ワイン「リースリング・リオン」「ミュラー・トゥルガウ」、更に初となる赤ワインの「メルロー」が4月から発売が始まっていましたが、ついに昨日新たに2種類が加わりました。店頭でも問い合わせを頂いておりました「ツヴァイゲルトレーベ」と昨年まで「キャンベルロゼ」と名乗っていたワインが「大迫ロゼ」として生まれ変わりました。キャンベルは自家農園に加え、他の町内農家からも仕入れたことによる変更のようです。
 店頭販売は市内でも限られた場所となっているようですが、よしだ屋では冷蔵庫の中に1段、ちゃんと高橋さん用のスペースを取ってますからね。そのせいもあり、高橋さんのワインを目指して来られる方も少なくないんですよ!
 そうそう、ワインに対する表記の基準が変わりましたよね。このワインにも書かれている“日本ワイン”という表記。地元で収穫したブドウを使って醸造されたことを意味しています。文字通り、大迫の土と水と空気、そして人を感じるワインといえる逸品です。まだ飲んだことがないと仰る方にも是非お試し頂きたいですね。
f0055803_15071796.jpg


[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-10-03 15:08 | ワイン | Comments(0)


秋に向けてもう一品、ベアレンさんからヴィット発売です!

 9月もあっという間に3日を残すのみ。まさに秋真っ盛りと言った感じで、爽やかな風と真っ青な空が気持ちいい季節です。でも考えたら今年もあと3ヶ月終わり、年が明けると“平成”という時代も終わってしまうんですもんね。ホント日々過ぎ去るのが早くてビックリ、いつの間にか私も50代、鏡を見る度に年を取ったなぁ~と実感する今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょう(笑)
 週末はまた大型の台風の接近が予想されています。十分にお気をつけて過ごしましょうね!

 さて、今日はこちらの商品をご紹介しましょう!
f0055803_15182452.jpg
 昨日から発売が始まったベアレンさんの新商品、今回は「岩手ヴィット」です。
 このビールは原料に岩手県産の“南部小麦”を使用し、さらにオレンジピールやコリアンダーと言ったスパイスで風味付けされています。こうしたタイプはベルギーでヴィットと呼ばれ親しまれていますが、岩手らしいコンセプトで造られた「岩手ヴィット」、ベアレンさんとしては唯一のベルギースタイルということも出来る一品です。更にはポップで可愛いラベルをデザインしたのは岩手に縁のあるデザイナー、nanacoさん。見た目も中身も岩手です(笑)
 味わいは後味がスッキリとしており軽やかな仕上がり、苦味も少なくフルーティーな味わいですのでビールが苦手な方にもお勧めですよ。
 ちなみに現在の限定ビールは「ヴァイツェン」と「ラードラー」は完売となり、ハロウィーンにもピッタリの「パンプキンウィート」と「岩手ヴィット」の2商品となりました。なお、既にスタートを切っている「秋の頒布会」ですが、予定数に達していないようですのでもう少々受付可能です。こちらもどうぞ! 
[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-09-28 15:33 | ビール関係 | Comments(0)


秋の限定酒、第2弾は一気にこれだけ!

 秋分の日の今日からは先週に続いての3連休ですね。昨夜から降り始めた雨も午前中で上がり、曇り空ながら穏やかな休日になっている盛岡です。各地で様々なイベントも行われているようですし、何処かへお出掛けって方も多いことでしょうね!事故にはくれぐれも気をつけて楽しい休日をお過ごし下さいね!
 
 さて、先日「あさ開」さんと「鷲の尾」さんをご紹介した秋の限定酒。今日はその後に入荷した4種類を...
f0055803_14510633.jpg
 まずはもうお馴染みになったかもしれませんが、盛岡の菊の司さんから発売になった「純米原酒 茜」から。“ひとめぼれ”を中心にした原料米など全て同じ製法で造られたお酒を四季毎に瓶詰めし、季節感を感じさせる限定品です。原酒の状態で夏場熟成させていますからアルコール度数も18%としっかりです。
 続いては紫波町の2蔵。月の輪さんからはこちらもお馴染みの「純米酒 秋あがり」。“ぎんおとめ”を中心にした純米酒で日本酒度は+5.4あり、この中では一番辛口を示していますね。ちなみにアルコール度数は15%程度です。そして全量を酸基醴酛(さんきあまざけもと)という伝統的な製法に切り替えた廣喜さんの「特別純米酒 ひやおろし」です。一新したラベルは地元の型染師さんのオリジナルだそうで、季節感を演出していますね。アルコール度数は18%ですから、菊の司さん同様、原酒と言えるかもしれません。
 最後は沿岸釜石市から浜千鳥さんから発売になった新商品「特別純米酒 無濾過火入れ」です。赤いラベルもインパクト大ですが、原料米に“美山錦”を使用し55%まで磨いていると言いますから、純米吟醸酒と言っても差し支えないレベルのお酒です。アルコール度数は16%ほど、日本酒度は-2を示しています。

 これで今期の「秋あがり・ひやおろし」コーナーはこんな感じになりました。
 原料米や精米歩合を始め、アルコール度数や酸度、日本酒度を見ても各蔵違うように、それぞれ拘りを持って個性ある味わいを追求しています。是非秋の味覚に様々な蔵のお酒を組み合わせて楽しんでみてください!
f0055803_15304983.png


[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-09-22 15:31 | 岩手の地酒 | Comments(0)


スペイン産カヴァに新たな仲間が加わりました!

 秋祭りも終わり、気持ちの上でも一気に秋が進んだような気がしますね。ホンの数週間前までの暑さが嘘のように、カラッとした爽やかな秋晴れが続いています。天高く...ホント気持ちのいい季節です。
 食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋、行楽の秋と何をするのも最高のシーズンですね!秋になるとワインを飲む機会が増えるって方もいらっしゃるかもしれませんね。皆さんの秋は何がメインになるでしょう...笑
 
 そんな中、よしだ屋のスパークリングワインコーナーに新たな仲間が加わりました!
f0055803_16060349.jpg
 世界各国でスパークリングワインは造られていますが、特に有名なものと言えばフランスの「シャンパーニュ」や「クレマン」、イタリアの「スプマンテ」、そしてスペインの「カヴァ」ではないでしょうか。これ等は全て瓶内二次発酵という製法で造られる最高峰のスパークリングワインですよね。
 今回定番に仲間入りした「カバス・ヒル ブリュット・ナチュレ」はスペイン産のカヴァになります。社名のカバス・ヒルは文字通り“カヴァ”に由来していますが、この名前を使うことが出来るのは僅かに3社だけ。1887年設立の名門ゆえに許された社名なんです。数あるカヴァの中でもトップレベルであろうことが想像できますね!
 瓶内二次発酵を終えた後も規定よりも長い12ヶ月以上の熟成を経て出荷されるこのカヴァは、きめ細かな泡立ちとバランスの良い繊細でフレッシュな味わいを楽しむことができます。
 食欲増進にも効果があるスパークリングワインです。秋の味覚と共に是非どうぞ!

 ちなみによしだ屋のカヴァはこんな感じ。やや辛口の「ドゥーシェ・シュヴァリエ DRY」と、濃い色合いのロゼ「ロジャー・グラート ブリュット」がございます。ラベルも味わいも三者三様ですよ!
f0055803_16262943.jpg

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-09-20 16:26 | ワイン | Comments(0)


今年の八幡様の秋祭り...

 毎年9月13日から16日まで開催される八幡宮の例大祭。300年以上も続く盛岡を彩る秋の風物詩です。
 今年は9台の山車が市内を練り歩いていますが、見るとご常連さんや同級生の姿もチラホラ...
 中にはよしだ屋でトイレや給水(!?笑)ポイントとしてお立ち寄り下さる方もおり、嬉しい限りです。
 思いの外暑い日が続きましたから、関係者の皆さんにとっては大変だったと思います。ご苦労様です!  

 では9台のうち、ちゃんと撮れた4台の山車をご覧頂きましょう。
f0055803_14421595.jpg
f0055803_14423731.jpg
f0055803_14424858.jpg
f0055803_14430335.jpg
f0055803_14433734.jpg
f0055803_14434803.jpg
f0055803_14431756.jpg
f0055803_14432822.jpg


[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-09-16 14:47 | 一枚の写真 | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
俺もブログやってるからど..
by 中里 睦 at 17:30
ココにコメント貰うのとっ..
by yoshida-ya1201 at 13:21
このスペースなら6~8人..
by 中里 睦 at 19:13
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
Teruさん、ありがとう..
by yoshida-ya1201 at 13:29
ブログジャンル
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧