ワインとチーズの店 よしだ屋日記


アニメーションにでも出てきそうなキャラクターのワインですよ。

 朝起きてテレビを点けてたら大阪北部を中心とした地震のニュースが飛び込んできました。震源に近いところでは震度6弱を観測し、人的な被害も出てしまったようです。近隣の皆様へはお見舞い申し上げます。
 大阪以外でも最近地震が多いように感じますね。その場にならないと分からないことも多いと思いますが気をつけて過ごしましょう。

 さて、今日は入荷したばかりの限定特価のワインをご紹介しましょう。
f0055803_16062479.jpg
 なんか、アニメーションのキャラクターみたいじゃありません?笑
 こちらのワインは、フランス南部ラングドック地方を拠点にするジャン・プラ家が手掛けています。
 この家系は1650年頃からブドウの栽培や醸造をしていた歴史があるようですが、後にブルゴーニュ地方でネゴシアンとして起業しました。しかし生まれ育った故郷のワインを広めたいと考えた1999年、事業を整理して帰郷したそうです。当時、協同組合しかブドウ栽培していませんでしたが、徐々にテロワールの素晴らしさを広め、多くの有名ワイナリーの参入を促すなど、多大な功績があったようです。
 そんなジャン・プラが手掛けた赤ワイン、左のネズミ!?のラベルが「ラ・スリシエール」と言い、“ピノ・ノワール70%”と“グルナッシュ30%”のブレンドになります。たっぷりとした果実味もありますが、しっかりとしたタンニンも感じられるバランスのいいワインです。
 一方の右はヘビ!?「サングラン」という名のこちらのワインは“カリニャン100%”です。平均樹齢が90年という古木から収穫された収穫されています。華やかな香りにボリューム感も感じさせる味わいに仕上がっています。
 ちなみにこのユニークなラベルは、マンガ家でもあるジャン・プラ自身と彼の姉妹が描いたものだそうで、『楽しく気軽に楽しめるワイン』というコンセプトを表しているんだそうです。
 ってか、フランス人にもマンガ家っているんですね!笑

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-06-18 16:29 | ワイン | Comments(0)


コビルビール飲んで一息つきましょ!

 夏を思わせる暑さも一休み、梅雨入り後はヒンヤリと涼しい日が続いている盛岡ですが、昨日から始まったサッカーワールドカップロシア大会は暑く盛り上がりそうですね。何しろ、4年に1回の世界最大のスポーツイベントですもんね。開幕戦となったロシアVSサウジアラビアの一戦は深夜0時のキックオフでしたが私も起きて見ていました。ホスト国として出場しているロシアはFIFAランキングで出場国の中で最下位だそうですが、結果は5-0と大勝。攻守に渡って見事な戦い方をしていたんじゃないでしょうか。日本も前評判は決して高くありませんが、頑張ってほしいですね!

 今日はベアレンさんから発売になったこちらの新商品をご紹介しましょう。
f0055803_14012174.jpg
 昨年もこの時期に発売になった「コビルビール」の発売です!
 “コビル”なんてビールのタイプにあったっけ!?と思われた皆さん、もちろんありません(笑)
 POPに書いてあるように“こびる”とはこちらの地方で使われる方言で、農家の方々が作業の“合間にちょっと一服”することを意味しています。漢字を当てると“小昼”になるのかもしれません。
 ベアレンさんでは、岩手県産の南部小麦を使用したホワイトビールに“こびる”のイメージを結び付けているんでしょうか。ベルギーのセゾンスタイルのフルーティーで爽やかな飲み口のビールですので、ちょっと一息入れるのにピッタリってことかもしれませんね!
 数量限定商品ですので、見掛けたら是非ご賞味くださいね!

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-06-15 14:09 | ビール関係 | Comments(0)


よしだ屋のワインコーナーに『東欧諸国』が加わりました!

 6月も半ばとなりましたね。一時30度を越えるような日もありましたが、梅雨入り後はさすがにヒンヤリしますね。今日もお天気に恵まれ爽やかな一日です。
 いよいよ今日からサッカーワールドカップも開幕します。直前に監督交代もあり、前評判は決して高くない日本代表ですが、19日迎える初戦のコロンビア戦、頑張って欲しいですね。日本時間も頑張れば見られそうな時間のようですので、良かったですね!

 さて、ワインの産地にもサッカー強国は沢山ありますが、今日はよしだ屋に新たに加わった国々を紹介しましょう。実は最近ある輸入元と知り合うことが出来まして、そのお陰で揃えられた東欧諸国のワインたちですよ。
f0055803_14575599.jpg
 スペースの関係で赤ワインが中心になりますが、左から順にルーマニア・モルドヴァ共和国・クロアチア・オーストリアのワインたちです。
 ルーマニアはハンガリーやウクライナ、ブルガリア、モルドヴァといった国々に接し、東は黒海に面した共和制の国家です。ワインの生産に適した大陸性の気候で実際にワインの生産量も世界12位と言いますからスゴイですね!で、この国からは2003年に設立したドメーニレ・サハティーニの「ラ・ヴィ ピノ・ノワール」を。フランスのブルゴーニュ地方と似ているとも言われる気候の中で女性の醸造家が手掛けています。

 その隣り、モルドヴァ共和国からはアスコニという造り手の「エクセプショナル・メルロー」です。1990年に旧ソ連から独立したモルドヴァ共和国はルーマニアとウクライナに挟まれた小国で九州より少し小さいくらいの国土です。古くから葡萄の栽培が盛んでワイン造りに於いても世界最古の歴史を誇る国と言われています。

 クロアチアはイタリアからアドリア海を挟んだ対岸に位置し、九州より少し大きいくらいの国土です。この土地もブドウ栽培の歴史は古く2500年前とも言われ、特に東部は“ドナウのワイン王国”と呼ばれています。今回入荷した「カスピトゥラニ・ツルニ・セレクテッド」を手掛けるイロチュキ・ポドゥルミは1450年創業の歴史あるワイナリーです。このワインは“フランコフカ70%”に“カベルネ・ソーヴィニヨン30%”で造られています。“フランコフカ”という品種は別名“ブラウフレンキッシュ”とも呼ばれ、オーストリアでも使われていますが、いづれにしても日本ではちょっと馴染みが薄いかもしれませんね。クロアチア原産のオーク樽で発酵させ、そのまま12ヶ月の熟成を経ており、まろやかな果実味を感じることが出来ます。

 最後にオーストリアから赤白を。モーツアルトの生誕の地として有名なオーストリアは1年を通して音楽祭が行われている、まさに“音楽の国”です。ブドウの栽培は東部に集中しており、35種利の品種が栽培されているそうです。その中で今回入荷したワインは200年以上の歴史を誇るヴァイングート・アロイス・ヘレラーが手掛ける「ツヴァイゲルト」「グリューナー・ヴェルトリーナー」です。いづれもオーストリアを代表する土着品種ですが、特に赤ワイン用品種の“ツヴァイゲルト”は岩手県の方には馴染みがあるのではないでしょうか。エーデルワインさんとか高橋葡萄園さんでも扱っている品種ですよね!そうそう、このワインはともに1L入っていますよ!

 これで、これまで扱ってきたブルガリアの「プティ・エニーラ」、「カベルネ・エニーラ」とあわせ、東欧コーナーが完成です。ワイン産地としてあまり馴染みのない国々と思われるかもしれませんが、その歴史は古く、長い伝統の上に現在まで続いている土地柄です。是非、この機会にご賞味下さいね!
f0055803_15592018.png


[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-06-14 16:00 | ワイン | Comments(0)


見た目は変わりませんが、大きな変化が...

 昨日の降雨でついに東北北部も梅雨入りし、ドンヨリとした曇り空が広がっている盛岡です。梅雨入りが例年よりも大分早いようですが、ってことは当然明けるのも早いんでしょうから、暑く長い夏になるんでしょうかね!?
 そんな今日、シンガポールを舞台に米朝首脳会談が開催されています。朝鮮戦争が休戦となって以降、当事国の首脳が直接会う世紀の瞬間。私も今朝のライブ中継に釘付けになっておりましたが、上手く行ってくれるといいですね!とは言っても、金正恩さんもトランプさんも独特のキャラクターですからね...

 さて今日は定番の中から、こんなリニューアルある!?ってワインをご紹介しましょう。
f0055803_14575647.jpg
 最初に言ってしまいますと、いづれもスペイン産のこの3本のワイン、これまでとラベルはほぼ変わっていないんですが、中身がガラッと変わってしまったんです。お国柄なのか、ちょっと不思議な感じがしたのは私だけ!?笑
 まずは左の「ナバエルス」。“a”と“e”をくっ付けたようなラベルも目を引くワインですが、このワインが
   「カベルネ・ソーヴィニヨン&メルロー」 → 「テンプラニーリョ&ガルナッチャ」 に変更になりました。
 一方の「アルダレス」。有機栽培で作られたブドウを使っていることをテントウムシとチョウチョで表現している赤白のワインで、今回“Bio”の表記が大きく書かれた他に中身が大きく変わったんです。
  赤は「テンプラニーリョ」 → 「グラシアーノ&メルロー」。 白は「アイレン」 → 「ヴェルデホ」

 ご存知の通り、原料にブドウしか使わないワインにとって、その原料となるブドウの品種を全面的に換えるって、ある意味全然違う商品を開発したことになると思うんですけど、違うんですかね。既に認知されているラベルを変えたくないと言うこともあるのかもしれませんが。
 ってことで、過去にこれ等のワインを召し上がった皆様。次回召し上がる際には味わいの印象が変わることがあろうかと思いますが、リーズナブルで美味しいワインであることには変わりはございませんので、引き続きよろしくお願いいたします!

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-06-12 15:26 | ワイン | Comments(0)


ベアレンさんの夏の定番、ヴァイツェン発売です!

 関東まで梅雨入りしたそうですが、ココ最近の盛岡は暑い日が続いています。昨日今日と30度を越えたようで、しかも蒸し暑い...よしだ屋も今年初めてエアコンを稼動してみました。梅雨入りも梅雨明けも例年よりも早いみたいですし、今年も厳しい暑さになりそうですね。

 そんな暑い夏にピッタリのビールが今日から発売になりました。
 もはや解説も不要でしょう。ベアレンさんの「ヴァイツェン」です!
 既に発売の「ラードラー」とともに、どうぞお楽しみ下さいね!
f0055803_15433435.jpg

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-06-07 15:44 | ビール関係 | Comments(0)


銀河高原ビールさんの夏の限定品はコレ!

 早いもので今年ももう6月。今日も30度近くまであがり、初夏を通り越して真夏のような暑さになっています。そんな中、昨日一昨日と市内中心部を主な会場に開催されていた「東北絆祭り」、二日間で30万人を越える人出があったそうです。東北6県のお祭りが一同に介するんですから、見る方にしたら最高ですよね。私も見てみたいとは思いつつ、店頭で生ビールなど販売しておりました。それはそれでお祭りの時にしか出来ませんしね!

 さて先週末に発売になっていた夏のビールがこちらです!
f0055803_16341593.jpg
 岩手県の沢内に生まれ、今や全国区になった「銀河高原ビール」さん。昨年は親会社が変わったとかニュースにもなりましたが、製造拠点は変わらずですし全国区で人気のビールであることには何ら変わりはないようです。
 そんな銀河高原ビールさんも近年は季節毎に限定ビールを発売されており、6月に発売されるこちら「そよ風のケルシュ」が夏季限定の商品になります。ドイツのケルン地方で飲まれているタイプで、華やかな香りに軽やかな味わいのスイスイと飲めちゃうビールです。商品名のイメージそのままに爽やかさも感じられますよ。
 暑いこれからの季節にピッタリのビールですが、限定醸造のため完売の際はご容赦下さい。その前に是非ご賞味下さいね! 

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-06-04 16:48 | ビール関係 | Comments(0)


紫波の廣喜さんから夏酒3兄弟発売です!

 昨日は夕方から一時どしゃ降りとも言えるような降り方をした雨、久しぶりの雨はハンパ無い降り方でしたね。そんな中、飲みに来ていた同級生を含む3人で近所の「やきとりさっちゃん」に行って来ました。実は前の日にも違う同級生2人と行ってたので二日連続!たまにあるこういう飲みって楽しいですね!笑
 さぁ、今日から6月です!雨雲も去って青空が戻ってきましたが、明日明後日と開催される「東北絆まつり」はもっと好天になる予報が出されていますし、気温もかなり上昇しそうですね。お出掛けの皆さんは熱中症にも気をつけて楽しんで来て下さい。よしだ屋は店頭にて冷えたビールや白ワインをご用意してお待ちしております!

 6月に入って早速入荷した今日のお酒。紫波の廣喜さんから発売になった夏酒3兄弟です!
f0055803_15310527.jpg
 昨年も夏酒3兄弟は発売されていますが、今期の造りから“酸基醴酛(さんきあまざけもと)”という伝統的な製法に全てを統一したそうですから、見た目以上に酒質にも大きな変化を遂げていると言えるかもしれませんよ。
 視線は右のお酒に釘付けかも知れませんが、左から紹介していきましょう(笑)
 金魚が泳ぐ涼しげなラベルの商品は「特別純米酒 夏純」です。精米歩合60%で造られた純米酒で、酸基醴酛による造りによりお米の旨みがやさしく感じられる仕上がりになっています。
 中央の「純米原酒 オン・ザ・ロック」は昨年までは本醸造酒として発売されていましたが、純米酒に変更となりました。アルコール18度の原酒ですから氷を浮かべて召し上がってみてください。そうすることで甘さが引き締まり喉越しが良くなりますよ。溶けた氷でアルコール度数も幾分下がりますから口当たりも優しく感じられます。
 そして右。見た目には一番大きく変わったこちらは「純米吟醸生酒しろくま」です。暑い夏を北極に居るしろくまから清涼感を感じて欲しいとのイメージのようですが、インパクト大ですね!“ぎんおとめ”を55%まで磨いて造られた純米吟醸酒を生のままで瓶詰めした商品です。瑞々しい口当たりでスッキリとした味わいに仕上がっています。
 季節限定商品です。是非ご賞味下さいませ!

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-06-01 16:16 | 岩手の地酒 | Comments(0)


イメージないかもしれませんが、焼酎も置いてます!笑

 時の経つのは本当に早いもので、今年ももう5月が終わるんですね。ちょっと前まで「今年は雪が多くて寒いですねぇ~」なんて言ってたのに、あっという間に桜の季節が来て新緑の季節を向かえ、既に初夏のような暑さを感じる日も増えてきました。 
 そんな中、6月に入って最初の土日となる2日3日は「東北絆まつり」が開催されますね!震災復興を祈念して始まった六魂祭の後継イベントですが、六魂祭の時以上の人出が予想されているようです。
 折角の機会ですので、よしだ屋も店頭にてベアレンの生ビールやスッキリ爽やかな白ワインをお出ししてお迎えしようと思っております。お近くをお通りの皆様はどうぞお立ち寄り下さい。
 
 今日ご案内するのはちょっと珍しく焼酎です。少しは置いてるんですよ(笑)
 まずは岩手県産。
f0055803_15161191.jpg
 日本酒の蔵が手掛けているわけですから、当然のことながら造られる焼酎も“コメ”由来になります。
 釜石市の浜千鳥さんからは「纜(ともづな)」、盛岡市の菊の司さんは「だだすこだん」、そして県南奥州市の岩手銘醸さんが手掛けるのは亀の尾という酒米を使ったその名も「亀の尾」。この3種類はいわゆる“米焼酎”です。
 一方で醸造後の酒粕を蒸留して造られる“粕取焼酎”と呼ばれるタイプがあり、“米焼酎”にはない独特の風味が人気ですが、紫波町の月の輪さんの粕取焼酎からもそうした風味を感じることが出来ます。そして中央に聳える一升瓶、先日盛岡市のあさ開さんから発売された商品で、こちらは飲食店様への限定商品となりますが、吟醸酒の粕を使っているためか非常に綺麗な味わいを感じることが出来ました。街へお出掛けになった際にお見かけになりましたら是非お試し下さいね!

 こちらは九州産。
f0055803_15162773.jpg
 ご覧のように“麦”、“米”、“芋”と各種ございますが、ここでは中央に聳える一升瓶について...
 芋焼酎の本場、鹿児島県の西酒造さんが手掛ける「薩摩宝山」という商品です。実はこの商品、“これしか飲まないんです”と言う近所に住む同級生のご主人様からご用命頂きお取り寄せしている商品で、スペースの関係で店頭には並んでおらず裏に置いてあるんです。そのご主人にか販売しないと決めてるわけではございませんので、ご入用の際は仰ってくださいね。これ等に限らず、入手困難な一部商品以外の一般的な商品でしたらお取り寄せも可能ですので、どうぞお問い合わせ下さい。

以上、ワインと地酒・地ビール中心のよしだ屋ですが、本格焼酎も少しは扱っています、というご紹介でした(笑)

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-05-31 15:44 | 岩手の地酒 | Comments(0)


エチャベリアとキティちゃんがコラボしたって!?

 今日は九州北部から四国までが梅雨入りしたとニュースで言っていましたが、盛岡は五月晴れ。暑くもなく寒くもない、本当に気持ちがいいですね。梅雨入りも例年よりも早いペースだそうが、この辺りはいつ頃になるんでしょう。雨の季節はあまり好きじゃありませんが、農作物にとっては必要な季節ですからね。せめて被害が出ることがないようにお願いしたいところです。 
 
 さて、今日ご案内するワインはコレ!熱烈なファンって方もいらっしゃるんじゃないですか?
f0055803_15594369.jpg
 ジャジャ~ン!誰もが知ってるキティちゃんです!
 日本発祥のキャラクターで、世界中にキティラーと呼ばれるファンも多いキティちゃん、きっと知らない方っていないですよね。今朝テレビを見ていたらマライヤ・キャリーもキティラーだって言っててビックリしましたが...笑
 チリの生産者ヴィーニャ・エチャベリアがサンリオ社とコラボした今回のこのワイン、これまでにも数々の商品とコラボしてきたサンリオサイドからのオファーだったようですが、何故エチャベリアだったのか...詳細は分かりませんが、でもすごいですよね!このワインは正式な商品名を「フェリス ハロー・キティ」と言い、赤ワイン1種類になります。“フェリス”には“幸せな”という意味があり、“飲む人を幸せにする”というコンセプトから名付けられました。
 セパージュはカベルネ・ソーヴィニヨン85%にメルロー8%、シラー7%というオリジナルブレンドで仕上げられており、ベリー系の果実味が濃厚に感じられ、まろやかな味わいに仕上げられていますよ。ご覧の可愛い箱に入れてお渡しいたしますが限定品ということではないとのことですので、よしだ屋でも継続販売する予定です。

 チリのエチャベリアは家族経営の造り手で高い品質を誇っていますが、販売店が限られているために他では見ることがないのではないでしょうか。開店当時から扱ってきた私としてもイチオシのワインとしてお勧めしてきましたが、折角の機会ですから、他のシリーズも改めてご紹介しましょう。
f0055803_16370333.jpg
 リーズナブルクラスの「ヴァレ・ドラード」に、スタンダードクラスの「リゼルヴァ」は赤3、白2。
f0055803_16371990.jpg
 ボルドースタイルの赤ワイン「プロプエスタ」と、ワンランク上の「グラン・リゼルヴァ」は基本樽で熟成させています。そしてスパークリングワイン「ニーニャ」はシャルドネ100%です。
 今回のキティちゃんの「フェリス」を加えて15アイテムになりました。是非ご賞味くださいね!

[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-05-28 16:46 | ワイン | Comments(0)


祝!イニエスタ、J1神戸入団決定!

 新緑の季節、5月って本当に気持ちが良いですね!30度を越えるような真夏と違い、晴れても暑過ぎず寒過ぎずで丁度いい感じです。今日も真っ青な空が広がっています。

 さて、今日の新聞にも載っていましたが、サッカー界のスパースターがJ1神戸に入団することになったんですね!そう、スペインのFCバルセロナのMFでスペイン代表としても数々のタイトルを獲得してきたアンドレス・イニエスタ選手です。今年のワールドカップロシア大会にももちろん代表として名を連ねているようですが、そんな選手が日本で見られるなんてスゴイことですよね!スポーツニュースくらいでしか見ることは出来ませんが...
 って私、サッカーを見るのは好きですが、語れるほどの大した知識を持っているわけでもございませんで、今日ご紹介したいのはコチラなのであります(笑)
f0055803_16100170.jpg
 そう、実はイニエスタ選手ってスペインのラ・マンチャにワイナリー(ボデガ)を所有しており、そのワインはよしだ屋でもお買い求め出来るんですよっていうお話なんです。
 ボデガ・イニエスタという名前のワイナリーで、“熱狂的な思い”を意味する「コラソン・ロコ」というワインを造っているんです。テンプラニーリョにシラーやプティ・ヴェルドをブレンドして造られた赤、ベルデホを中心にソーヴィニヨン・ブランとミュスカをブレンドした白、そしてボバル100%のロゼと3種類あり、いづれもハートをモチーフにしたラベルが特徴的です。ワインの名前、ラベルのデザインにもイニエスタ本人の強い思いが詰まっていますよ。
 イニエスタファンの方はもちろん、サッカーには興味ないけどワインが好きって方も是非ご賞味下さいね!
f0055803_16094165.jpg


[PR]
# by yoshida-ya1201 | 2018-05-24 16:25 | ワイン | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
俺もブログやってるからど..
by 中里 睦 at 17:30
ココにコメント貰うのとっ..
by yoshida-ya1201 at 13:21
このスペースなら6~8人..
by 中里 睦 at 19:13
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
Teruさん、ありがとう..
by yoshida-ya1201 at 13:29
ブログジャンル
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧