人気ブログランキング |

ワインとチーズの店 よしだ屋日記


カテゴリ:ワイン( 391 )



新定番!アントル・ド・メール地区のボルドー赤ワインです!

 爽やかな風が吹く今日の盛岡は気持ちのいい秋晴れです。最近では気温も一気に下がり、朝晩の寒さが堪えるほどになって来ました。家の暖房とジャケットが必須の季節になって来ました。
 さて先日の台風19号は広い範囲で甚大な被害をもたらし、目を覆うばかりの光景が連日ニュース番組から報道されています。県内にも北上川という1級河川が流れていますが、更に大きな千曲川や信濃川といった全国的にも有名な河川やその支流で決壊したとか氾濫したとか、本当に信じられないような状況になっています。毎年のように至る所で発生する大きな災害、その都度思うことですが、財政危機も叫ばれる我が日本ではありますが、是非とも最優先で予算を計上し、復旧に全力を挙げてほしいと思いますね。

 話しは変わりますが、今日は新たに定番に加わったコチラのワインをご紹介しましょう。 
f0055803_15051754.jpg
 これまでにあまりご紹介してこなかったボルドー産のワインです。フランスのボルドー地方と言えば、ブルゴーニュ地方と並び称される言わずと知れた世界有数のワイン生産地ですよね。シャトー・マルゴーとか、シャトー・ラトゥールなど聞いたことがあるかもしれませんが、それら五大シャトーと呼ばれるワインもこのボルドー地方で造られています。そんなボルドー地方ですが、もう少し細かく言いますとその中には幾つかの地区が存在し、メドック地区やグラーブ地区、サンテミリオン地区、ポムロール地区、そして今日ご紹介するアントル・ド・メール地区などがあります。貴腐ワインで有名なソーテルヌ地区もボルドー地方ですね。ちなみにメドック地区には1級から5級まで厳格な規定があり、1級に格付けされている4つのワインと隣のグラーブ地区にあるシャトー・オー・ブリオンを加えた5つのシャトーを五大シャトーと呼び、別格扱いになっていますね。
 で今日のテーマ、アントル・ド・メール地区ですが、この地区はガロンヌ川とドルドーニュ川という二つの大河に挟まれた地域で、辛口の白ワインで有名な産地なんです。法律上も地区名までラベルに表記する上では白ワインしか認められていません。ですので、今日ご案内するこちらの赤ワインはボルドー・スペリュールというより広い括りでの産地表示になっているわけです。
 ボルドー地方は主に単一品種で造られるブルゴーニュ産ワインと異なり、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなど複数のブドウをブレンドして醸造しるのが最大の特徴とされています。造り手によるそのバランスの妙がそれぞれのワインに個性を持たせています。今回のワイン「ドメーヌ・ド・ラ・ヴリーユ・テチュ」はと言いますと、“カベルネ・ソーヴィニヨン58%”、“カベルネ・フラン23%”、“メルロー19%”という比率になっています。ブドウ栽培に関しては全て手作業で行われ、近年よく聞かれる様になりましたが、いわゆる“ビオ”と呼ばれる製法を早くから取り入れた造り手でもあります。ラベルの一番下に“ビオロジック”って表記が読み取れますね!
 涼しくなってくるこれからの季節、こうしたいわゆる“しっかり系”のワインもいいですよね!そうそう、上の方に描かれているイラスト、写真では見えづらいと思いますが中々シュールな画なんですよ(笑)

by yoshida-ya1201 | 2019-10-17 15:47 | ワイン | Comments(0)


エーデルワインから発売のこのワイン、超限定品です!

 抜けるような真っ青な空が広がっている盛岡、まさに秋晴れです。陽が出ているこの時間は、まさに暑く過ぎることもなく寒くもない、一年のうちでも最も過ごし易い季節と言ってもいいのではないでしょうかね。
 そんな暢気なことばかりを言っていられないのが今年の秋...昨日から始まった消費税増税でやはりと言うべきか、多くの企業などで混乱が生じたようです。単なる増税ならまだしも、今回は分かりにくい軽減税率の導入と、更にはキャッシュレス決済によるポイント還元も政府主体や企業主体など様々あって消費者にとっても分かりづらいですよね。現金のみの私にはポイント還元も関係ありませんけど(笑)
 再度お伝えしますと、よしだ屋は輸入ワインの価格は据え置きです。政府主導の5%ポイント還元は対象店となっておりませんので受けられませんが、PAYPAYなどでお支払いの際にはそれぞれ企業が還元するポイントは付きますよ。是非ご来店くださいませ!

 さて今日ご案内するコチラのワインはホンの少ししか入荷できなかった貴重なワインですよ。
f0055803_13304307.jpg
 近年、“日本ワイン”について品質も向上し、種類も増えているなど脚光を浴びていますね。東北有数のワイン産地、岩手県でも新たなワイナリーが出来るなど勢いを感じますが、その筆頭にあるのが大迫町にある「エーデルワイン」さんですよね。創業からの歴史も古く、多くのコンクールで受賞歴も誇っているワイナリーですが、今回発売されたのは超限定品の「グリューナー・ヴェルトリーナー2018」です。
 藤舘社長さんが紹介しているコチラの新聞記事をご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。
 エーデルワインのある大迫町は長くオーストリアのベルンドルフ市と友好都市を締結しており、これまでもオーストリア原産の「ツヴァイゲルトレーヴェ」や「ロースラー」といった品種から様々なワインを製造してきました。そして今回、2015年の現地訪問団が持参し植樹した苗木400本が生長し1055kgの収穫があった昨年、初めてワイン醸造を行い締結50周年のこのタイミングで発売することが出来ました。いい話ですね!
 完熟した果実を思わせる芳醇な味わい、酸味と甘みのバランスがよく、和食との相性もいいワインに仕上がっています。製造本数が1030本が記事には載っていますが、一店当たりの本数は調整が必要なことからよしだ屋にもホンの数本しか入荷することが出来ませんでした。気になる方はお早めにどうぞ!
 
 ちなみに、ホントにちなみにですが、よしだ屋の定番ワインコーナーには本場オーストリア産の「グリューナー・ヴェルトリーナー」もございます。しかも1リットル入ってリーズナブルなお値段!コチラもどうぞ!笑

by yoshida-ya1201 | 2019-10-02 14:17 | ワイン | Comments(0)


今回入荷した限定特価のワインは、初のアメリカ産です!

 秋晴れが続いてる盛岡、真っ青な空と心地よい空気が爽やかに感じますね。9月もあと数日、いよいよ消費税率が変わる10月を迎えます。先日もお伝えしたとおり、輸入ワインに関しては当面据え置きで継続しますが、ビールなど値上げさせて頂く商品もございますので、よろしくお願いいたします。 
 さて、ラグビー・ワールドカップが開幕し全国的にも盛り上がりを見せていますね。そして今日は大会中2試合が予定されている釜石市の復興スタジアムでフィジー対ウルグアイの一戦がまさにこの時間行われていますね。多くの知り合いも観戦に訪れているようですがきっと大変な賑わいになっていることだろうなぁ~羨ましい...笑

 今日は限定入荷したばかりのコチラのワインをご紹介しましょう!特価ワインとしては初めての産地ですよ。
f0055803_14254925.jpg
 「アデュレーション」という名のこのワイン、造られているのはアメリカの西海岸カリフォルニア州のナパ・ヴァレーです。カリフォルニア州はアメリカ最大のワイン産地で、よしだ屋の定番にも並んでいるベリンジャーなど大手ワイナリーのほかブティックワイナリーと呼ばれる小規模ながら高品質なワインを沢山生み出しています。その火付け役はオーパス・ワンじゃないかと思いますが、その後も映画監督のフランシス・フォード・コッポラが世に出したルビコンなど1本数万円もする高級ワインも沢山ありますね。
 そんな中にあって、今回の「アデュレーション」は高品質でありながら低価格を追求したワインなんです。造っているのはこの地で2006年にワイナリーを立ち上げたイタリア人醸造家、ダリオ・デ・コンティ氏。ナパ・ヴァレーを中心にカリフォルニア州の各地から良質な葡萄を購入しワイン造りを行っています。このダリオ氏、ワイン醸造家のほかにピザ職人の顔も持っていると言いますからビックリです。
 “柔軟性と適応性”をポリシーに掲げるダリオ氏の造るワインは気難しくなく、毎日楽しめるようにとカリフォルニアでありながらイタリアのワイン文化も感じられる陽気なワインです。メディアや評価雑誌への露出は少ないものの、一口飲めばその高いコストパフォーマンスを感じて頂けることでしょう。カリフォルニア産のワインで店頭で千円台半ばでお楽しみ頂けるのは嬉しいですよね!
 そうそう、ご覧頂いてお分かりのように赤ワイン2種類、「カベルネ・ソーヴィニヨン」「ピノ・ノワール」がございます。太陽を燦々と浴び、完熟したブドウから造られていることを感じさせてくれますよ。
by yoshida-ya1201 | 2019-09-25 14:54 | ワイン | Comments(0)


開店以来、初めて仕入れた国のワイン!でも普段は置いてません(笑)

 9月の2回目の3連休の初日、秋晴れの日が続いています。明日以降は台風の影響が心配されていますが、どうでしょうね。そんな今日、近所にある岩手医科大学が矢巾町に移転することに伴い、多くの患者さんを移送する大作戦が行われています。周囲の通行は自転車も含め規制され、全国から多くの応援も得て搬送しています。当初はサイレンが鳴り響き、上空はヘリコプターが飛び交う、そんな様子を想像していましたが、とっても静かです。不測の事態に至ることなく、無事に終えられることを祈っております。 
 そして昨日開幕したラグビー・ワールドカップ。アジアで初の開催となり、岩手県の釜石市の復興スタジアムでも2試合が組まれていますね。ロシアとの初戦を迎えたジャパンは4トライを挙げ30-10と見事に勝利を収めてくれました。次戦はランキング1位のアイルランド、正直勝つのは難しいかもしれませんが、世界を驚かすような戦いをして欲しいですね。そして目指せベスト8!やりはしないけど、見るのは好きな私です(笑)

 さてさて、今日は新着ワインではありますが普段は扱っていない珍しいワインをご紹介しましょう。実は時々お越しになるお客様がその国に旅をされたそうで、問い合わせを頂いたのがきっかけでした。そのワイン、滅多に店頭では見かけない国のワインなんですが、偶然にもよしだ屋が取引しているインポーターが扱っていたんです。
 その国が何処かと言えば...スイスです!
 皆さん、スイスでワインを造ってるってご存知でしたか?チーズでは有名なものが幾つもありますが、ワインはあまり聞かないのではないでしょうか。でも実は昔からワインの生産地なんです。しかも、生産量の問題なのか以外と安くないんですよね。赤ワインは皆さんも良く知る「ピノ・ノワール」や「ガメイ」という品種を使ったワインが多いんですが、白ワインは他では聞かない「シャスラー」という品種を使ったワインが有名なんですよ。
 今回入荷したこれ等のワインもそうしたブドウから造られていますよ。見えにくいかもしれませんが、左側のワインはシャトー○○という名前からフランス産のように見えますが、右側のエーデルワイスという名前からはスイスを感じますね!岩手県を代表するエーデルワインもココから名付けているんですもんね!
f0055803_15133741.jpg


by yoshida-ya1201 | 2019-09-21 15:18 | ワイン | Comments(0)


初入荷の限定ワインはラベルもお洒落なスペイン産!

 9月に入って一気に秋の気配が...と思っていると、ここ数日は真夏のような暑さが戻り、更に盛岡では滅多にないくらい寝苦しい夜が続いています。私も枕の下にアイスノンを敷き、扇風機を掛けて寝ていますが、数時間後にタイマーが切れて目を覚まし、ペットボトルの冷水を半分くらい一気に飲む、そんな夜が続いています(笑) 
 なんて暢気なことを言っていられないのが、先日の台風15号で大きな被害に見舞われた千葉県を中心にした関東地方です。風の影響で各所で電柱が倒れるなどし、この暑さの中大規模な停電が続いていると聞きます。盛岡など比にならないくらいの蒸し暑さでしょうから、一刻も早い電力の復旧が望まれます。作業されている皆さんは鋭意頑張っていらっしゃると思いますが、二次被害が起こらないようにと祈るばかりです。

 さてさて、今日は久しぶりに入荷した限定ワインをご紹介しましょう!
f0055803_14415197.jpg
 ラベルがとってもお洒落じゃありません?
 このワイン、スペインの内陸北部に位置するカスティーリャ・イ・レオン州で造られる「ゴタ・デ・アレーナ」と言います。造っているボデガス・トリデンテはスペイン国内各地に10ものワイナリーを運営するヒル・ファミリー・エステーツの一つです。2008年に設立されたこのボデガ、樹齢の古い葡萄樹の畑を少しづつ買い足してきたために、50箇所にも分散しているんだとか...収穫は手摘みで行うそうですが、作業は大変でしょうね(笑)
 スペインで一番有名な赤ワイン用の品種と言えば“テンプラニーリョ”ですが、地元では“ティンタ・デ・トロ”と呼ばれるあくまでも土着の品種です。この造り手もそうした土着品種にこだわりを持ったワイン造りをしており、このワインも一部をフランス産とアメリカ産のオーク樽に移し、12ヶ月ほどの熟成をさせるなどこだわりの一本なんです。
 濃い色合いにしっかりとした果実味、熟したタンニンは柔らかく、濃厚な味わいが魅力的です。
 そして、一見するとちょっと高そうに見えるかもしれませんが、千円台前半とお手頃価格なのも嬉しい一本です。限定入荷となりますので、是非どうぞ!

by yoshida-ya1201 | 2019-09-11 15:11 | ワイン | Comments(0)


欠品していたヴィーニョ・ヴェルデ、大きくイメチェンして再入荷です!

 一気に秋めいてきたと思ったら、今日の盛岡は30度越えと真夏に逆戻りしたようです。一方で連日何処かしらで水害が発生している状況に改めて環境の変化を実感させられていますが、これからまた新たな台風の接近・上陸が心配されているようです。特にも関東以西の皆さんは注意してお過ごしくださいませね。
 ところで今、様々なスポーツの大会が行われ楽しいですね。先日まで行われていた柔道やバドミントンの世界大会、U18の野球選手は韓国を舞台に世界と戦っていますし、W杯の予選が始まったサッカーでは若干18歳の久保君の活躍が期待され、昨日のアメリカ戦では格の違いに驚かされるばかりでしたが、13年ぶりにW杯の出場を果たしたバスケットボール界には八村塁選手なんてスパースターも現れました。更にはテニスやゴルフにも期待の選手が一杯いますし、そして間もなく始まるのがラグビーW杯です。こんなにも世界大会が重なるなんてこと、今までもありましたっけね!?笑

 さてまた前説が長くなってしまいましたが、今日はコチラのご案内です!
 暑い季節には特に人気のポルトガル産白ワインの「ヴィーニョ・ヴェルデ」ですが、実は丁度暑い最中にメーカー欠品しておりまして、やっと再入荷したんです。見た目がガラリと変わって...笑
f0055803_15124110.jpg
 よしだ屋で唯一扱うポルトガル産のワインになりますが、“緑のワイン”を意味する“ヴィーニョ・ヴェルデ”は世界的に人気を誇っています。アルコール度数が低めで、軽く微発泡しているのが特徴の白ワインですが、よしだ屋で扱う「トレスマリアス」にはもうひとつ、1Lの大容量という特徴を持っているんです。
 これまでは右のPOPにあるように、ブルゴーニュ型のボトルに黄色いラベルが目を引いていたんですが、再入荷した今回、ボトルはボルドー型に変わり、ラベルは青く変わりました。イラストは一緒ですが、同じワインとは思えないような変更です(笑)
 季節は日に日に涼しくなっていくと思われますが、ライトでスッキリとした白ワインをゴクゴク飲みたいような時には是非こちらのヴィーニョ・ヴェルデもどうぞ!

by yoshida-ya1201 | 2019-09-06 15:23 | ワイン | Comments(0)


キャティアの復活とその他のクレマンなどなど...

 暑い夏も遠い過去のように一気に秋めいて来た今日この頃です。数日前に九州北部を中心に襲った豪雨はまた災害級になってしまいました。一面水浸しになっている様子を見るのは本当に切ないですね。今年は台風の上陸もありましたし、雨の多い夏の終わりでしたね。
 先週の日曜日に投開票が行われた盛岡市長と市議会議員の選挙。そして現在は岩手県知事と県議会議員の選挙が行われています。知事選では先の参議院選挙同様、与野党対決型となっており激しい選挙戦になっています。今後4年の県政を託すに相応しい人物を選ばないといけませんね。

 さて今日は一時欠品していたコチラの復活をまずはご案内しましょう。
f0055803_15304623.jpg
 よしだ屋が扱う唯一の“シャンパーニュ”でもある「キャティア アンティーク・プルミエ・クリュ」です。実は数ヶ月前に輸入する会社が変更になり一時欠品していたんですが、この度新たな輸入元から仕入れることが可能となり復活となりました。
 フランス北部にあるシャンパーニュ地方はスパークリングワインの銘醸地で、この土地で造られたものにだけ“シャンパーニュ(シャンパン)”という呼称が認められています。この地にも多くの造り手(メゾン)があり、中にはドン・ペリニオンやモエ・エ・シャンドンといった超が付くほど有名な造り手もいますが、このキャティアは1916年に現在のCEOの曽祖父ジャンが生産を始めて以降13世代に渡り家族経営を続けており、何処でも買えるシャンパーニュではないかもしれません。ですが、よしだ屋ではずーっと扱っているんです(笑)
 ちなみに使われているブドウ品種は一般的なシャンパーニュ同様、ピノ・ムニエ40%、ピノ・ノワール35%、シャルドネ25%です。キリリとした辛口の味わいと真っ直ぐに伸びる泡立ちはシャンパーニュならではの繊細さです。他の商品とは価格の面でも別格になりますが、記念日など特別な日には是非ご利用くださいませ。

 よしだ屋で扱うシャンパーニュは唯一この「キャティア」なんですが、同じシャンパーニュ地方の有名な造り手テタンジェがアメリカで造っている「ドメーヌ・カーネロス」(写真左)もございますよ。 
f0055803_16070976.jpg
 更についでに紹介しますと、シャンパーニュと同様の製法で造られるスパークリングワインをフランスでは“クレマン”と呼び、それぞれの産地で造られていますが、よしだ屋で扱ってるのがコチラです。
 アメリカ産の「ドメーヌ・カーネロス」の隣、左から2本目から順にブルゴーニュ地方の「ドメーニュ・ビシュロン」、ジュラ地方の「マルセル・カブリエ」、ラングドック地方の「ドメーヌ・ロジェ」、そして右の2本はロワール地方の「J・モンムソー」が手掛けるロゼと白です。これらのクレマンはいづれも二千台となります。是非ご利用下さいませ!

by yoshida-ya1201 | 2019-08-30 16:19 | ワイン | Comments(0)


ルカマローニで96点を獲得したイタリアワイン、入荷です!

 かなり久しぶりの投稿になりますが、よしだ屋は元気にやっておりますよ。 
 梅雨明けはまだですが、今日も30度を越える暑さになっていますね。週末は台風の動きも気になるところですが、よしだ屋では月一で開催している店内ワイン会が企画されておりますし、なんとか晴れて欲しいと思っております。お時間のある方はぜひお越しになってみて下さい。楽しいですよ。
 さて、昨日甲子園を目指して戦われた県予選決勝戦。2連覇を達成した花巻東高校はさすがに見事な戦いぶりでしたが、一方で全国から注目されている佐々木朗希君を使わずに敗退した大船渡高校。その采配に賛否が巻き起こっていますが、彼の将来を考えての監督の決断には敬意を表したいですね。この大会を最後に野球から離れる選手もいると思いますが、きっとみんな納得の上でのことだと思いますし。あとは、雄星君、大谷君に続く岩手の星としてプロの世界で大活躍してくれることを期待しましょう。

 さてさて、今日は新たに限定入荷したこちらのワインをご紹介しましょう!
f0055803_14233777.jpg
 「グラン・マエストロ」という名のこのワイン。イタリアの南部、プーリア州で造られています。
 芸術の世界で巨匠と言われる方や、オーケストラの名指揮者に対して敬称として使われるイタリア語で“マエストロ”という言葉ですが、このワイン名に関しては30年以上に渡ってこのワインを手掛けるワイナリーの醸造責任者を務めているマッシモ・マーリン氏に対する敬意から名付けられています。
 サンジョベーゼ85%とプリミティーヴォ15%のブレンドで造られていますが、樹に付けた状態で30日ほどアパッシメントと呼ばれる陰干しをするなど、通常よりも糖度と凝縮感を高めたブドウを使っています。そうして造られた味わいは完熟感のあるブドウのニュアンスにスパイスなどの印象も感じられます。まろやかな酸味と滑らかなタンニンも心地よく、その高い評価は有名なルカマローニというワインガイドで96点を獲得するほどです。
 ちなみにこのルカマローニ、82~91点で『最高のワイン』。92点以上で『滅多にない最高のワイン』という評価基準になっていると言いますから、96点ってスゴイですよね!
 この評価がどうなのかはご自身の味覚でお確かめ下さい(笑)

by yoshida-ya1201 | 2019-07-26 14:55 | ワイン | Comments(0)


スペインからオーガニックワインがお徳に登場です!

 青空が広がり爽やかな気候になっている今日の盛岡、梅雨時期ではありますが今年の盛岡は比較的少雨かもしれませんね。一方で九州地方では南部を中心に大雨に見舞われ、亡くなられた方もいらっしゃるようです。自然のことですから人の力が及ばないのは分かっていますが、いち早く避難するなど極力人的被害が出ないことを祈るばかりです。 
 さて選挙イヤーの今年、まずは参議院選挙が昨日公示になりましたね。政権選択の選挙ではありませんが、内政外交と多くの課題がある中でのこれまで政策に対する評価を下す意味で重要な選挙になりそうです。各年代の中で20代の投票率が極端に低いようですが、若い方にこそ将来を考えての1票をしっかりと行使して欲しいものですね!

 話題はガラリと変わり、先ほど入荷したばかりの限定ワインをご紹介しましょう!
f0055803_15182874.jpg
 このワインはスペインの中心部に近いラ・マンチャ地方で造られているワインで「コディセ オーガニック・ティント」と言います。以前、通常のコディセを扱っていたことがありますから、ちょっと見たことがあるワインだなぁ~と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。 
 いづれもテンプラニーリョ100%から造られている赤ワインですが、今回はEUの有機認証を取得したオーガニックワインとして発売された新商品です。樹齢50年前後という古木から収穫したブドウを使っており、ステンレスタンクとオーク樽それぞれ6ヶ月の熟成を経て造られています。
 手掛けているエグレン家は、元々は高級ワインの産地リオハの生産者ですが、「安定した、かつ安価な上質ワインを市場に供給したい」との思いから現在地にテーブルワインに特化したボデガ(ワイナリー)を設立しました。今回のオーガニックワインに限らず、全ての畑において有機栽培と呼べるようなレベルでの栽培を実践し、収穫は手摘みで行っているなど、こだわりの造り手なんです。
 審査員が全て女性と言うサクラアワードでゴールドを受賞したこのワイン、今回、メーカー希望小売価格よりも随分お買い得なワインとして入荷しました。数量限定になりますが、是非ご賞味下さい。

by yoshida-ya1201 | 2019-07-05 15:48 | ワイン | Comments(0)


一つのワインなのに見た目は4つ!?笑

 昨日今日とまた真夏のような陽射しになっている盛岡です。青空に浮かぶ雲もまさに夏のそれですね。
 今年は選挙が相次いで行われる年ですが、まずは通常国会が今日閉幕し参議院選挙へ突入ですね。与野党それぞれに言い合っていますが、是非お互い国民の生活を一番に考えて政策を考えて欲しいですね。現状、国民の思いと随分乖離しているんじゃないってことも一杯ありそうに感じますもんね。その後には知事選や市長選、県議選もあります、しっかり考えて投票しないといけませんね!

 さて今日はこちらのワインをご紹介しましょう!先に言っておきますが、これ全部同じワインなんです(笑)
f0055803_15205970.jpg
 こちらはスペイン産のワインで「ビエルネス」と言います。
 皆さん何故にラベルデザインが4種類もあるのかってところがまずは気になると思いますが、この“ビエルネス”という言葉が“金曜日”を意味するそうで、そこから休みの前の楽しさをこれ等4つの絵柄で表しているんだそうです。女性物のドレス、男性物のジャケット、ギター、そして右端はなんだろう??笑
 さて肝心の中身はと言いますと、使われているブドウは“メンシア”です。店の定番ワインの中にも1種類ありますが、最近特に良く聞かれるようになりましたよね。重過ぎず軽過ぎず、バランスのよい印象がありますが、このワインもステンレスタンクで発酵後、澱と共に4ヶ月ほど熟成させて造られており、フレッシュな香りに優しい口当たり、適度なタンニンと心地よい酸が感じられます。これからの季節、軽く冷やして飲みたい赤ワインですね。
 限定特価でのご案内となっておりますので、金曜日と言わずいつでもお楽しみくださいね!

by yoshida-ya1201 | 2019-06-26 15:40 | ワイン | Comments(0)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
7ppさん、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:28
こんにちは。 コメント..
by 7pp at 14:51
ゆみ様、その節はありがと..
by yoshida-ya1201 at 16:06
先日はもりゼミワイン講座..
by ゆみ at 07:57
よしだ屋バンザイ
by 坂本 興克 at 19:25
俺もブログやってるからど..
by 中里 睦 at 17:30
ココにコメント貰うのとっ..
by yoshida-ya1201 at 13:21
このスペースなら6~8人..
by 中里 睦 at 19:13
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ブログジャンル
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧