ワインとチーズの店 よしだ屋日記


カテゴリ:岩手の地酒( 134 )



よしだ屋から新提案。地酒の1合販売始めます!熱燗もどうぞ!

 相変わらず好天が続いている盛岡、そのせいもあって朝は寒さで目が覚めるような冷え込みです。それでも氷点下二桁まで下がることもありませんから、やはり暖冬ってことになるんでしょうね。 
 昨日の成人の日。式典は前日に開催されたところも多かったようで、晴れ着を着た新成人がテレビや新聞でも取り上げられていましたね。20歳から出来るようになることの一つに“飲酒”がありますが、酒屋である私としては是非とも日本の清酒を始め、世界各国の文化として栄えた様々なお酒を嗜んで欲しいと思いますね!そのためには先輩や上司に誘われたら積極的に付き合う方がいいと思いますよ。美味しいお酒やBarなどは中々自分では出会えないものですから。きっとご馳走してくれるでしょうし...笑

 さて、そんな様々なお酒と出会える場としてよしだ屋も新たな取り組みを始めました!
 開店して数年後から店頭で飲めるようになっているよしだ屋ですが、これまではビールを始めワインや地酒でも購入したボトルをお飲み頂くスタイルでしたが、これから地酒は1合での販売を始めます!
 正直言いますと、よしだ屋の地酒コーナーは300mlサイズと季節限定の四合瓶、そして通常品の四合瓶と3つに区分されていますが、近年、季節限定の商品が春夏秋冬発売されており、どうしても販売の中心がこれ等に偏ってしまう傾向にありました。そこで、定番の商品をてこ入れしたいと考え思いついたのが1合売り。価格は並んでいる定番の四合瓶、どれでも1合350円これまで地酒を飲まれる方は300mlサイズの中からお選び頂いておりましたが、これからは1合ずつ様々なお酒をお楽しみ頂くことが可能になります。更に、寒いこの時期にはお燗だって出来ちゃいますよ!笑 
f0055803_15560998.jpg
 スタートで揃えたのは、あさ開、菊の司、桜顔、鷲の尾、廣喜、堀の井、八重桜、男山、浜千鳥のこれ等のお酒。価格を全て一律1合350円にしましたので、価格による先入観を持たないように売り場からプライスカードを撤去しました。そうすることで、商品を入れ替える自由度も高まりますので、これ等のお酒を固定化せず時々入れ替えながら色々なお酒をお楽しみ頂けるようにと考えております。
 もちろん、ご自宅用にお買い求めになる際には別途価格表をご提示させて頂きますのでご安心下さいませ。

by yoshida-ya1201 | 2019-01-15 16:20 | 岩手の地酒 | Comments(0)


一挙5種類、今年のしぼりたてラインナップです!

 数日前には沿岸山田町で24.6度を観測するなど暖かい冬かと思われましたが、さすがに12月そのまま過ぎるわけもなく...昨日は今シーズン初となる本格的な雪降りになった盛岡です。すぐに溶けて雨に変わったようですが、いよいよ冬も本番ですね。この寒さにちょっと風邪気味の私ですが、年の瀬を前に体調管理には十分気をつけて過ごしましょう。年の瀬の前に飲み会シーズンでもありますから、風邪なんてひいてられませんね(笑)
 
 さて今日は、この時期各社から相次いで発売になる季節のお酒の中からよしだ屋のランナップはこちら!
f0055803_13552341.jpg
 “寒造り”と呼ばれるように、年に一度冬の寒い時期に行われる清酒造り。今年も各蔵11月下旬くらいから順次始まっていますが、そうした中で最初に出来上がるのが「しぼりたて」「あらばしり」と呼ばれるお酒です。出来たばかりの状態をそのまま搾って出荷されることが多いため、基本的に“生”で“原酒”なのがこの時期のお酒。ですので鮮烈な荒々しさと共にコメの旨みが活きたしっかりとした味わいが感じられます。とは言えその味わいはそれぞれ個性があって一口では表現できないところが清酒の奥深い魅力ですよね。
 ってことで、よしだ屋の限られたスペースに並んだ今年の新酒はこちらの5種類です。
 まずは盛岡市の蔵元からはあさ開さんの「純米新酒」と菊の司さんの「純米新酒 美雪」。紫波町からは月の輪さんの「新米新酒」と廣喜さんの「特別純米あらばしり」を。そして八幡平市の鷲の尾さんからは「しぼりたて原酒」です。こう見てくると、単に「新酒」と名乗る蔵も増えていることにも気付かされますね(笑)
 これから迎える年末年始、家族揃って飲む機会も多くなると思いますが、地元産のこうしたお酒も食卓にご用意して頂ければ嬉しいですね。私の大晦日は今年も紅白見ながら一人晩酌かなぁ~笑

by yoshida-ya1201 | 2018-12-07 14:37 | 岩手の地酒 | Comments(0)


可愛いワンカップが仲間入りです!

 どんよりと曇り空の今日の盛岡、これから明日に掛けて雨が降り始めそうです。気温もグッと下がりそうですから、上着を一枚羽織るなど風邪を引かないように注意が必要ですね! 
 そんな中、今日は年に一度の健康診断を受診してきました。普段、病院のお世話になることが私ですが、市で行っている無料診断だけは利用させて頂いています。訪れたのは昔のお向かいさん、照井内科医院さん。我が家では亡き父も兄貴もお世話になっている病院で、私も何かあると駆け込むありがたい病院です。高齢となりながらも元気に現役を続ける院長先生ですが、後継の先生も決まったことから、立て替えの決断をされたそうで近く工事に入られるそうです。地域住民のために身近な掛かりつけ医としていつまでも頑張って欲しいものですね!

 さて今日は最近入荷したこちらの商品を...
f0055803_14560277.jpg
 可愛いでしょ!笑
 こちらは紫波町の老舗蔵元、廣喜さんが新たに発売されたカップ酒です。岩手県にお住まいの方にはお馴染みのキャラクター、わんこ兄弟のそばっちをパッケージに採用した純米酒です。
 廣喜さんでは全ての造りを“酸基醴酛(さんきあまざけもと)”と呼ばれる伝統的な製法に切り替え品質向上に努めています。既存の商品は統一感のある落ち着いたデザインになりましたが、カップ酒は可愛くこんな感じに...笑
 よしだ屋ではこれまで四合瓶と300mlのサイズを中心に揃えてきましたが、こちらのカップ酒も加わりましたので是非ご利用下さいませ。飲んだ後もコップとして捨てずに置いておきたくなりますよね!
 個人的には正直カップ酒よりもお銚子からお猪口に注いで飲む方が好きなんですが、180mlというサイズ感は店頭飲みにも向いているかもしれませんね!数人で四合瓶を空けちゃう方もたま~にいらっしゃいますが...笑

by yoshida-ya1201 | 2018-10-10 15:23 | 岩手の地酒 | Comments(0)


秋の限定酒、第2弾は一気にこれだけ!

 秋分の日の今日からは先週に続いての3連休ですね。昨夜から降り始めた雨も午前中で上がり、曇り空ながら穏やかな休日になっている盛岡です。各地で様々なイベントも行われているようですし、何処かへお出掛けって方も多いことでしょうね!事故にはくれぐれも気をつけて楽しい休日をお過ごし下さいね!
 
 さて、先日「あさ開」さんと「鷲の尾」さんをご紹介した秋の限定酒。今日はその後に入荷した4種類を...
f0055803_14510633.jpg
 まずはもうお馴染みになったかもしれませんが、盛岡の菊の司さんから発売になった「純米原酒 茜」から。“ひとめぼれ”を中心にした原料米など全て同じ製法で造られたお酒を四季毎に瓶詰めし、季節感を感じさせる限定品です。原酒の状態で夏場熟成させていますからアルコール度数も18%としっかりです。
 続いては紫波町の2蔵。月の輪さんからはこちらもお馴染みの「純米酒 秋あがり」。“ぎんおとめ”を中心にした純米酒で日本酒度は+5.4あり、この中では一番辛口を示していますね。ちなみにアルコール度数は15%程度です。そして全量を酸基醴酛(さんきあまざけもと)という伝統的な製法に切り替えた廣喜さんの「特別純米酒 ひやおろし」です。一新したラベルは地元の型染師さんのオリジナルだそうで、季節感を演出していますね。アルコール度数は18%ですから、菊の司さん同様、原酒と言えるかもしれません。
 最後は沿岸釜石市から浜千鳥さんから発売になった新商品「特別純米酒 無濾過火入れ」です。赤いラベルもインパクト大ですが、原料米に“美山錦”を使用し55%まで磨いていると言いますから、純米吟醸酒と言っても差し支えないレベルのお酒です。アルコール度数は16%ほど、日本酒度は-2を示しています。

 これで今期の「秋あがり・ひやおろし」コーナーはこんな感じになりました。
 原料米や精米歩合を始め、アルコール度数や酸度、日本酒度を見ても各蔵違うように、それぞれ拘りを持って個性ある味わいを追求しています。是非秋の味覚に様々な蔵のお酒を組み合わせて楽しんでみてください!
f0055803_15304983.png


by yoshida-ya1201 | 2018-09-22 15:31 | 岩手の地酒 | Comments(0)


清酒の世界は既に秋を迎えました。

 一昨日の投稿では、関西を中心に大きな被害をもたらした台風21号が喫緊の課題と書きましたが、昨日の深夜3時に北海道を襲った最大震度7を記録した巨大地震が更なる追い打ちをかけました。震源に近い場所では火山灰土壌ゆえの大規模な土砂崩れが発生し、多くの家々が巻き込まれ死者・行方不明者を出してしまいました。周辺の様子を見ると直前の台風によって水分を溜め込んでいたことも状況を悪化させたようですが、山肌の崩れ方は見たことがないような大規模なものでした。更には主力の発電所がダウンしたことによる全道停電など、考えられないような影響も出ています。これが数週間前まで続いていた猛暑の時期だったり、これからやってくる真冬の厳冬期でなかったことだけが救いと言える様な状況です。 
 続けざまに日本を襲った大規模な自然災害、被災された方々へお見舞い申し上げると共に、一日も早い日常が戻ることを祈っております。国にもしっかりとした対応をお願いしたいところです。

 さて話はガラリと変わってしまいますが、今日はこちらのご案内を...
f0055803_14471477.jpg
 猛烈な暑さもやっと収まり、秋の気配も感じられる季節になってきましたね。近所では13日から始まる秋祭りに向けて太鼓の練習をする音も聞こえてきます。もうすぐ多くの山車が市中を練り歩く八幡様のお祭りです。
 そんな秋の気配が色濃くなってくると発売されるのが「ひやおろし・秋あがり」といったお酒です。冬に仕込んだお酒を暑い夏の時期は涼しい蔵の中で過ごし、旨味が乗ってきたこれからの時期に発売される季節のお酒です。
 酒蔵各社ともこれから順次発売される予定ですが、先陣を切って入荷したのが盛岡市の「あさ開」さんと八幡平市の「鷲の尾」さんです。いづれも純米酒として造られており、それぞれ程よい熟成感や円熟味のあるまろやかな味わいは秋の味覚とも相性バツグンです。これからの季節、食欲の秋に添える一本に是非どうぞ!

by yoshida-ya1201 | 2018-09-07 15:02 | 岩手の地酒 | Comments(0)


地元酒蔵さんから発売された「梅酒」2種類!

 まだ梅雨明けしていない東北北部ではありますが、今日も真夏のような陽射しが降り注ぎ、気温もグングン上昇しているようです。ニュースでは西日本を中心に40度なんて予報が出されているエリアもあるようです。西日本と言えば、集中豪雨による復興作業も大変だと思いますが、熱中症には十分に注意して欲しいですね。また今日からの3連休では海へお出掛けの方も多いと思いますが、海難事故にも十分気をつけて頂きたいですね。

 さて、暑い夏にはこんなお酒も体に良いんじゃないかな!県産の梅酒のご案内です!
f0055803_14404797.jpg
 南部杜氏の里、岩手県では清酒の酒蔵さんが沢山ありますが、そんな中でこちらの2蔵さんではこの時期「梅酒」も発売されるんです!
 まずは沿岸釜石市の浜千鳥さんです。こちらは地元釜石・大槌地区で収穫された青梅の実を一つ一つ手作業でヘタを取り、焼酎ではなく清酒の原酒に漬け込んで造られています。当初は手探りの面もあり、梅のエキスを上手く出させることに苦労もあったそうですが、年々改良を重ね、販売開始から8年を迎える今年は味も色も濃くなり一層バランスの取れた味わいに仕上がっていると言います。アルコール度数は12%ありますから、ストレートの他、ロックや炭酸割りなど、様々にアレンジしてお召し上がり下さい。
 もう一方は紫波町の月の輪さんです。こちらも紫波町を中心とした地元で収穫された梅の実を使用して造られていますが、ベースになるお酒が浜千鳥さんとは違い、自社で製造している粕取焼酎に漬け込んでいるんです。さらに出来上がった梅酒に、酒粕を肥料に加えて育てている自家農園のリンゴ果汁をブレンドして造られているんです。ですので、甘みと酸味のバランスがよく、アルコール度数も8%ほどと低めになっています。
 一口に「梅酒」と言っても、個性があるんですね。いづれも数量限定となりますので、お早めにどうぞ!

 「梅酒」と言えば、実は移転したよしだ屋に「梅酒コーナー」もあるんです!
 左から「大分 老松酒造」、「奈良 梅の宿」、「水戸 明利」、「石川 萬歳楽」です。こちらも是非!
f0055803_15042238.jpg
 
 

by yoshida-ya1201 | 2018-07-14 15:06 | 岩手の地酒 | Comments(0)


釜石の浜千鳥さんから夏の限定酒発売です!

 梅雨の真っ只中ではありますが、ここ数日は穏やかな日が続き、暑いくらいに感じられますね。この気温もあってか、長らく枯れ枝のようになっていた山椒からやっと若葉が芽吹いてきた様子を発見しました。同じように枝しかなかった隣のブルーベリーにはあっという間に葉が茂っただけに心配しておりましたが、山椒にとっては気温が足りなかったんですね。これからの生長が楽しみになってきました(笑)
 
 さて、今日は発売間もないこちらの商品をご案内しましょう!
f0055803_15025647.jpg
 近年、多くの酒蔵さんから“夏季限定酒”が発売されていますが、国内外で高い評価を得ている沿岸釜石市の浜千鳥さんからもついに発売になりました。昨年までは無かったように思うので新商品ですよ。
 発売されたのは「純米うすにごり 銀河のしずく」です。ご飯用のおコメとして“金色の風”同様、岩手県のブランド米として全国に売り出し注の“銀河のしずく”を60%精米して使用しています。もろみを搾った際に薄っすらと残る“おり”をそのままに、生の状態で瓶詰めした商品です。コメの旨みを感じつつスッキリとした味わいのお酒に仕上がっていますよ。8月までの発売を予定しておりますが、720mlのみの発売で2500本限定となりますので完売の際はご容赦下さいませ。

 ってことで、よしだ屋の夏酒コーナーはこんな感じ。是非ご利用下さいませ!
f0055803_15175753.jpg


by yoshida-ya1201 | 2018-06-23 15:19 | 岩手の地酒 | Comments(0)


紫波の廣喜さんから夏酒3兄弟発売です!

 昨日は夕方から一時どしゃ降りとも言えるような降り方をした雨、久しぶりの雨はハンパ無い降り方でしたね。そんな中、飲みに来ていた同級生を含む3人で近所の「やきとりさっちゃん」に行って来ました。実は前の日にも違う同級生2人と行ってたので二日連続!たまにあるこういう飲みって楽しいですね!笑
 さぁ、今日から6月です!雨雲も去って青空が戻ってきましたが、明日明後日と開催される「東北絆まつり」はもっと好天になる予報が出されていますし、気温もかなり上昇しそうですね。お出掛けの皆さんは熱中症にも気をつけて楽しんで来て下さい。よしだ屋は店頭にて冷えたビールや白ワインをご用意してお待ちしております!

 6月に入って早速入荷した今日のお酒。紫波の廣喜さんから発売になった夏酒3兄弟です!
f0055803_15310527.jpg
 昨年も夏酒3兄弟は発売されていますが、今期の造りから“酸基醴酛(さんきあまざけもと)”という伝統的な製法に全てを統一したそうですから、見た目以上に酒質にも大きな変化を遂げていると言えるかもしれませんよ。
 視線は右のお酒に釘付けかも知れませんが、左から紹介していきましょう(笑)
 金魚が泳ぐ涼しげなラベルの商品は「特別純米酒 夏純」です。精米歩合60%で造られた純米酒で、酸基醴酛による造りによりお米の旨みがやさしく感じられる仕上がりになっています。
 中央の「純米原酒 オン・ザ・ロック」は昨年までは本醸造酒として発売されていましたが、純米酒に変更となりました。アルコール18度の原酒ですから氷を浮かべて召し上がってみてください。そうすることで甘さが引き締まり喉越しが良くなりますよ。溶けた氷でアルコール度数も幾分下がりますから口当たりも優しく感じられます。
 そして右。見た目には一番大きく変わったこちらは「純米吟醸生酒しろくま」です。暑い夏を北極に居るしろくまから清涼感を感じて欲しいとのイメージのようですが、インパクト大ですね!“ぎんおとめ”を55%まで磨いて造られた純米吟醸酒を生のままで瓶詰めした商品です。瑞々しい口当たりでスッキリとした味わいに仕上がっています。
 季節限定商品です。是非ご賞味下さいませ!

by yoshida-ya1201 | 2018-06-01 16:16 | 岩手の地酒 | Comments(0)


イメージないかもしれませんが、焼酎も置いてます!笑

 時の経つのは本当に早いもので、今年ももう5月が終わるんですね。ちょっと前まで「今年は雪が多くて寒いですねぇ~」なんて言ってたのに、あっという間に桜の季節が来て新緑の季節を向かえ、既に初夏のような暑さを感じる日も増えてきました。 
 そんな中、6月に入って最初の土日となる2日3日は「東北絆まつり」が開催されますね!震災復興を祈念して始まった六魂祭の後継イベントですが、六魂祭の時以上の人出が予想されているようです。
 折角の機会ですので、よしだ屋も店頭にてベアレンの生ビールやスッキリ爽やかな白ワインをお出ししてお迎えしようと思っております。お近くをお通りの皆様はどうぞお立ち寄り下さい。
 
 今日ご案内するのはちょっと珍しく焼酎です。少しは置いてるんですよ(笑)
 まずは岩手県産。
f0055803_15161191.jpg
 日本酒の蔵が手掛けているわけですから、当然のことながら造られる焼酎も“コメ”由来になります。
 釜石市の浜千鳥さんからは「纜(ともづな)」、盛岡市の菊の司さんは「だだすこだん」、そして県南奥州市の岩手銘醸さんが手掛けるのは亀の尾という酒米を使ったその名も「亀の尾」。この3種類はいわゆる“米焼酎”です。
 一方で醸造後の酒粕を蒸留して造られる“粕取焼酎”と呼ばれるタイプがあり、“米焼酎”にはない独特の風味が人気ですが、紫波町の月の輪さんの粕取焼酎からもそうした風味を感じることが出来ます。そして中央に聳える一升瓶、先日盛岡市のあさ開さんから発売された商品で、こちらは飲食店様への限定商品となりますが、吟醸酒の粕を使っているためか非常に綺麗な味わいを感じることが出来ました。街へお出掛けになった際にお見かけになりましたら是非お試し下さいね!

 こちらは九州産。
f0055803_15162773.jpg
 ご覧のように“麦”、“米”、“芋”と各種ございますが、ここでは中央に聳える一升瓶について...
 芋焼酎の本場、鹿児島県の西酒造さんが手掛ける「薩摩宝山」という商品です。実はこの商品、“これしか飲まないんです”と言う近所に住む同級生のご主人様からご用命頂きお取り寄せしている商品で、スペースの関係で店頭には並んでおらず裏に置いてあるんです。そのご主人にか販売しないと決めてるわけではございませんので、ご入用の際は仰ってくださいね。これ等に限らず、入手困難な一部商品以外の一般的な商品でしたらお取り寄せも可能ですので、どうぞお問い合わせ下さい。

以上、ワインと地酒・地ビール中心のよしだ屋ですが、本格焼酎も少しは扱っています、というご紹介でした(笑)

by yoshida-ya1201 | 2018-05-31 15:44 | 岩手の地酒 | Comments(0)


岩手県が期待を込める金銀米で造ったお酒が揃いました!

 市内でも石割桜が開花したそうで、桜の開花は着実に北上はしているようですね。それでもまだまだ風は冷たく屋外でお花見する気分にはなれない盛岡、満開の頃には温かくなっているといいですね! 
 岩手県出身、エンゼルスの大谷君は打者としてスタメン出場した試合では全てでヒットを記録し、打点も重ねていますね。まだ始まったばかりですが、投打に渡ってどんな成績を残してくれるのかホント楽しみです。

 さて、今日は「あさ開」さんが手掛けたこちらの純米酒のご案内です!
f0055803_14070142.jpg
 先日、一足早く発売になった「銀河のしずく」に続いて「金色の風」も発売になりましたよ!
 岩手県にお住まいの方なら既にご存知かと思いますが、商品名にもなっている「銀河のしずく」も「金色の風」も岩手県が開発したお米の品種で、本来は酒造用ではなく、ご飯として食べて頂くことを目的としたお米です。
 国はこれまで米農家に対して減反による生産調整を行い米の価格安定を図ってきましたが、その政策が見直されもうじき減反が廃止されることになっています。そうなると全国各地に存在する様々なブランド米との競争は必至、ということで開発されました。もう一つは、岩手県で栽培されている主要品種が“ひとめぼれ”や“あきたこまち”といった県外発祥の米ということで、岩手オリジナルの品種の開発は悲願だったのかもしれません。
 ちょっと米の開発に関する説明が長くなりましたが、今回その2種類のお米を使ってお酒を醸造したのが県内最大手の酒蔵、あさ開さんです。いづれも栽培は県南の一部農家に限られるということもあり、また、当然ですが飯米として出荷される分が多いこともあり、お酒として商品化したのはあさ開さんが唯一のようです。
 私はご飯としてはいづれもまだ食べたことがないんですが、お酒として出来上がったこちらは米の旨みが引き出され、やや甘口のタイプと言えるかもしれませんが美味しく楽しむことが出来ましたよ。
 今なら2種類揃っていますから飲み比べも楽しいですし、お土産としてもいいですね。特に県外の方には珍しい逸品として喜ばれるのではないでしょうか。是非ご利用下さいませ!

by yoshida-ya1201 | 2018-04-13 14:44 | 岩手の地酒 | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
よしだ屋バンザイ
by 坂本 興克 at 19:25
俺もブログやってるからど..
by 中里 睦 at 17:30
ココにコメント貰うのとっ..
by yoshida-ya1201 at 13:21
このスペースなら6~8人..
by 中里 睦 at 19:13
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ちょっと一人当たりの量が..
by yoshida-ya1201 at 13:00
Teruさん、見守りも嬉..
by yoshida-ya1201 at 12:28
顔見せれなくてすんません..
by Teru at 22:45
姫さん、ありがとうござい..
by yoshida-ya1201 at 13:31
ブログジャンル
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧