人気ブログランキング |

ワインとチーズの店 よしだ屋日記


<   2009年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧



最後に入荷した、夏の限定ワインです!

                     <ワイン会参加者募集中です!>

 今日は久しぶりに暑くなりそうな盛岡。関東甲信まで梅雨明けしたそうですし、この辺りももうすぐで夏も本番ですね!
 戦後初めてとなる8月の総選挙を決断したようですが、まだ解散まで間もあるし、すんなり行くのか...バタバタしてますモンね。いづれ、日本が変わりそうな気配は強まってるように感じますし、選挙後の日本が元気になるようであればいいんですけど!密かな選挙好きの私としても、新聞やニュースから目が離せなくなって来ました(笑)皆さんも選挙には行きましょうね!

 さて、色々な意味で暑い夏が目の前に迫ってきた感がありますが、こんなワインでスキッとしましょ!f0055803_14333998.jpg
 今シーズンの夏限定ワイン、考えていたワインがこれで揃いました。
 本日入荷したこちらは、昨年もご好評頂きましたチリ産のワイン「サンタ・ディグナ ファースト・ロゼ」です。
 “ファースト”の意味するところは、2009年の新酒ってこと。そう、南半球のチリですから、ちょうどこの季節にブドウの収穫・醸造が行われる訳で、出来立てのワインがコレってことです。
 造っているのは名門「ミゲル・トーレス家」、元々はスペインを代表するワイナリーです。チリの土地に潜在能力を見出し1979年に渡ってから、高い品質を誇るワインを生み出しています。今の様にチリ産のワインが人気になった一因にはこのワイナリーの影響もあってのことだとか...

 さて、このワインですが、使われているブドウは“カベルネ・ソーヴィニヨン”。ロゼと言っても淡い色合いではなく、比較的濃い目の色合いをしています。飲んでみての印象は、まさにフレッシュ&フルーティー。キリッとした酸がはっきりしておりますが、スッパイ感じも無く、非常にバランスのよい仕上がりになっています。
 このワインでしたら、しっかりと冷やして、食前食中、いつでもオッケーでしょう。冷製の前菜とかパスタなんかにも合わせたいかも...なんでも美味しく食べられそうな、食欲増進にはピッタリのワインですよ!
by yoshida-ya1201 | 2009-07-14 15:03 | ワイン | Comments(0)


フランスとイタリアから新着ワインです。

                  <ワイン会参加者募集中です!>

 午前中までかなり強く降っていた雨ですが、この時間上がったようです。晴れ間を見て自転車で来ましたので、ホッとしながら営業中の私です。

 昨日は東京都議選が行われ、予想通りと言えばそうなのかもしれませんが、自民党は大惨敗しちゃいましたね。麻生さんはついに衆議院の解散を21日で決断したようですし、次なる国政選挙でどんな結果がでるのか、気になるところです。
 気になるといえば、今朝の突然の報道でビックリ!キリンとサントリーとが経営統合へ向けて話し合ってるんだとか...世界を見据えてのことなんでしょうけど、大企業同士が仲良く手を組むなんて出来るんでしょうかね?お互い補完し合えるメリットは大きいんでしょうけど...
 政治も経済も目まぐるしい世の中ですねぇ。ウチも落ちこぼれない様にしがみ付いてなきゃ!笑

 では、今日の本題を...f0055803_1458556.jpg
 よしだ屋をご存知の方はお分かりと思いますが、当店では定番の白ワインやスパークリングワインは冷蔵庫5面に入っておりますし、赤ワインは常温の棚にズラーッと並んでおります。またレジの横には。その時のおススメワインを陳列しています。
 レジ横は時々入れ替わってご紹介もしておりますが、定番ワインも状況を見ながら密かに入れ替わっておりまして...笑
 こちらも先日定番に加わった新着ワイン、南フランス・ラングドック地方のヴァン・ド・ペイ「ルイ・エシェノエール」です。
 赤の“カベルネ・ソーヴィニヨン”と“シラー”、白は“ソーヴィニヨン・ブラン”があります。お値段もお手頃ですし、気取らずにf0055803_1513447.jpg楽しむにはピッタリのワインではないでしょうか?

 そして、こっちはイタリアから新定番となった2種類の白ワインです。
 左のズングリとしたボトルに入っているのは、首都ローマのあるラツィオ州で有名な辛口ワイン「フラスカティ」です。
 一方の植物の葉をあしらったラベルのワインは、マルケ州の「ヴェルディッキオ」。元々、ワイン愛好家だったアマト夫妻が「この土地で最高のヴェルディッキオを造りたい!」との気持ちから立ち上げたワイナリーだそうで、夢を形に出来た、まさにアマト夫妻の結晶ともいえるワインです。
 いづれのワインも、柑橘系のフレッシュな印象を感じるスッキリ系の味わいですので、暑い日にでもピッタリです。カルパッチョなんかと合わせたら美味しそうですね!
by yoshida-ya1201 | 2009-07-13 15:32 | ワイン | Comments(0)


暑い夏にはシュワシュワっと!

                      <ワイン会参加者募集中です!>

 夕べの雨は凄かったですね!久しぶりに長い時間に渡って降り続けてた感じがします。一夜明けて今日は曇り空。雨の峠は越えたようですが、まだすっきりとはいきませんね!

 さて、今日ご紹介するワインは、こちらです!f0055803_1444411.jpg 
 今回のワインは、スパークリングワイン「クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット」です。造り手はフランス・ブルゴーニュ地方マコネー地区に本拠を置くカーヴ・ド・プリセ。
 近年、日本でのワイン消費量は落ち着いていると言いますが、スパークリングワインの市場だけは右肩上がりなんだそうです。で、この造り手、おそらく盛岡には初上陸なんですよ!
 で、この“クレマン”(シャンパーニュ以外の地域で造られるスパークリングワインをこう呼びます)ですが、使われているブドウ品種は「シャルドネ100%」で、“ブラン・ド・ブラン”と呼ばれるタイプです。柑橘系のキリッとした酸がフレッシュで爽快感を感じさせてくれます。

 今日はチョット涼しげな感じですけど、蒸し暑くなるこれからの季節、食前酒にしっかり冷やしたこの“クレマン”を飲めば胃も刺激されて、食欲も増進しちゃいそうです(笑)
 夏バテ防止にも、辛口のスパークリングワインはお勧めですよね!どうぞ、お試しを!

 ちなみに“ブラン・ド・ブラン”に対して、“ブラン・ド・ノワール”もあります。こちらは黒ブドウ「ピノ・ノワール」を使って造られる白いスパークリングワインを指します。
 この造り手も両方あったんですが、スペースの関係で、今回はこちらを!
by yoshida-ya1201 | 2009-07-10 15:19 | ワイン | Comments(0)


桜山の内丸?否、ひらがなで“うちまる”!

                     <ワイン会参加者募集中です!>

 昨日、今日と本来の梅雨空になったような盛岡です。最近の雨は夕立ちのようにザーッといきなり降ることが多かったんですよね。でも昨日の朝からの雨といい、今日の薄暗く怪しい空模様は梅雨本番を思わせます。
 さて、最近更新も途絶え気味になっており、ご訪問下さっている皆様には申し訳ありません。店頭では過去にご紹介してきました夏の限定ワインが覆っておりますし、定番の棚にも少しづつ入れ替わった商品なども入荷しております。チョットずつご紹介していければと思っておりますが、お近くの方は、記事を待たずにご来店頂いたほうが早いかも...笑

 でもその前に、以前、チョット予告しておきながら書いてなかったお店がありましたので、今日はこちらのまだ新しい飲食店をご紹介しときましょう!それにしても、この写真撮ったのはいつのことだったかなぁ~笑
f0055803_13345362.jpgf0055803_1335348.jpg












f0055803_1335196.jpgf0055803_1336401.jpg












f0055803_13371870.jpg 桜山神社前に広がる通称“桜山界隈”には昔からの老舗飲食店がたくさん軒を連ねていますが、ここ数年、このエリアに続々と若い経営者が個性的なお店を出店しています。
 今年オープンしたこちら「酒肴うちまる」さんもそんな一軒といえるお店です。始められたのは、地元出身で“ココから盛岡を元気にしよう!”と各方面で大活躍をされている通称ゲンさん、写真右側で何かをアピールしている方です(笑)「いしがきミュージックフェスティバル」の実行委員長を務めている方と言えば、活躍の一端を分かって頂けるでしょうか?
 かなりの人望と人脈、行動力をお持ちの方です!

 私にはフェスティバルを語ることは出来ませんのでHPを見て頂くとして、お店の方を...笑
 まずは入り口。縄暖簾チックなのれんと店名の入った提灯が目を引きますが、中に入ると、玉砂利が敷かれた玄関があり、口を脱いで上がる仕立てになっています。こじんまりとした店内にはカウンターとテーブル席がありますが、どちらも足を延ばして座れますから楽チンです!
 カウンターを見ると、懐かしさ漂うレトロな写真が飾られています。聞けば昔の岩手公園の様子なんだとか...なるほど、私の年代でも懐かしい、いつか見た風景です。

 どちらかと言えば和風の雰囲気を感じるお店ですので、お料理もそんな感じのメニューが豊富に揃っていますが、中には私の食べてるオムレツのように洋食もあります。この玉子も何処かで大事に育てられたものだと聞きましたが、時間と共に忘れてしまいました(涙)
 お酒も、各地の日本酒や本格焼酎が中心のようですが、地元のビール、ベアレンさんやワインも置いていらっしゃいます。
 仕事帰りなど、フラッと寄ってみたいお店がまた一軒できましたね!
by yoshida-ya1201 | 2009-07-09 14:09 | 私のお勧め飲食店 | Comments(0)


更に夏の限定ワインを!

                     <ワイン会参加者募集中です!>

 いやぁ、アツイですねぇ~今日の盛岡での会話はまずコレですね!笑 ってか、ホント真夏の空、空気も全てが夏を感じさせる梅雨時期の今日この頃です。
 さて、前回の記事でもご紹介しました「紫波自醸ワイン」さんの貴重ワイン『紫波の恵み』ですが、早くも完売となってしまいました。追加の依頼をするも、すでにメーカーさんでも完売。もっと初回にもらっておくんだった...と後悔先に立たず。と言ってもらえたかも分かりませんが(笑)もしかしたらK百貨店にはあるかも!?ってことでしたので、これからの方はお早めにそちらを覗いて見てくださいませ。

f0055803_17271543.jpg さぁ、先日来、チリの新酒やらオーストラリアの年に一度のワインやらをご紹介しておりますが、本日入荷のこちらもそんな季節モノですよ!
 昨年もご紹介してご好評を頂いたポルトガルのボルゲス社が造る「ガタオ」です。
 ポルトガルって産地にピンと来ない方もおられるかもしれませんが、一般にワイン産地の伝統国と新興国に分けた場合、フランス、ドイツ、イタリア、スペインと並び伝統国として有名な国なんですよ!
 ポートワインやマディラワインと呼ばれる酒精強化ワインが特にも有名ですが、今回ご紹介する白ワインも“ヴィーニョ・ヴェルデ”と言って有名なワインです。
 “ヴィーニョ・ヴェルデ”とは、そのまま訳せば“緑のワイン”。文字通り、緑掛かった色合いと、僅かに発泡性を感じる爽やかな辛口のワインです。
 ロゼも同様に微発泡をしており、フレッシュ&フルーティーな味わいが人気のワインです。
 いずれも、お澄ましした猫がなんともかわいいんですが、中身もキリッと冷やしてお飲み頂ければ、その味わいにメロメロ!?笑

 猫好きの方もそうでない方も、是非暑い夏には冷たく冷やしたこのワインを飲んでクールダウンしましょ!
by yoshida-ya1201 | 2009-07-06 17:49 | ワイン | Comments(0)


奇跡のワインと夏限定ワイン、入荷です!

                      <ワイン会参加者募集中です!>

 本日、投稿2つ目です!珍しい~笑
f0055803_14203084.jpgf0055803_1420407.jpg












 こちらは、本日発売の「紫波の恵み」先日の新聞にも大きく取り上げられておりましたが、「紫波自醸ワイン」さんが発売した限定ワインです。いやいや“限定”という言葉だけでは申し訳ない、『奇跡のワイン』とでも言うべきワインなんです。
 “ケルナー”というドイツ系の白ブドウ品種から造られているんですが、町内佐比内地区で栽培されていたこの品種、昨年の秋の収穫期に貴腐菌が付着しているブドウを収穫できたのだそうです。
 フランスのソーテルヌ地区などで有名な貴腐ワインですが、『貴腐』とは収穫前のブドウの房に付着する菌(ボトリティス・シネレア菌)によって、干しブドウのようになってしまう現象のことです。すると果実からは水分が無くなり、糖分が凝縮することによってもたらされる極甘口の味わいは高貴であると共に、高級ワインとして世界を魅了しています。
 付着した果実はその後の天候次第では灰カビ病といった腐敗にも結びつく可能性も高く、こうして貴腐ブドウとして収穫できたのは、まさに奇跡のなせる業です。当然、来年も出来る保証なんて全くありませんから、今回の発売がどれ程貴重なものになるか...
 もちろん、100%貴腐ブドウだけで仕込まれたわけではありません。通常収穫された健全なブドウとの混醸によって造られております。ですので、貴腐ブドウの芳醇な甘みと、本来のケルナー種が持つ爽やかな酸味がバランスよく溶け込んだ一本に仕上がっています。
 全体で970本のみの生産のうち、当店には1,2,3...とすぐに完売するくらいの入荷です。お早めに!

f0055803_15354797.jpg そして、もう一つ。
 こちらはお待ちかねのの方もいらっしゃるでしょうか?
 例年、この季節に一度だけ発売されるオーストラリアのブラウン・ブラザース社の限定ワイン「クルーシャン・リースリング」が今年も入荷しました。
 ↓ に書いた“岩手らしさ”に絡めて言うとすれば、このワインはまさに“ブラウン・ブラザース社らしい”と言えるのかもしれません。赤ワイン用の品種“タランゴ”と同様、このワイナリーが独自に研究し交配して開発した“クルーシャン”という品種に“リースリング”をブレンドして造られるこのワインは、他社にはない、オンリーワンのワインです。
 洋ナシやトロピカルフルーツを思わせるような華やかな香りと、フルーティーで軽やかな甘さの中にバランスよく爽やかな印象も併せ持っている感じです。
 酸っぱいワインが苦手な方でもコレなら大丈夫!この爽やかな甘口のワインで食前、食中とあらゆるシーンで大活躍してくれることと思いますよ。是非、お試しを!
by yoshida-ya1201 | 2009-07-03 16:02 | ワイン | Comments(6)


岩手らしさとは...

 昨日の夕方、一気に降りだした雨も夜には上がり、今日はまた日差しがでています。でも、大気の状態は不安定らしく、夜に掛けてまた降ってきそうな予報が出ています。はたして...

 さて、今、県や工業技術センターが中心となって、岩手のワインを向上・普及させようとの目的で、生産者や小売、飲食店、更には一般のワイン愛好家を交えた「岩手県果実酒研究会」なる会合が時折開催されております。私も大体参加させて頂いておりますが、昨日は講演会が開催されましたので、今日はそのお話しを。

 講演をして下さったのは、1998年に創刊されたワイン雑誌「ワイナート」の主筆を昨年末まで勤め、現在はフリーのワイン・ジャーナリストとして活躍されている田中克幸氏です。
 「エーデルワイン」さん、「くずまきワイン」さん、「紫波自醸ワイン」さんを視察して来られての感想などを伝える場として、正味1時間の短い講演でしたが、その内容は非常にインパクトのある濃いお話しでした。
 
 「ワインとはその土地を表現することであり、ワイナリーを歩いて、そのワインから岩手らしさを感じることは出来なかった」

 氏はいきなりこのようなコメントから入り、しかし、その強い信念から伝わってくるお話しは我々聞いている者に強い衝撃を与える内容でした。 
 「岩手には素晴しい自然があり、明治維新の南部藩がそうであったように、義を重んじる県民性がある。土地を表現するということは、その風土や人間性をも表現するものであって、誰かの真似をするだけで成功するはずは無い。」とも仰っていましたし、また、「岩手に限らず、日本でフランス原産のカベルネやピノ・ノワール、シャルドネを持ってきて頑張っていい物を造ったとしても、品質では本場フランスに適うはずも無く、価格でもチリやアメリカの様な広大な土地で栽培している国と張り合うことなんて不可能」だとも。

 では、『岩手らしさ』ってなんなんでしょう?
 氏は、岩手に合ったブドウ品種を選定し、風土に合った栽培・醸造を行い、その味わいを好み必要としているお客様を探して営業していくことの必要性を訴えておられました。
 そんな中で、氏が可能性を見出したブドウ品種が3種類あると言っていまして、一つは「山ブドウ」。「くずまきワイン」さんのワインを見て、その可能性に“らしさ”を見出して下さったようです。そして「リースリング」、まだ栽培面積は小さいものの推奨していくべきものではと。逆に言えば「リースリング・リオン」には限界を感じていたようです。そして「ツヴァイゲルト・レーベ」。オーストリア原産のこのブドウ、現地で造られるワインよりも高い品質を得られるとまで仰って下さいました。更には、このブドウを使ってロゼワインを造るべき、と。
 そうすればきっと、日本一の「リースリング」や「ツヴァイゲルト・レーベ」が造れるでしょう。と

 「岩手の日照量、積算温度を考えれば、色素の強いブドウを栽培し、力強いパワフルなワインを造ろうと思っても所詮無理な話しであって、むしろ色素は薄めで、酸度が高めのワインこそが岩手らしさだと意識を変えていく必要がある」、と。
 そして、そういったワインを外に向けてマーケティングしていくことの必要性を説いておられました。
 「フランスにはネゴシアン(ワイン商)があり、求めている人に届けることが出来ますし、輸入ワインはインポーターが同じように営業しています。国産ワインにもそうした努力なくして、土地の表現としてのワインを伝えていくことは出来ない。」
 「自然は変えられるものではないし、その土地で育まれたワインが美味しくないわけでは無い。それを必要としているお客様が見えていないのだ。」
 「フランスのシャビニオール村にあるたった一軒のチーズ工房で造られる「クロタン・ド・シャビニオール」は世界中の誰もが知っているシェーブルタイプのチーズですよね。」

 まさに、人真似ではない、岩手のオンリーワンを見つけ、造り、紹介し、飲んで頂くことが必要なんだと考えさせられた講演会でした。
 皆さんはどんな感想をお持ちになるでしょう?

 くしくも、その夜の報道ステーションでやっていた特集。「今治タオル」の再生への道を見ながら、共通する点、見習うべき点があるように感じました。
by yoshida-ya1201 | 2009-07-03 12:46 | 店主のひとりごと | Comments(4)

    

独立開業よしだ屋の日々
by yoshida-ya1201
カテゴリ
営業案内です
お気に入りブログ
記事ランキング
検索
最新のコメント
7ppさん、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:28
こんにちは。 コメント..
by 7pp at 14:51
ゆみ様、その節はありがと..
by yoshida-ya1201 at 16:06
先日はもりゼミワイン講座..
by ゆみ at 07:57
よしだ屋バンザイ
by 坂本 興克 at 19:25
俺もブログやってるからど..
by 中里 睦 at 17:30
ココにコメント貰うのとっ..
by yoshida-ya1201 at 13:21
このスペースなら6~8人..
by 中里 睦 at 19:13
吉田勝人様、コメントあり..
by yoshida-ya1201 at 15:48
早起きし、古い書類の整理..
by 吉田勝人 at 04:40
ブログジャンル
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のトラックバック
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
二刀流
from Anything Story
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
第36回よしだ屋ワイン会
from masajii Jimdo ..
【必見】フレッシュな紫波..
from 岩手 天然温泉 ラ・フランス..
sula ワイン
from めっちゃワイン♪
SULA レッド・ジンフ..
from 岩手便り・・・盛岡のあるマン..
ブルゴーニュ ピノノワール
from ワインの気持ち☆
今治タオル
from こうきの日記
ファン
画像一覧