人気ブログランキング |

ワインとチーズの店 よしだ屋日記


カテゴリ:岩手の地酒( 146 )



赤い浜千鳥と白い酔仙、入荷してます!

 日中明るい日差しが降り注いでいた盛岡ですが、徐々に雲が広がってきました。先週末の台風19号が大きな被害をもたらした直後ですが、また新たな台風が近付いているようで今後大雨に警戒だそうです。復旧も儘ならないこの状況でこれ以上の被害が出ないことを祈るばかりです。どうぞお気をつけてお過ごし下さいね。 
 さて盛り上がっているラグビーW杯。アジアで初開催されているこの大会で日本が見事にベスト8に進出し、昨日はベスト4を掛けた南アフリカ戦がありましたね。私も店の状況的に早く閉めてもいいかなってことで、7時過ぎに閉店とさせて頂きへ屋に帰ってゆっくり観戦しておりました。いやぁ~前半はボールも支配し互角以上の戦いをしていましたが、さすがに後半は相手の力の前に跳ね返されてしまいましたね。結果は一つのトライも奪うことなく負けてしまいましたが、今回の日本チームは本当に素晴らしかったですね。私もこんなにラグビーに熱中したの初めてかもしれませんが、店の奥のギャラリー(!?)には新聞を切り抜いた名場面コーナーも作りましたよ(笑)

 では今日の本題。先日ご案内した秋の限定酒に加わったコチラの商品です!
f0055803_15320217.jpg
 冬の間に仕込んだお酒を暑い夏を越えたこの時期に出荷される秋限定のお酒、一般に「秋あがり・ひやおろし」と呼ばれるお酒ですが、今回は沿岸釜石市の浜千鳥さんの商品です。釜石市と言えば、今回のラグビーW杯でも鵜住居復興スタジアムが会場になりましたね。残念ながら台風の影響で1試合は中止になってしまいましたが、世界中から多くの観戦者が訪れ大いに盛り上がったようですね。
 話しが逸れましたが、赤いラベルもインパクト大の浜千鳥さんの「秋限定酒 特別純米酒 無ろ過」は「秋あがり・ひやおろし」といった表記は使っていませんが、同様の意味合いで発売されるお酒です。ただし原料米が“美山錦”を使用し、55%精米だそうですから純米吟醸酒と言ってもいいくらいのレベルのお酒とも言えそうです。

 そしてもう一つ。既にお馴染みのお酒ですので、これまで敢えてご紹介することもなかったんですが、釜石市よりも南にある陸前高田市で被災し、現在は隣接する大船渡市で復興を遂げた酔仙酒造さんのヒット商品「雪っこ」も発売になっています。よしだ屋では180mlの缶入りのみの扱いとなっております。“活性原酒”と表記されていますが、吹く事はありませんのでご安心ください。但し、口当たりのいい甘さと20度を越えるアルコールがありますので、飲み過ぎには要注意ですね。お好きな方は重々お分かりのことと思いますが(笑)

by yoshida-ya1201 | 2019-10-21 16:02 | 岩手の地酒 | Comments(0)


秋のお祭りも始まりましたし、お酒も一気に秋になりました!

 つい数日前まで暑くて寝苦しいくらいだったのに、昨日帰る頃には寒く感じるほどに気温の変化が激しい季節ですね。今日は綺麗な秋晴れの空が広がり、気持ちのいい日になりました。多少暑くなっても、湿度が低いですから過ごし易さは段違いですね!そんな盛岡では、今日から恒例の八幡宮の例大祭が始まり、市内を多くの山車が練り歩いています。ついこの間、さんさ踊りで夏を感じたと思ったんですが、たちまち秋です。ホント早いなぁ~笑
 今月は3連休が2回ありますが、よしだ屋はもちろん毎日営業しております。行楽シーズンでもありますが、お出掛けの際は是非お立ち寄りくださいませ。

 さて、秋になるとお楽しみのお酒がコチラですよね!
f0055803_15241654.jpg
 秋になって発売される日本酒と言えば、「秋あがり・ひやおろし」といったお酒ですね!以前だと「ひやおろし」と名乗る商品が多かったように記憶していますが、今回入荷した写真の4本はいづれも「秋あがり」。最近はコチラの方が多くなっているのかもしれませんね。
 さて、この「秋あがり・ひやおろし」といったお酒はどういうお酒なのか。仕込んでいるのは通常のお酒と同様、昨シーズンの冬ですが、出来立てのお酒はフレッシュな感じや荒々しさがあるため、タンクの中でひと夏を過ごし、味に丸みを帯び柔らかくなるこの季節に出荷されるのが「秋あがり・ひやおろし」と呼ばれるお酒です。冷はもちろん、お燗にしても美味しく召し上がれますよ。
 ですから昔から日本酒には出来立ての季節とこれからの季節、二つの旬があると言われているんですね。最近は春や夏の限定酒を発売する蔵元さんも多くなっていますが...
 そんな秋の限定酒、今回よしだ屋に入荷したのは、八幡平市の「鷲の尾」さん、紫波町の「月の輪」さん、そして同じく紫波町の「廣喜」さんからは純米と純米吟醸の2種類です。廣喜さんはラベルを大きく変えて来ましたね!
 秋の夜長、秋のお酒を味わいながら“読書の秋”に耽るのもいいですね!もちろん“味覚の秋”のお供にも(笑)

by yoshida-ya1201 | 2019-09-13 15:43 | 岩手の地酒 | Comments(0)


浜千鳥さんの夏酒、いよいよ発売です!

 先日発生した山形県沖を震源とする大きな地震に続き、今朝も関東を中心に都心でも最大震度4という地震があったようです。ここ数年、大きな地震が増えているように感じますが、これも東日本大震災の影響によるものなのでしょうかね。地震については将来に渡って安心出来る状況には中々なりそうもありませんが、万が一の際にはまずは自らの身の安全を確保することですね。
 ところで、店の山椒に住んでる(!?)アゲハの幼虫4匹ですが、見る見る大きくなり間もなく蛹へと変わりそうです。小さな体でも食欲は旺盛で、今朝来てみたら山椒の葉がほぼ食べ尽くされていました。スゴイものですね!

 さて今日はコチラのお酒をご案内しましょう!
f0055803_15050475.jpg
 すでに幾つかの蔵元さんから今年も“夏季限定酒”が発売されていますが、国内外で高い評価を得ている沿岸釜石市の浜千鳥さんからもついに発売になりました。昨年もご好評頂いた「純米うすにごり 銀河のしずく」の発売です。ご飯用のおコメとして“金色の風”同様、岩手県のブランド米として全国に売り出し中の“銀河のしずく”を60%精米して使用しています。もろみを搾った際に薄っすらと残る“おり”をそのままに、生の状態で瓶詰めした商品です。コメの旨みを感じつつスッキリとした味わいのお酒に仕上がっていますので、是非ご賞味下さいね。
 8月頃までの発売を予定しておりますが、数量限定となりますので早期完売の際はご容赦下さいませ。

by yoshida-ya1201 | 2019-06-24 15:09 | 岩手の地酒 | Comments(0)


今年も発売!月の輪さんの「りんご梅酒」です!

 梅雨入り以降、あまりまとまった雨が降っていない盛岡ですが、今日も薄曇りながら雨の心配は無さそうに見えますね。でも、天気は西から下り坂のようですからこの週末はあまり雨模様になるかもしれませんね。
 さて今日は朝からビッグニュースが飛び込んできましたね!アメリカのプロバスケットボールNBAで日本人で初めてとなるドラフト1巡目で指名された八村塁選手です。2mを越える身長と並外れた身体能力があってのことだと思いますが、きっかけは中学時代の先生だったそうですね。陸上や野球をやっても長続きしなかった彼に「バスケをやったら将来きっとNBAプレーヤーになれるぞ!」って言い続けていたんだそうです。当時、まだバスケ未体験だった彼にですよ。本人も凄いけど、先生もスゴイですよね。これからプロとしての活躍を期待したいですね!

 さて今日は入荷したばかりのコチラの商品をご紹介!月の輪さんが続いちゃいましたね(笑)
f0055803_14402053.jpg
 例年、好評の内に完売になっている「月の輪 りんご梅酒」が今年も発売になりましたよ。
 こちらは紫波町の酒蔵、月の輪さんの商品で以前から製造していた「粕取焼酎」をベースにして造られていますが、一般の梅酒とはちょっと違うんです。
 まずは地元を中心に収穫した県産の梅をその焼酎に漬け込み梅酒を造ります。そこに蔵の酒粕を肥料に使って自家農園で育てたリンゴの果汁を加えて仕上げたのがこの「りんご梅酒」です。もちろん、糖類などの添加物を使用しない、自然の風味が生きた味わいは酸味と甘みのバランスもいい飲みやすい仕上がりになっています。
 アルコール8%でありますが、そのままで、もしくは氷を入れたり、炭酸で割っても美味しく召し上がれますよ。
 暑くなるこれから、夏バテ予防や熱中症対策にもいいかもしれませんね!完売する前に是非どうぞ!

by yoshida-ya1201 | 2019-06-21 15:03 | 岩手の地酒 | Comments(0)


月の輪さんの限定酒と新定番!

 今日も気持ちの良い青空が広がっている盛岡。梅雨入り前ということもあり、湿度も少なく爽やかですね。でもこの好天も続かず週末には荒れ模様のようで、梅雨入りも間近でしょうか。 
 大リーガー、大谷君はスゴイですね!先日は雄星君やマエケンからもホームランを打ってましたが、今日はなんとサイクル安打を達成したんだとか。打者としてだけでもこれだけの活躍しちゃうのに、本来はピッチャーでもスゴイっていうんですから、ホントもの凄い選手が生まれたものです。しかも岩手県から...笑

 さて今日はコチラのお酒をご紹介しましょう!
f0055803_14260334.jpg
 光の加減で見えづらいかもしれませんが、現在並んでいる紫波町の酒蔵「月の輪」さんの3兄弟です。
 左は毎年夏場の限定酒として発売されている「夏限定 旨辛純米酒」です。昨年はもう少し青が濃い瓶に詰められていましたよね。生貯蔵酒として販売されているこちらのお酒は日本酒度+11.5と昨年よりも辛口に仕上げられており、暑い夏にも爽やかにお飲み頂けます。
 そして新たに定番酒として加わり1合売りもしている2種類。まずは真ん中の「生酛純米酒」です。昔ながらの伝統技法である生酛製法は冷でももちろん美味しく召し上がれますが、寒い日のお燗用にもピッタリのお酒です。
 最後の1本は「大辛口純米酒」、キリッとドライに仕上げた日本酒度+13もある超辛口の純米酒です。ラベルに描かれているのはツキノワグマ!?本来「月の輪」という名前は地元の史跡“月の輪形”に由来しているんですが、一般的にコチラの方がピンと来るって方が多いことからイメージに採用になったんだとか...笑
 一口に純米酒と言ってもこれだけの種類があるんですね。比べながら楽しむのも面白いかもしれませんね。
 是非どうぞ!

by yoshida-ya1201 | 2019-06-14 14:48 | 岩手の地酒 | Comments(0)


大分県からとっても貴重なリキュールが入荷しましたよ!

 昨日までの猛烈な暑さも一段落、今日は薄曇りが広がり爽やかな風も感じられるほどの穏やかな日よりです。一雨来そうな雰囲気もありますが、今夜は県営野球場を舞台に楽天-西武の一戦もありますし、何とかこの天気をキープして欲しいですね。私は店があるので残念ながら見には行けませんが...笑

 さて、今日はちょっとユニークな商品をご紹介したいと思います。大分県で造られるリキュールなんですが、このブログに丁度いいカテゴリーがないけど和酒ってことで“岩手の地酒”をお借りしましょうか。
f0055803_14394060.jpg
 造っているのは大分県にある焼酎メーカー、小野酒造さんです。大分県と言えば麦焼酎の本場ですから、こちらでも“小野屋”ブランドで製造しています。そしてその麦焼酎をベースに開発したのがこのリキュールシリーズで、右から『ゆず』『かぼす』、そして中でも非常に貴重で大人気となっているのが左の『グリーンレモン』なんです。
 まずは『ゆず』と『かぼす』。東北の皆さんもこれらの柑橘類の主要産地が九州であることはご存知かもしれませんし、日常ご利用になっているかもしれませんね。私などはゆずは飲料用に、かぼすは調味料にといったイメージもありますがいかがでしょう。いづれにしても、日本固有の柑橘類であるこれ等の果汁を使い、丁寧に造られた逸品なんです。
 そして今回特筆すべきが「グリーンレモン」なんですが、レモンの主要産地といって国内を挙げられる方がどれほどいらっしゃるでしょう。実は国内でも広島県など幾つか栽培している産地はありますが、絶対的に温暖な気候が必要な果実ですから日本産のイメージって少ないですよね。そんな状況がある中、九州でも栽培に挑戦する農家が増えているんだそうです。
 今回使われているレモンのほとんどは津久見市で栽培されていますが、香りを重視したいとの考えから完熟前の緑色の果皮の状態のうちに収穫し使われています。このリキュールが完成した当初はレモンの生産量も限られていましたから、発売=即完売という状況だったそうです。その後徐々に栽培面積も増やし、生産量も増加傾向にあることから、今回よしだ屋にも案内頂けたというわけです。といっても、年に一度4月中旬に発売されるのみですから、通年商品と言うわけにはいかないようですから、今回入荷したこちらの商品も完売必至の限定品ということになります。

 ちなみにですがこのリキュールシリーズを提案してくれたのがこの方。
f0055803_15191897.jpg
 実はこの方、ワインのインポーターさん、つまりは海外からワインを輸入して国内に販売している方なんです。何故に!?聞けば、この方が勤める会社、インポーターの前に一般の酒屋を営んでいたそうで、その時の繋がりから今でも商品開発や販売に関わっているんだそうです。実際、このリキュールを提案し販売するまでを一貫して携わってきたのがこの方なんだそうです。なるほど、それでアツく語って行った訳かと納得した私ですが、試飲させて頂いたところ本当に美味しかったので扱わせてもらうことにした次第です。
 彼も話しておりましたが、和食を始め、様々なお食事との相性はピッタリ。特にも女性の皆さんには是非飲んでみて欲しいと。その際、アルコール度数はいづれも7%ありますが是非ストレートかロックで飲んで頂きたいんです。炭酸などで割ってしまうと香りまで薄まってしまいますのでね。
 商品の特徴と希少性、更には開発者のアツい想いも伝わればと長い文章になってしまいました(笑)
 市内の他店では扱っていないと思われます。是非ご賞味下さい!

by yoshida-ya1201 | 2019-05-28 15:31 | 岩手の地酒 | Comments(0)


夏のお酒も発売になって来ましたよ!

 朝方雨が降っていたのか周囲が濡れていた盛岡、この時間は青空が広がり爽やかな一日になっています。
 さて昨日の新聞の一面トップの記事。3月の景気判断が6年2ヶ月ぶりに“悪化”という判断になったんだそうです。これまでの“戦後最長の景気拡大が続いている”という表現も“ホントに!?何処が!?”って感じでしたが、こう活字で見せられるとより凹みそうになりますね。折りしも米中の貿易戦争は出口が見えず、日本の株式市場は連休明け続落し千円以上下げているそうです。よしだ屋の状況を重ねるのもナンですが先行き不安になりますねぇ~

 気分を変えて...今日は紫波の廣喜さんから発売になった夏酒3兄弟のご案内です!
f0055803_15310527.jpg
 例年発売されている夏酒3兄弟ですが、造りを“酸基醴酛(さんきあまざけもと)”という伝統的な製法に統一して2年目ということになるでしょうか。
 視線は右のお酒に釘付けかも知れませんが、左から紹介していきましょう(笑)
 金魚が泳ぐ涼しげなラベルの商品は「特別純米酒 夏純」です。精米歩合60%で造られた純米酒で、酸基醴酛製法によりお米の旨みがやさしく感じられる仕上がりになっています。
 中央の「純米原酒 オン・ザ・ロック」は以前は本醸造酒として発売されていたこともありましたが、現在は純米酒に変更となりました。アルコール18度の原酒ですから氷を浮かべて召し上がってみてください。そうすることで甘さが引き締まり喉越しが良くなりますよ。溶けた氷でアルコール度数も幾分下がりますから口当たりも優しく感じられます。
 そして右。見た目には一番インパクトのあるこちらは「純米吟醸生酒しろくま」です。暑い夏を北極に居るしろくまから清涼感を感じて欲しいとのイメージのようです。“ぎんおとめ”を55%まで磨いて造られた純米吟醸酒を生のままで瓶詰めした商品です。瑞々しい口当たりでスッキリとした味わいに仕上がっています。
 季節限定商品です。是非ご賞味下さいませ!
by yoshida-ya1201 | 2019-05-15 14:28 | 岩手の地酒 | Comments(0)


『平成』から『令和』へ。節目にピッタリのお酒が出来ました!

 予報どおり昨日は午後から雨が降って来た盛岡、今日はどんより曇り空ですね。あまり強い雨ではありませんでしたから、桜を散らせるところまでは行っていないかもしれません。もう少し綺麗な桜に囲まれて居たいですね。
 
 さて、気付けば平成の時代も残すところ6日。来週の水曜日からは令和元年のスタートなんですね。
 ってことで、そんな節目にピッタリのこんなお酒が発売になりましたよ!
f0055803_14393080.jpg
 盛岡の酒蔵「あさ開」さんが今回発売した「祝新元号制定記念 純米大吟醸」です。
 30年に及んだ『平成』へのノスタルジーをレトロ感のあるラベルデザインで表し、あわせて新たに始まる『令和』の時代への期待感やお祝いの気持ちを表現しました。
 現代の名工、藤尾杜氏が手掛けたこのお酒は、原料米を50%まで精米して使われ、日本酒度+1.5とやや辛口の味わいに仕上げています。冷ではもちろんですが、温燗にして頂いても美味しく召し上がれます。
 本数限定での発売となりますので、お早めにどうぞ!

 *連休期間中も休まず営業しておりますので、どうぞご来店下さい。

by yoshida-ya1201 | 2019-04-25 14:53 | 岩手の地酒 | Comments(2)


春の限定酒、入荷です!

 よしだ屋の店先のディスプレイも桜の花に衣替えしましたが、今日はいよいよ本物の桜の開花宣言が出される場所もありそうですね。盛岡も今日は気温が上がっているようで、日に日に春の兆しが濃くなっていることを実感するようです。こうなると私もニット帽にマフラー、手袋といった冬の装いから脱皮しなくちゃいけないなぁ~といって、何を着たらいいものか、無い中から探すのも一苦労なんですよね(笑)

さて、季節に合わせるように春のお酒が入荷していますよ!
f0055803_14553706.jpg
 いづれも紫波町の蔵元からになりますが、一方は「月の輪」さんの春のお酒、「花見酒 特別純米酒おりがらみ」です。こちらは原料米に“ぎんおとめ”を使用し、55%まで磨いています。おりがらみの言葉通り、春の霞のように薄く白く濁った状態を楽しんで頂きますが、口当たりの良い、優しい味わいを感じさせてくれますよ。 
 そしてもう一方が「廣喜」さんの「特別純米酒 春てきてき」です。こちらは原料米には60%精米した“ひとめぼれ”を使用し、オリジナルの酵母によって造られ、瑞々しい仕上がりになっています。また酸基醴酛(さんきあまざけもと)という製法により米の旨み最大限活かした造りも感じさせる一本です。
 桜の季節にピッタリのピンクのラベルも目を引きますね。是非ご賞味下さい。

by yoshida-ya1201 | 2019-03-20 15:35 | 岩手の地酒 | Comments(0)


現在の定番地酒四合瓶のコーナーはこんな感じ。お燗もアリです!笑

 3月に入り、時に春を感じるような温か日も増えてきた盛岡。今日も風は強いけど青空が広がっています。
 毎年3月は確定申告の締め切りが気になる季節なんですが、それも昨日も無事に提出してきました。まぁ、帳票などは全てソフトが計算してくれるので助かっているんですが...あとは消費税の支払いが問題です(笑) 
 ところで、先日放送されたIBCの番組「わが町バンザイ」、ご覧になりましたでしょうか?本町通の広い範囲を取り上げてくださり、最後の一軒に当店も出させて頂きました。放送終了直後から「見たよ!」とご無沙汰してる親戚や同級生から沢山メッセージが送られてきました。このページをご覧頂いている皆さんの中にも、初めてよしだ屋本人を見たって方もいらっしゃるかもしれませんね。これを機に、リアルな形でお店へも足を運んで頂けたら嬉しく思っております。今回番組には登場しなかったお店も沢山ある本町界隈です、是非お越しくださいね!

 さて、今日の紹介はコチラ!
f0055803_14561818.jpg
 当店が現在扱っている四合瓶の地酒コーナーです。この下にもう1段季節商品が並ぶ棚があるんですが、今日ご紹介したいのは定番商品のこっち(笑)
 以前は斜めに傾けた棚に1本づつ並べていましたが、今はこの通りフラットな棚に常時数本のお酒を並べています。何故こうしたのか。それは以前の形では季節商品に集中するあまり、定番品があまり売れない状況にあったからです。で、考えた結果、店に飲みにいらして下さる方に飲んでもらい易くすればいいのでは、という発想からでした。それまでも様々ある300mlの中から召し上がる方はおりましたが、こうした品揃えをすることで徳利1合一律350円で販売することが可能になりました。寒い日には熱燗も出来ますし、大変好評を頂いております。
 ってことで、現在のラインナップがこんな感じ。浜千鳥さんの「ゆめほなみ」は本醸造ですが、それ以外は全て純米酒です。堀の井さんに鷲の尾さん、岩泉の八重桜さんに宮古の菱屋さんと蔵定番の純米酒がありますが、菊の司さんと月の輪さんは熱燗にピッタリと言われている“生もと”タイプですし、あさ開さんの「水神」や廣喜さんの「丹頂正宗」は“超辛”と呼ばれるタイプです。そうそう、「真心」って何処の酒?って思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらは県南一関市にある磐の井さんの純米酒でございます。
 店頭で召し上がる方の先入観をなくすため、あえてプライスカードは外しておりますが、もちろんお買い求め頂くことは可能です。吟醸酒以上の高級酒などはお取り寄せとなりますが、普段の晩酌用にこちらもご利用頂ければと思います。

 P.S.以前ご案内した「いわて呑み蔵べ」という頒布会。スタートは5月からですが、予約の受付は今月中となっております。こちらへのお申し込みもお忘れなくどうぞ!

by yoshida-ya1201 | 2019-03-08 15:33 | 岩手の地酒 | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
営業案内です!
【営業時間】
  10:30~20:00
   (火曜・木曜は午後から)
【定休日】
  基本的にございません!
【住所】
  盛岡市本町通2丁目5-35
 *13年目に突入する2018年 1月、移転しました!
【tel&fax】
  019-651-3990
【e-mail】
  wine-cheese.yoshida
      @snow.ocn.ne.jp


☆オススメサイト
よしだ屋店主のFBページ
(有)戸澤建設
岩井沢工務所
coya ドイツの食器&ジュエリー
ピアニスト馬場葉子
カメラマン吉田恒星


(社)日本ソムリエ協会
岩手県酒造組合
検索
画像一覧
記事ランキング
最新のコメント
7ppさん、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:28
こんにちは。 コメント..
by 7pp at 14:51
ゆみ様、その節はありがと..
by yoshida-ya1201 at 16:06
先日はもりゼミワイン講座..
by ゆみ at 07:57
よしだ屋バンザイ
by 坂本 興克 at 19:25
俺もブログやってるからど..
by 中里 睦 at 17:30
ココにコメント貰うのとっ..
by yoshida-ya1201 at 13:21
このスペースなら6~8人..
by 中里 睦 at 19:13
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ブログジャンル
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
ファン